シェアする

FX歴9年の僕が仮想通貨取引を始めた結果【どっちが良い?】

最近流行りの投資と言えば、間違いなく仮想通貨だと思います。
ただ、”その怪しさ””難しさ”も半端ないですよね。笑

ビットコインならまだ名前は聞いた事あるとしても、ネムとかリップル、イーサリアムと言われると頭の中が「????」となるFXトレーダーの方も多いと思います。

僕は普段はFXの取引をしていて、株なども売買する事があるので、投資系の事には一応アンテナを張れている方かなーって気はしていて。

ただ、仮想通貨に関しては、1年くらい前に調べてみたものの、「うーん、難しいな・・・」と敬遠していました。

でも、ちょっと前に始めてみたんです。
そして、ガンガンデイトレしてみたんです。

そしたら、やっぱり難しいのは難しいです。
「その仮想通貨がどんな機能があるか?具体的にどんな使われ方をするか?」みたいな所がなかなかイメージが膨らませられずに難しいんです。
ブロックチェーンの仕組みとかは理解出来たんですけどね。

米ドルとか日本円とかの法定通貨や、スイカやパスモなどの電子マネーとは比べ物にならないくらい、仮想通貨関連の専門用語もその環境も特殊に感じました。

ただし!
”チャートを見て取引する”っていう点ではFXと全然変わらなかったのもこれまた事実です。笑

実際に100万円入れて結構トレードしたんですが、数日で慣れるレベルに一緒でした。

Zaifトークンで3日間のスイングトレードをしてみた結果!【元手100万円】
仮想通貨について勉強していく中で、未だに”トークン”の意味がよく理解出来ていないんですが、「トレードでもしてみれば理解力上がるかも!」と思っ...

今回は、ビットコインをはじめとした数種類の仮想通貨をトレードしていて感じたFXと仮想通貨の違いやポイントをまとめてみました。

FXと仮想通貨を比較してみた結果

レバレッジの違い【最大何倍?】

どのFX業者でもレバレッジは最大25倍と決まっていますよね。
これは法律で上限が定められているからです。

一方、仮想通貨の取引業者の場合、レバレッジ25倍もあれば、7.77倍や5倍の業者もあります。

トレードの自由度という点で考えれば、使うかどうかは別にして、レバレッジは高い方がロスカットされにくいし、ポジション調整がやりやすいです。
もちろん、資金効率も良くなります。

ただし、仮想通貨であれば、レバレッジ5倍などの水準でも、FX以上に一気に資金を増やせる可能性があることが分かりました。

それが次の理由です。

値動きの大きさの違い

FXと仮想通貨の大きな違いは、「資産を一気に増やせる可能性」だと僕は思います。
FXでも、10年近く前のレバレッジ400倍とか100倍、50倍くらいまで使えた時は、たった1ヶ月で資産5倍、6倍みたいなトレーダーもいました。

でも、現在のレバレッジ最大25倍と、為替相場の値動き状況を見ると、そんな短期間で資産5倍とかは無理だと思います。
※この場合の為替相場の値動きとは、1ヶ月で110円⇒115円など数円動く程度を想定してます

よくて、1ヶ月で口座資金を2倍~3倍にするのが限界だと思います。

※レバレッジ25倍時代のFXで少額資金から一気に増やすの狙ったらどのくらい勝てるかなと試した記事

FXのデイトレードで月10万円稼げた話!【運用2ヶ月目】
デイトレブログは前回更新してからちょっと時間が経ったので、その後の話を書きます。 1ヶ月で10万円超の利益を達成出来ました。 前半で...

その点、仮想通貨は、レバレッジを掛けれるのは同様ですが、”値動き自体が激しい”特徴があります。
例えば、仮想通貨の大御所的存在のビットコイン(BTC/JPY)の2017年11月の値動きを参考にしてみます。

一時急落して60万円前後まで落ちたあとに、一気に110万円まで急騰しました。
大底で買うのは難しいので、70万円で買えた(ロング出来た)としましょう。
すると、約1.5倍です。(70万⇒105万で利益確定)

もし、この時にレバレッジ5倍でポジションを持っていたら・・・?
強制決済ラインを考えても、レバ5倍なら全然イケる範囲です。
そして、1.5倍×5倍の7.5倍の達成が可能です。

