大学生がFX取引を始める際におすすめの業者を考えてみた!

僕は今ではアラサーになった投資家ですが、FX歴は10年近くになり、学生時代からやっています。
最近思ったのが、「今からFX始める大学生とか専門学生っていいなー」って事です。

投資環境が恵まれていると思うんですよ。

昔と比べると、取引手数料が10分の1とかになっているし、スマホ全盛時代なので、FX会社の提供するアプリもかなり性能が良いです。

これ、ほんと大きな違いなんですよ?笑

10年近く前は、バカ高い手数料で、微妙~なツールで取引してた訳ですからね・・・w
しかも、ガラケーのアプリなんて使い物にならないから、基本的には家にいてパソコンの前にいる時がトレード出来る時間でした。

でも、今ってスマホの性能が凄い良いので、学校に行ってる時間やアルバイトの休憩時間にだってトレードする事が可能です。
電車に乗ってる時間などに、アプリのゲームやったりすると思いますが、そんな感じでFX取引もアプリで出来るんですよ。
スキマ時間が投資の時間になるので、今からFXを始められる人は本当恵まれているなーと感じてます。

で、本題です!

FXを若い時から始めた方が良いと思う理由について

「100万円貯まったから投資しよう」「おれもいい歳になったから投資を始めよう」というきっかけでFXを始める人も結構います。
でも、そういう条件が揃わないから投資を始めない人もたくさんいます。

「まだ、早いんじゃないか?もうちょっと~してから・・・・」みたいな。

そういう話を聞くと思うんですよ、「今の自分が持っているお金の中からいくらかを投資に回して試しにチャレンジしてみれば良いのになー」と!

ほんと思いますよ。

自分の状況や経済の状況ってトレードする上でもちろん影響はあります。
ただ、そういう外部要因関係なく、今からやる意味も十分にあると思います。

例えばこんな感じ。

デイトレードなら円高だろうと円安だろうと今のレートは関係ない

デイトレードって名前くらいは聞いたことありますか?
1日の間にちょこちょこ何度もトレードする手法なんですが、FX取引で凄い人気があるんです。

で、このデイトレードをやるにあたって、現在のレートってほとんど関係ないんですよ。

デイトレードってどんな取引なのかイメージしてみてください。

デイトレードってどんな取引なの?

日本円と米ドル円の関係って長期的に見たら大体1ドル100円が基本だったりします。
そう考えた時に、1ドル120円の時期は円安相場と言われます。
デイトレードをやるとすると、”120円で買って、121円で売る”みたいな取引を何度も繰り返す事になります。
もっと値幅を大きく取りたいなら”120円で買って、122円で売る”といったトレードも可能です。

反対に1ドル80円台で円高相場と呼ばれる時期にデイトレードする場合はこんな感じです。
”80円で買って、81円で売る””80円で買って、82円で売る”

現在のレートなんて関係なくて、どんな為替レートの水準だろうと、「今買って、今よりも高い値段で売る事」が大事なんです。
「デイトレードを始めるのに時期は関係ない、現在価格は関係ない」という意味を分かって頂けたと思います。

つまり、その日のうちに買ったり売ったりするデイトレードならば、”今”始めるのがベストなタイミングだったりします。
結局小さな値幅で売買を繰り返すので、円安だろうと円高だろうと「値動きさえあればいつでもデイトレードは出来る」って訳です。

数年単位の上昇トレンド、下降トレンドという相場を体験出来る

これは僕の知り合いの超金持ちの投資家のおじさんが言っていたんですが、「投資は若い時期から絶対に始めた方が良いよ。なぜなら色んな相場を経験出来るからね」と。

これ、ほんとその通りで、僕自身が20歳そこそこの時からFXをやっていたので、凄い共感出来たんです。
僕は民主党時代の円高相場もアベノミクスによる円安相場も両方経験しています。
ですので、今後円安・円高どっちの相場が来てもある程度臨機応変には立ち回る事が出来ると思ってます。

2017年時点だと「アベノミクス相場」なんて言われて、全体的には円安傾向があったりします。※1ドル120円超までいって110円前後でウロウロしている
ちょっと昔の民主党が政権を持っていた時代は「超円高時代」だったりしました。※1ドル75円台までいきました

で、例えば、アベノミクス時代から投資を始めた人は「長い上昇トレンドなので、基本的に買ってずーっと持っておけば儲かる相場」なんですよ。
でも、そこで「投資なんて簡単」って勘違いしてしまうと、次にやってくる長期的な下落トレンド(延々と下がっていく相場)で全ての資産を失う可能性があります。

なぜなら上昇トレンドしか経験していないので、「ここまで安くなったんだからそろそろ買っておいて放置しておけば儲かる」という実体験しか持っていないので、「安くなったところから、更に下がる、そして、また更に下がる・・・」という延々と続く強い下落トレンドでは今の手法が通用しなくなってしまったりするんです。

