シェアする

ビットコインキャッシュでデイトレした結果【50万円購入】

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH)はビットコイン(BTC)から分裂して出来た仮想通貨で、ビットコインよりもブロックサイズが大きいという特徴があります。
※ビットコイン1MB、ビットコインキャッシュ8MB

2017年の8月にハードフォーク(分裂)しました。

・・・・・

・・・・・

うーん、、、笑
そんな難しそうな話よりも、、、、

チャート見て取引しましょうか!笑
(仮想通貨について勉強中なので詳しくはまだ分からずでして!)

今回デイトレードを何度かしてみたので、その感想になります!

ビットコインキャッシュのチャートを見てみよう!

まずはサクッとビットコインキャッシュ(BCH)のチャートを確認してみましょう。

11月に入ってから、急騰しました。(急落も!上髭が凄い・・・!)
10月は4万円前後だったので、そこで仕入れて12万円~16万円前後で利確出来たウハウハな人は結構いるのかもしれません。

短期間で見ても、値動きがしっかりとある通貨なので、デイトレードがしやすいと思います!

ビットコインキャッシュは値動きが激しく買いやすい価格帯

仮想通貨の中では、ビットコイン(BTC)が1番有名ですが、現在では価格が60万円〜90万円前後と気軽に手を出すには、値上がりしすぎてしまった印象です。

もちろん、取引単位は”1btc”でなく、0.1btcでも、0.01btcでも取引可能なので、予算が5万円や10万円の場合にでもビットコインのトレードは可能です。

ただ、なんとなく「ビットコイン取引しづらいなぁ・・・」と感じていたので、他の銘柄を中心に探していました。

そして、見つかりました。

それがビットコインから派生したビットコインキャッシュです!(BCH)

現在10万円〜20万円程度で推移しており、発注金額が分かりやすいです。
また、4万円前後から30万円まで一気に値上がりしたくらいに、値動きに夢のある仮想通貨でもあります。

先日、Zaifトークンのスイングトレードにより、Zaif(取引所)に入金した100万円は120万円まで増えていましたので、今回そのお金でビットコインキャッシュを買ってみました。

値動きが激しいからこそ、全力買いは避けた

根性なしかもしれませんが・・・笑

大体口座資金の半分にあたる60万円、もしくは50万円程度を予算に購入するイメージでいきました。

リスクをしっかり管理するために、です。

とはいえ、僕の場合は、「仮想通貨への投資は一気に資産を増やせるような、相当なリスクをとって取引する」とは決めているので、購入後に極端に暴落した場合は、残った資金で買い増し(ナンピン・・・)する気もあります。

まぁ、、一発で死ぬのは嫌だから、多少余裕持ってポジっていこうかなって感じですかね。
勝負だと思ったら突っ込みます!!

BCHの売買代金量なら50万円くらいの注文はあっという間に捌ける

Zaifトークンの時は売り板が薄くて、買い集めるのに苦労しましたが、ビットコインキャッシュ(BCH)の場合は、何倍もの売買代金があります。
時価総額だって、仮想通貨全体の中で、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ3番目(時々4番目になる)くらいの大きさなので、僕の仮想通貨への投資予算くらい簡単に飲み込んでいってくれます。

これは本当に気が楽です。

Zaifの取引所を利用し始めて、仮想通貨の売買を積み重ねる中で、「FXと違って板情報があるって楽だなー!良いなー!」と感じたのですが、問題は”自分の買いたい値段で、買いたい量を、買いたいタイミングで買えない時がある”って事なんですよ。
(売りの場合も同様です)

FXだったら多少発注量多いくらいなら表示されているレートでサクッと約定しますからね。
約定力に自信あるFX会社なら尚更です。

この問題は、僕がZaifトークンなど売買代金が少ないものをトレードしてたりするのが大きな原因なんですが、その点で、ビットコインキャッシュは余裕で”今提示されている値段に近い価格帯で取引が捌ける”のでトレードしていてとても楽に感じました。

Zaifトークンで3日間のスイングトレードをしてみた結果!【元手100万円】
仮想通貨について勉強していく中で、未だに”トークン”の意味がよく理解出来ていないんですが、「トレードでもしてみれば理解力上がるかも!」と思っ...

ビットコインキャッシュの買い方

買い方は簡単で、「価格を指定して、数量を入れるだけ」です!
今回は、115,010円で5枚発注しました。
(約定代金は画像にある通り、574,550円です!)

発注が完了すると、”アクテイブな注文”に反映されて、約定すると、アクテイブな注文から消えて取引履歴に載るようになります。

決済注文の方法!【使用残高100%を選んでみた!】

チャートの形を見ても、一気に急騰する可能性もあるかな?と思ったので、指値はちょっと先に置いて、164000円にしました。
また、この際に、「数量を選択する箇所」で、”使用残高100%”を選択してみました。

すると、決済可能な保有ポジションである5枚が選択されたので、便利でしたよ!
全部売る時は正直使わなくても良いですが、「半分売りたい!(50%)」「3割売りたい!(30%)」などの場合には使いみちありそうな機能だと思いました!

makerとtakerによって手数料が変わる

ワンポイント的な話になりますが、仮想通貨の取引所はZaifを利用しているのですが、ビットコインキャッシュの取引手数料は0%(maker)or0.3%(taker)です。
「どうして差があるのか?」というと、板に並べて約定させるか?並んでいるものにぶつけるか?の違いです。

”maker”と”taker”という2つの専門用語が出てくるのですが、これはこんな感じです。

【maker】板に注文を並べる際の手数料
【taker】並んだ注文を消費する際の手数料

買う場合でも、売る場合でも、一度指値注文で板に並べてから約定した場合(maker)は、取引手数料が0円でOKです。
逆に既に並んでいる板にぶつけた場合は、手数料がかかります。(といっても、0.3%!)

下記は僕のビットコインキャッシュの取引履歴ですが、「手数料がかかっているものとないもの」がありますよね。
これがmakerで取引してた時とtakerで取引してた時の違いです!

先ほど書いた115010円で5枚ポジション建てたものには手数料がありませんよね?
これは、1度指値注文で板を並べて(アクティブな注文欄に載って)から約定したからです。(maker=手数料0%)

含み損を経て、10万円弱の利益確定へ

ポジったあとに、一時マイナス1万円超(×5枚)まで下落しましたが、その後一気に上がってくれて、無事利益確定が出来ました。
18000円×5枚の約9万円です。

含み損期間中の、強い下ひげを拾うかは迷ったがリスク管理を考え避けた

一時10万円割れするくらいの一気の値下がりがありましたが、ここは対応に迷いました。
その時もスマホアプリでチェックはしていて、新規注文を入れようとするくらいはしてました。
しかし、乱高下があまりにも激しかったので、「もう1段階下がったらナンピン買いを入れよう」とその局面ではスルーしました。

結果、急激な上昇相場が来る展開となり、ちょっともったいなかったです。汗

まぁでもこのケースからも分かるように、感覚的には、「誰かロスカットされたかもな」って局面が新たな相場への幕開けでチャンスなんだと思います。

仮想通貨取引所【Zaif公式サイト】

ビットコインとビットコインキャッシュの値動きが相反している

BCHのトレードをしている時は、ビットコインの値動きを参考にしています。
「ビットコインがどのくらい強いか?弱いか?」という点です。

というのも、ここ数ヶ月のビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の関係性は逆に動く感じなんですよね。

ですので、チャートの形を見てビットコインキャッシュが値上がりしような時でも、ビットコインが強そうであれば、抵抗ラインに押し戻される可能性も結構高いという判断をする事が多いです。

まぁ、僕は仮想通貨のこと詳しくないんで、まだ結構勘に頼っている部分も多いですけどねw

とりあえず、「これからビットコインキャッシュのトレードを始めようかな!」と思っているならば、ビットコインとの相関性は1つのチェックポイントとして使って頂けるはずですよ!

仮想通貨の取引所はZaifがおすすめ!

ビットコインキャッシュのトレードをするためには、取引所に口座開設する必要がありますが、おすすめはZaifです。
手数料も安く、取扱銘柄もビットコインやビットコインキャッシュはもちろん、モナコインやZaifトークンなど幅広く投資出来る環境がありますよ。

仮想通貨取引所【Zaif公式サイト】

2度目のビットコインキャッシュのデイトレでも利益確定!

利益確定をして130万円超になったあと、再びビットコインキャッシュが値下がりしてきたので、2度目のデイトレをしました。
結果、130万円から140万円まで口座資金は増えてきました!

デイトレと書いていますが、値動きの状況によっては、もっと保有するつもりもあるので、「短期的に大きく動いたから利益確定した」という感覚です!

ビットコインを見てると信用取引で売りをしたり、レバレッジかけたくなる

ビットコインキャッシュの取引をしているので、ビットコインの値動きも最近はよく見ています。
そして、ビットコインの現在80万円という価格帯を見てると、「そろそろ思いっきりショートしたい」「うーん、結局買い意欲が強そうだしレバレッジかけて3枚、4枚買ってみる?」などと思ったりもしてます。

ただ、ビットコインは損しそうなイメージもなぜか凄いあって敬遠してます。。笑

比べてみると、10万円台のビットコインキャッシュの場合は、そもそも通貨の種類的にZaifの信用取引に対応していない事もあり、今の所”ショートする選択肢がない””純粋に押し目や急落相場を待っての買い”というシンプルな判断になるので、取引しやすいかな?と思います。

複雑に考えれば考えるほど取引にプラスとは限りませんから、シンプルな環境って良いんだと思います。

余計な考え、情報を排除して、トレードに集中出来ているのが、現在仮想通貨への投資が上手く行っている要因の1つかもしれません!

【追記】
こんな事言っておいて、ビットコインで空売りチャレンジしてしまいました。笑
そして案の定含み損生活。。。。ロスカットになるかも。。

ビットコインを空売りした結果、含み損生活へ【信用取引のやり方】
ついにやってしまいました!ビットコインの空売り! レバレッジ2.5倍使って、90万円で1.5枚ショートしたらすぐに含み損生活になりました。...

3連勝で143万円まで増えた!

129000円で拾って、133000円で利確しました。
もうちょっと含み益があったのですが、陰線出て弱そうだったので、撤退する事にしました。

ビットコインキャッシュがデイトレに向いている理由

ここまで何度かトレードして来て、デイトレならビットコインキャッシュ(BCH)がおすすめだと思います。
理由は、「板が厚い」「値動きが激しい」の2点です!

ビットコインとの関係性を見つつ、長期で保有するのも面白そうですし、いじりがいのある通貨だと思いますよー!

ZaifでBCHの取引を始める

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりニュースや逆に「今下がる?」というようなタイミングでの暴落のニュース等仮想通貨関連の話題を...
ZaifのAirFXと信用取引をデイトレーダーが評価してみた!【体験談】
仮想通貨のトレードをZaifの口座開設をして、頻繁にするようになってから、結構時間が経ちました。 そして、当初は現物取引か信用取引しか...

【追記】2018年の暴落はチャンスだと思って長期投資を考え始めた

ビットコインキャッシュは2017年後半にデイトレを何度かしたくらいで、そんなに売買してこなかったのですが、2018年1月後半~2月の仮想通貨全体の暴落相場により、各銘柄の現物の長期保有を考え始めています。
すでに購入し始めているのですが、ビットコインキャッシュも買っています!
仮想通貨投資の出遅れ組としては、結構良い買い場がやってきたなーという印象!

詳しくはこちらで書いてますー!

ビットコインキャッシュが安く買える取引所を選んで、実際に売買してみた!
僕はビットコインキャッシュ(BCH/JPY)の売買を本格的に始めたのは比較的最近なのですが、試しにビットバンク(取引所)を利用して買い始めま...