10万円の資金でもたった数週間で75万円まで増える計算になります。

ここまでの爆発的な資産増加は現在のFXでは難しいと思います。
(必要かどうかは別にして、現実的に実現可能かどうかの比較です)

ちなみに仮想通貨の中で、ビットコインはずば抜けて時価総額が高い通貨なので、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコインと言います)であれば、更に値動きは軽いです。(1ヶ月で1.5倍どころか、10倍超もあり。)

アルトコインは、業者によってレバレッジをかけた取引が出来なかったりはしますが、現物取引で持っているだけでも元々の値動きが大きいので、資金効率の良い運用が出来る可能性があります。

ちなみにアルトコインの取扱種類が日本で抜群に多いのは、コインチェックという仮想通貨取引業者です。

ビットコインのレバレッジ取引をするならZaifの信用取引もしくはZaifのAirFXがおすすめです。
信用取引が7.77倍のレバレッジ、AirFXは25倍のレバレッジが利用出来ます。
※コインチェックは5倍のレバレッジ

仮想通貨の取引のダイナミックさはここらへんの記事をご覧頂けると伝わるかと思います。

ZaifのAirFXと信用取引をデイトレーダーが評価してみた!【体験談】
仮想通貨のトレードをZaifの口座開設をして、頻繁にするようになってから、結構時間が経ちました。 そして、当初は現物取引か信用取引しか...

上記2つの業社は、どちらも仮想通貨取引所として、現在トップクラスの人気がありますよ。

追証制度の違い【追証なしという夢のような機能】

これは仮想通貨の方がメリットあります。
なぜならZaifの信用取引などを利用すれば、”追証制度なし”だからです。

FXの場合、そもそも現状のレバレッジ最大25倍だと追証自体になりにくいというのはあります。
FX業者によって異なる、証拠金維持率の何%でロスカットされるかの基準にもよりますが、維持率の80%くらいで自動ロスカットが発動するような業者であれば、口座資金以上の損失を出す可能性は限りなく低いです。

ただ、万が一”為替レートが一気に3円とか4円一気に飛んだ”というケースが出てきた場合、追証になりえます。

その点、一部の仮想通貨取引業者の場合(Zaifなど)、追証制度不要を採用しているので、その心配が全くと言っていいほどないです。

そして、先ほど触れた値動きの大きさ×ハイレバ×追証不要の環境で取引できるメリットは非常に大きいです。

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりのニュースを見かける事が多くなってきましたが、実際に取引をしている人はまだまだ少数派だと言...

取引単位の違い【ビットコインは少額から取引出来る】

FXで少額投資と言うと、1000通貨単位の業者が一般的です。
米ドル円を購入する場合、1万通貨単位の業者だと5万円前後必要ですが、1000通貨単位の業者であれば、5000円前後からトレードが可能です。

一方、仮想通貨取引の場合、ビットコインなどは小数点1以下の取引が可能です。
例えば、1BTCが100万円の時でも、0.001BTC(1000円)や0.0001BTC(100円)の取引も出来るんです。

FXサイトを運営している身で言うのもなんとも言えませんが、”よりお小遣い程度でもトレード可能”というのは仮想通貨の方かもしれません。

「数千円でも全然トレード出来るよ!」という点ではどっちも良いよ!引き分けかな!とも言えます。

税制の違い【総合課税になる、損益通算出来ない話等】

税制はFXの方が断然有利です。
年間通して利益が出た時に課税される率の事です。

FXの場合は、申告分離課税により、一律20%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)です。
儲かった金額が1000万なら200万円が税金ってイメージです。

一方、仮想通貨の場合は、総合課税となり、給与所得などと合算になります。
例えば給料の額面が400万円の人が、仮想通貨で1000万円稼いだとしたら、400万円+1000万円の合計1400万円に対して課税されます。
所得税は”累進課税”ですので、最大45%です。
また、住民税は一律10%ですので、合計で最大55%の課税になります。

控除などにもよりますが1400万円であれば住民税合わせて大体30%~40%取られる感じです。
給料と合算になるので、本業での所得が高い方は、現状の仮想通貨で大きな金額を動かすのはリスクの割りにリターン(手取り)が少ないかもしれません。

その場合は、FXでデイトレしたり、スワップ運用する方が良いと言えるかもです。
(税金の高さを考慮しても、仮想通貨の勢いに賭けるのもありですけどね!)

更にもう1つ言えば、”年間通して損失を出した時”の扱いが異なります。

FXの場合は、損失を翌年以降に最大3年間繰り越す事が可能です。
しかし、仮想通貨の場合は、この損失繰越が不可能なんです。
「損したら損したまんま!」なのが現状の仮想通貨の税制なんですよ・・・。

もともとFXも昔は、現在の仮想通貨と同様の税制だったので、今後改善されていくとは思いますけどね!
とりあえず”仮想通貨で利益出しても今は税金的に負担は重い”という事です。

ちなみに、FXと仮想通貨で損益通算は出来ません。
税制が異なりますから当然と言えば当然ですね。

レートの安定性の違い

これ、仮想通貨のトレードを始めて、1番最初にビックリしました。
FXでも「うわー、スプレッド広がってるー」みたいな事ってありますが、仮想通貨業者の場合だと比べ物にならないくらい雑な時とか業者があります。
マジで酷いですよ。

ビットフライヤーFXで注文通らずロスカット。想定外の大損した話。
レバレッジを利用してビットコインの取引が出来るLightning FX(ライトニングFX)をここ最近少しの間ですが使っていました。 ビット...

なので、”仮想通貨業界自体がまだ成熟していない事を意識するべき”だし、”仮想通貨取引所はしっかりとどこが良いのか実体験の声・口コミをもとにした業者選びをするべき”だと思ってます。

僕は実際に結構取引(デイトレだと、総額300万とか400万円分くらいのビットコインを保有したり)をしての結果で、おすすめの仮想通貨取引所を書いてますが、テキトーなWebサイトとかで運営者が仮想通貨取引したことさえ怪しい感じのランキングとかで決めちゃうと危険な気もしますよ。
上のビットフライヤーの件は、ほんと余計な損失になりましたからね。
(ビットフライヤーはふら~っと最初に口座開設した仮想通貨取引業者でした)

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりのニュースを見かける事が多くなってきましたが、実際に取引をしている人はまだまだ少数派だと言...

アプリの性能の違い

アプリとかのツールも同様に、FXと比べると全然使い勝手が悪いです。
GMOコインなどのFX業者をグループ企業に持つ会社が参入してきてくれているので、更なる参入に期待したいところです。

やはりGMOコインのアプリは使いやすかった(FXアプリと超似てる)ので、FX会社の運営で培った技術・経験を活かせる業者が最終的には生き残るのかな?という気はしています。

とは言え、GMOコインはスプレッド300円とか狭さを謳う割りに、2000円とかに広がっていたりするので、僕は今のところ仮想通貨取引所はZaifをメイン口座に利用しています。

⇒GMOコイン【公式サイト】

Zaifの取引手数料は高い?安い?makerやtakerとは?【マイナス&無料も】
仮想通貨の取引所は、Zaifをメインに使っているのですが、「取引手数料マイナス!」なんてキャッチフレーズもある中、取引履歴を振り返ったらちょ...
ビットコインキャッシュでデイトレした結果【50万円購入】
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH)はビットコイン(BTC)から分裂して出来た仮想通貨で、ビットコインよりもブロックサイ...

業者の信頼度の違い【大手企業の安定性】

今の話にも関係しますが、GMOグループやSBIグループ、サイバーエージェント系、DMM系などのFXで実績があるグループ企業の仮想通貨マーケットへの参入を僕は期待したいです。

既存の仮想通貨取引所と比べた際に、資本力もそうですし、システム系の技術力にかなりの差があるのでは?と思っているからです。

口座開設してみて、実際にツールを開いてみるとすぐに感じ取れると思うのですが、「FXのツールってレベル高かったんだな!!!」と実感するはずです。

”当たり前が当たり前でなかった”というべきか。
仮想通貨取引所の中でもGMOコインは別格として、使いやすい方のZaifやコインチェックのアプリでもまだ全然物足りないですからね。

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりのニュースを見かける事が多くなってきましたが、実際に取引をしている人はまだまだ少数派だと言...

リスクとってでも1ヶ月で資産を一気に増やしたいなら仮想通貨一択

ここまで書いてきたように、資産を1ヶ月などの超短期間で5倍以上などに一気に増やしたい場合は、仮想通貨を選ぶべきです。
そうするしかないレベル。

FXだとそこまでの爆発力はありません。

そして、その場合は、ビットコインでレバレッジを使う信用取引をするか、ビットコイン以外のマイナーなアルトコインを現物取引で保有して急騰するのに賭けるかあたりです。

ビットコインの信用取引なら、取引所はZaifがおすすめです。
また、アルトコインの取引業者なら、コインチェックがおすすめです。

半年で資産2倍なら十分!給与所得が結構高い!という場合はFXで決まり!

「短期間であんまり急激に増やすなんて別に狙わないよ」「1年で資産が20~30%増やせるなら十分」「半年で2倍、1年で3倍、4倍なら大満足!」「給与所得も結構あるんだよな~」という方であれば、税制優遇も考慮して、FX取引の方が良いと思います。

”どんなに利益が出ても税金は20%”という安心感はやはり大きいです。
また、仮想通貨の”数千万儲かった時は半分税金で持って行かれる”というのは結構ショックが大きいでしょうし、「うーん、想像以上に手元にお金残らんなー」って嘆きたくなるレベルだと思います。

10万円とかまぁ100万円くらいから始めて、1000万円目指すくらいなら仮想通貨の取引でも税負担の重さはあまり感じないとは思いますが、それを超えるレベルの投資利益を目指しているなら、FXの方が良いです。

FX業者で最近の(というかここ数年レベルで安定して)おすすめなのは、DMMFXとGMOクリック証券です。

DMMFX【公式サイトはこちら】
GMOクリック証券【公式サイトはこちら】

DMMFXアプリのデイトレーダーなりの使い方!
僕は普段からFXでデイトレをしている中で、DMMFXのアプリをよく使っています。 1社だけ使ってる訳ではないんですけど、毎日デイトレードは...
FX会社で最近のおすすめはどこ?【初めて口座開設する人向け】
FX取引をスタートする為には、FX会社を探して、口座開設をする必要があります。 そして、当然のように「コストが安い会社」だったり、「アプリ...

現時点での仮想通貨取引所のおすすめ業者【厳選】

Zaif【メイン口座】

先ほど少し触れたように僕がメインで利用している仮想通貨業者です。
追証不要のレバレッジ取引が可能で、信用取引なら7.77倍で、AirFXなら25倍まで利用出来ます。

現物取引ではビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、ネム、イーサリアムの5種類のトレードが出来る点も充実しています。
ZAIFトークン等のトークンの売買が出来るのもメリットと言えます。

公式サイトを見てみる

GMOコイン【アプリで選ぶならここが1番】

FX経験者にはお馴染みのGMOグループの仮想通貨取引業者です。
レバレッジは5倍・15倍・25倍の3パターンで、25倍は有名な仮想通貨取引所の中では最大級と言えます。
自動ロスカット水準は、証拠金維持率の75%~85%と高め(選択するレバレッジによる)なので、レバレッジ5倍を選択すると意外と引っかかる可能性が多いかもしれません。
追証制度はZaif同様にありません。

1番のメリットは、スマホアプリの機能です。
GMOクリック証券のFXアプリとほぼ同一の見た目・操作性だったので、単純にFX⇒仮想通貨へチャレンジしたい人はかなり気軽に始められる業者だと思ってます。

スプレッドが意外と広がる事が最近仮想通貨トレーダー間で話題になっているので、その点はマイナスポイントです。
(見てて僕もそう感じました。改善を期待したいところ。)

公式サイトを見てみる

コインチェック【珍しい仮想通貨の保有ならここ!】

コインチェックは、アルトコインの取扱の多さで有名な業者です。
レバレッジは最大で5倍まで利用可能。
ロスカットは証拠金維持率の50%地点で強制決済となります。

今のところはあくまでもアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を買いたい時に利用する取引所かな?という印象の仮想通貨業者です。
(手数料がZaifやGMOコインより高いので、ビットコインの取引するなら上の2つの業者で特にこだわりなければZaifを選ぶべきかと思います)

公式サイトを見てみる