なので、相場には「上昇トレンド」と「下降トレンド」が存在して、そのトレンドによって投資手法は変わるし、若い学生のうちから投資を始めることで、数年単位での力強く一方向に進む相場を色々と経験出来るので、30歳や40歳になって投資に回せるお金が増える将来に、物凄い良い経験として活かせるって訳です。

投資で失敗する人の多くは、「色んな経験もしてないのに、数百万円など突っ込んでしまうから」だと思います。
今ご覧頂いている学生さんが、数百万円などの本格的な資産運用を始めるまでに、今なんとか捻出できる5万円や10万円でFXを始めてみるときっと将来「学生時代から投資しておいて良かった」と思えるはずですよ。
現に僕はそうですからね。

”お金がお金を生む”っていうのが投資の良さでもあるんですが、”働いても給料上がらない”みたいな状況から抜け出す1つのきっかけにも投資はなってくれます。

学生の今で言えば、「バイト代全然上がらない・・・」「お金欲しいけどバイト代で今よりあと5万円稼ぐのキツイな・・・」みたいな事って思いませんか?
そんな時に貯金30万円のうち、10万円をFX口座に入金してみて、10万円から1万円、2万円、3万円・・・と利益を出せるようになったら結構生活変わるはずです。

儲かったお金は貯金に回しても良いし、海外旅行行ったり、次の家賃更新で今より3万円高い所に引越したりと、お金を稼ぐ事で色々と生活が豊かになってくれます。

なので、投資を始める意味はあるし、若い時に始める意味もあるって訳です!

ちなみに・・・・

学生さんにおすすめのFX会社をリアルに選んでみたので是非参考にしてみてください。
※FX取引は20歳からです

FX業者それぞれで差が出やすい下記の3つの重要ポイントを考慮した上で、「僕が今の時代に学生だったらこのFX会社を利用するよー!」っていうのを選びました。

・アプリが使いやすい事、見やすい事
・取引手数料(為替の専門用語で”スプレッド”の事)が安い事
・少額資金からトレードできる事(FXでは通常5万円程度からトレード出来るが、5000円程度から取引出来る業者もある)

大学生におすすめのFX会社をリアルに選んだ結果

YJFX!【アプリの使いやすさ◎&1000通貨】

radar-yjfx

yjfx_banner300250

スプレッド(主な通貨ペア)

米ドル円
USDJPY
ユーロ円
EURJPY
ポンド円
GBPJPY
豪ドル円
AUDJPY
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭
NZドル円
NZDJPY
ユーロドル
EURUSD
ポンド米ドル
GBPUSD
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.2銭0.4pips1.0pips0.9pips
南アランド円
ZARJPY
トルコリラ円
TRYJPY
メキシコペソ円
MXNJPY
人民元円
CNHJPY
1.3銭3銭0.4銭3.0銭
※AM9時~翌AM3時まで原則固定例外あり
※2021年1月20日時点

YJFX!はIT系で有名なヤフーグループのFX会社です。
「Cymo」という専用のトレードアプリがあるのですが、かなりハイクオリティです!
ヤフーグループのFX会社だけあって、こういうツールやアプリは強いんだと思います。

そして、iPhoneやAndroidのスマホアプリはもちろんの事、iPadやタブレットに専用アプリがあって、それが凄い良い感じに作られているんです。
大きな1つの画面を有効活用しており、為替レートを見ながら、チャートを見ながら、発注する事が可能です。

きっと使い始めた初日から「あ、良い感じ!」となるはずです。(是非試して欲しい!)

ちなみに取引手数料にあたるスプレッドに関しては、米ドル円は0.2銭(原則固定、例外あり)とトップクラスなので、トレード回数が多いデイトレードをするにも問題なしです。

ポンド円や豪ドル円などの他の通貨ペアでデイトレードをしたい人は、若干割高なスプレッド水準なので、そこは次の2番目に紹介するDMMFXを利用する方が良い選択になります。
(といっても他社より0.1銭~0.2銭劣る程度なので、チャートツール重視でFX会社を選ぶ場合は僕ならYJFX!に決めます。そもそもデイトレなら基本は米ドル円ですよ!)

最後にYJFX!って1000通貨対応のFX会社なんですよ。
いわゆる”少額資金OKのFX会社”です。

ですので、「とりあえず5万円しか用意出来ないけどFXやってみたいー!」っていう場合には、YJFX!で決まりです!
5万円しかないのに、5万円”から”取引できる業者を選んでも余裕がなくてしんどい(トレードが失敗しやすい)ですからね!
1000通貨単位なら5000円程度から米ドル円の取引が出来るので、3万円や5万円もあれば余裕を持ったトレードが可能

という訳で、取引アプリの使いやすさにこだわりたい人(タブレット端末持ってるなら尚更)or5万円などの少額資金からFX取引を試してみたい人は、YJFX!が合うので是非お試しください!
※口座開設申込はスマホから可能で、5分~10分程度で入力可能

→YJFX!公式サイト

DMMFX【低コスト業者×アプリの性能◎】

radar-dmmfx

banner-dmm300250

スプレッド(主な通貨ペア)

米ドル円
USDJPY
ユーロ円
EURJPY
ポンド円
GBPJPY
豪ドル円
AUDJPY
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭
NZドル円
NZDJPY
ユーロドル
EURUSD
ポンド米ドル
GBPUSD
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.2銭0.4pips1.0pips0.9pips
南アランド円
ZARJPY
トルコリラ円
TRYJPY
メキシコペソ円
MXNJPY
人民元円
CNHJPY
1.0銭---
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)
※2021年1月20日時点

DMMFXは超有名なFX会社です!
ローラさん出演のテレビCMを御覧頂いた事もあるかもしれません!

DMMFXの1番の長所は手数料にあたるスプレッドが凄く狭くて、多数のFXトレーダーが支持している点です。
※ドル円0.2銭(原則固定)、ユーロ円0.5銭(原則固定)・・・

何度も取引をするデイトレードをやりたい!って場合には、DMMFXが第一候補です!
米ドル円以外の幅広い通貨ペアの手数料がほぼ業界トップクラスの水準を誇ります。

また、スマホアプリが最近リニューアルされて、抜群に使いやすくなっています!
昔からPC版チャートツールの「プレミアチャート」がとてもオススメだったのですが、アプリに関しても今なら全然おすすめできます!
複数通貨の分割表示や比較チャートなどが見やすく表示出来るので、デイトレードする際にも色々とスマホからチェック出来て重宝しています。

マイナス点としては、先ほどのYJFX!と違い、1万通貨単位を採用しているので、最低5万円は必要になってくる点です。
そして、最低ラインとなる5万円だと余裕がないので、余裕を持ってトレードするというのを考えると、最低10万円がDMMFXで取引をする為に必要なお金だと思います。

学生なので、10万円すぐに出せない人もいると思いますし、そこら辺は自分のお財布と相談して、先ほどのYJFX!とどちらを利用するか考えてみてください!
問題なく用意出来るのであれば、DMMFXで決まりだと思います!
※ちなみにFX口座は複数持てるので、両方とも口座開設して試してみるのもありです。

取引手数料が凄い安い業者&スマホアプリが使いやすい業者にしたい人は是非DMMFXでFXを始めてみて下さい!
※口座開設申込はスマホから最短で5分程度で可能!

→DMMFX公式サイト

GMOクリック証券【スマホでもPCでもトレードしたい人】

radar-gmo

banner-click300250

スプレッド(主な通貨ペア)

米ドル円
USDJPY
ユーロ円
EURJPY
ポンド円
GBPJPY
豪ドル円
AUDJPY
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭
NZドル円
NZDJPY
ユーロドル
EURUSD
ポンド米ドル
GBPUSD
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.2銭0.4pips1.0pips0.9pips
南アランド円
ZARJPY
トルコリラ円
TRYJPY
メキシコペソ円
MXNJPY
人民元円
CNHJPY
1.0銭原則固定適用
対象外
0.3銭-
※スプレッドはトルコリラ除き原則固定(例外あり)
※2021年3月8日時点

GMOクリック証券は自社でシステムを開発・運用しているシステムに強い会社です。

また、FX取引高世界第1位の実績・人気があるFX会社でもあります。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

FX会社としての長所が先ほど紹介したDMMFXと結構被ったりするのですが、ポイントは2点です。

まずは、FX取引の手数料にあたる、スプレッドがFX業界トップクラスに狭い事です。
ドル円が0.2銭、ユーロ円0.5銭(いずれも原則固定、例外あり)など幅広い通貨ペアで手数料が安いです。
デイトレードに向いているFX口座と言えます。

そして、もう1つは超レベルの高いPC用のチャートツールです。

チャートを比較する際に「テクニカル分析指標の種類」を比べると分かりやすいです。
GMOクリック証券のPC版アプリの場合は38種類と抜群に多いのです。
(画面も見やすい!)

スマホアプリ版でも10種類あり、これもFX業界トップクラスの水準です。
DMMFXのアプリ同様に、”直感的に操作出来る”点が素晴らしいです。

アプリが充実している事で、外出中でもスマホからガンガン発注する事が出来るので、通学途中の電車の時間帯をFXタイムにしても面白いかもしれません!

パソコンとスマホの両方からある程度トレードする事になりそうな学生さんなら、どっちのツールも性能が良くて、しかも低コストで使えるGMOクリック証券はベストな選択と言えます。
※最新の情報を下記公式サイトにてご確認下さい

→GMOクリック証券公式サイト

【おわりに】
FX会社は20社以上の会社がサービスを提供していたりするのですが、その中でも厳選して3社を選びました。
ですので、3番目のGMOクリック証券でさえもハイスペックで安心して利用出来ます。

先ほども触れたように、多くの業者の中から、「僕が今の時代に学生だったらこのFX会社を利用するよー!」というのを選んだので是非参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました