シェアする

ネム(XEM/NEM)の買い方と取引所選び!【最近購入しました!】

僕は以前からZaif(仮想通貨取引所)をよく利用していたので、取扱のあるXEM(ネム)はいつでも取引出来る状態にはあったのですが、2017年中は1度も取引する事はありませんでした。
しかし、2018年の1月のコインチェック事件や仮想通貨全体の暴落相場を経て、XEMのレートが相当下落しているのを見て、気になる通貨になってきました。

実際に2月から長期投資目線で買い始めたので、XEMの買い方だったり、トレード記録なんかを書いていきたいと思います。

前半は初心者の方向けにおすすめの取引所や購入方法を書いていて、中盤以降にトレードについて書いてあります。

XEMの購入におすすめな取引所

コインチェックは販売所だから割高だった

コインチェック事件では、XEMの保有者が26万人と発表されていました。
すごい数ですよね。
XEM自体を買っている人の数もそうですし、XEMを買うのにコインチェックを利用していたのもちょっと驚きました。

というのも、仮想通貨って分かりづらい事が多々あるのですが、XEMを購入する際にも、”販売所”と”取引所”に分かれるんですね。
違いは、手数料の高さ(スプレッド)で、販売所の方が圧倒的にコストが高いです。
※業者が仕入れたXEMに5%とか10%とか利益を乗せた上で販売する為

そして、コインチェックのXEMは販売所形式だったので、割高な手数料でした。

一方で、取引所であれば、ユーザー同士の直接の売買になるので、販売所と比較した場合に非常に低コストでXEMを購入出来ます。

つまり、”購入する場所選び”は、まずは取引所を選ぶ事をおすすめします!(手数料が安い為)

コインチェックのスプレッドとZaifを比較してみた結果

現在(執筆時点)コインチェックは売買停止状態ですが、レート配信はされているので、試しにXEM(ネム)のスプレッドの広さを比べてみます。

僕がおすすめする取引所Zaifのレートが59円(下記の画像)のタイミングの時に、コインチェックのXEMで買おうとすると”62円”になります。
約3円(5%)も割高なレートで購入する事になってしまいます。
これが取引所と販売所の分かりやすい違いです。

↓取引所ZaifのXEMのレートは59円

↓同じタイミングでコインチェックで買おうとすると、1XEM=62円!

↓ちなみに同じタイミングで売ろうとした場合、1XEM=53.5円!

つまり、この62円と53.5円の差額約8.5円がスプレッドであり、コインチェックの取り分(利益)となる訳です。
もの凄く高い手数料というのが分かるかと思います。

一方、ユーザー同士が直接売買をする取引所形式のZaifの場合、この瞬間買っても売っても59円前後で成立します。
かかるコストは”取引手数料”だけです。※通貨ペアによって異なるが、XEM/JPYであれば、0%~0.1%と格安!

また、ZaifはXEMの売買が非常に多い取引所なので、「数百万円レベルの発注」であればすぐに吸収してくれるくらい板が分厚いです。
(繋がりも強い。NEM財団の理事にZaifを運営するテックビューロ株式会社の社長である朝山氏がいる等)、

実際に僕も1ショット50万円くらいの売買をしていましたが、普通にやりやすかったですよ。

コインチェックから乗り換えるおすすめの取引所はZaif

元々日本国内の業者で、XEM(NEM)の売買が出来る取引所は少ないのですが、やはりおすすめはZaifです!
もうこれは実際使っていて、現時点では1番ベストな選択だと思いますよ。

なので、これからXEMを購入する方も、コインチェックから乗り換え先を探している方にもおすすめです。

気になる存在としてはDMM Bitcoinかなと。
ただし、現時点ではDMM BitcoinのXEM/JPYのスプレッドがコインチェック同様に広いので使い物にはなりません。

という訳で、XEMの売買をするならZaif一択です!
※定期的に各社のスペックを比較しており、逆転した時には変更するようにしているので、ひとまず今はZaifでOKです!

XEMの2017年~2018年のチャート推移を見てみる!

XEM(ネム)の日足と週足で、直近の値動きを振り返ってみましょう。
チャートがこちら!

2017年後半がいかに大きな相場を形成していたかがわかるチャートになっています。
また、XEMに限らず仮想通貨のチャートを見ていて思いますが、本当に展開が速いです。
「え、1ヶ月からこんなにレート下がったの?(上がったの?)」みたいな事が頻繁に起こります。

2018年の1月もやたらと長く感じましたし・・・・

XEMは、2017年の8月には20円くらいだったのが、2017年末には120円、そして、2018年1月上旬には240円まで上昇しました。
(その後の下落っぷりも凄い・・・)

僕はXEMとリップルが20円前後でウロウロしている時くらいから仮想通貨をチェックしている記憶はあるのですが、「もう上がらないだろうー上がり過ぎだろうー」という所から更に何倍にもなっていく勢いに本当にビックリしてました。そしてXEMを買えずにいて。

時価総額ランキングでもXEMは上位の常連

仮想通貨はICOがバンバン出てきて、日々その種類が増えていますが、その中でもNEMは安定して上位に位置づけています。現在12位です。
※ビットコイン、イーサリアムは抜けていますが、その下あたりのベスト5くらいは狙えそうですね

各種仮想通貨の中でも存在感を発揮してランキング上位に出る可能性はもちろんですが、仮想通貨のマーケット自体の成長性が期待出来るので、今後数年間で全体的な時価総額が底上げされる可能性も結構ありそうです。

ですので、数ヶ月前の過熱した状態が落ち着いた現在は、ある意味仕込み時期なのかもしれません。
※相場的にもう1段、2段くらいの下げはあるかもしれませんが・・・

コインチェック事件でXEMが凄い有名になった事は将来追い風になるかも!

コインチェックの事件は取引所(コインチェック)に問題があった訳で、XEM(ネム)に問題があった訳ではありません。
マルチシグやコールドウォレット等やるべき対応を怠っていた感じですね。
※技術的な難しさがあるのかもしれませんが

また、盗難された分のXEMには専用の印が付けられているので、それらが売却される可能性も低そうです。(売り圧力にはならなそう)
※犯人側の動きに進展があって、結構売買されはじめています・・・どういう結末になるのかまだ謎・・・

現在は、全体的な地合いが悪いので、XEMも売られてしまっていますが、このキツイ下降トレンドを脱出した時には最高値の240円超えも期待出来るかもしれません。
恐らく仮想通貨のマーケット自体は成長していくはずで、たくさんある仮想通貨の種類の中でも、XEMは相当期待されているので!

そして、日本中の人がコインチェック事件により、XEMの名前を知る事になったので、これが将来的に追い風になるのでは?と思ったりもしています。

やはり”知っている”という事は買いやすい事に繋がると思います。
例えば、投資初心者の方が株を買う時には、トヨタやソフトバンク、ユニクロあたりがまず気になったりする方もいますよね。
他にもよく利用するからといって、イオンの株を買ってみたり。
そういう感覚で仮想通貨を見てみると、将来的に相場が安定した時にはXEMへ買いが集まる可能性もあるかなと。
ちゃんとコインチェックでの保有者に補償される事が大前提だとは思いますけどね。
仕切り直しのタイミングがどこかで来るんじゃないかなと・・。

※ちなみにコインチェック盗難騒動では、僕は現金置いていただけなのですが、お金返ってきていません・・・
※2月13日に現金全て銀行口座に返金されました!

現在のレート的には、”XEMを盗難された方に88円で計算して返す”みたいな発表がコインチェックからあった時に、「このレートが1つの壁になるかな?」なんて思ってたんですが、数日その価格帯で揉んでただけで、すぐに下に抜けてしまいましたね。。。

「下がりすぎでしょ!」って事で、XEMに目をつけはじめて、2月になってから買い始めてみました。
そのトレード記録がこちら!

【トレード記録】XEMの売買

Zaif口座にてXEMを平均59円で50万円分購入!勝負だ!

まずは、100万円程度入金してあるZaif口座にて、XEMを約50万円分買ってみました。
60円台と58円台で買ったので、平均購入単価が59円で8567枚です!
※別記事で更新してますが、モナコインも同様に売買しています。

一応売買方針としては、長期的にはロング目線ですが、しばらくレンジ相場でも形成しそうだなという感じもあるので、保有枚数を増やすという事を第一に当面は売買していく感じです。

66.9円で利確&60円で再度ロング出来た!

翌日2月3日に10%ちょっと高くなった66.9円で保有枚数全て利確しました。※モナコインの売買も調子良かった!
まだ相場が揉みそうだったので、一旦売却して再度安値で仕込もうという考えでした。

そして、運良くその日に60円で1万枚買うことに成功!
当初8500枚程度だった保有枚数は1万枚の大台に乗りました。
回転させる事で2割程度保有枚数を増やせています。

平均68円で利確&61円で再び買うことに成功!回転!

80円台くらいまで伸びていくと思ってたんですが、70円台が重そうだったので、崩れたところで利確しました。
68.7円で一部約定しか出来ずに67円台に下げて全て捌きました。

そして、61円で12000枚再度購入することに成功!

40円台突入のチャートを見て、59円でネムを損切り!53円で再購入!

大体24000円くらい(12000枚×2円)の損切りにはなりましたが、45円くらいまで下げたXEMのチャートを見て、含み損を嫌って、反発があった59円で一度手放しました。
※ちなみにチャート画像で—-となっている場所はZaifのメンテナンス時間でした

その後、1時間もしない内に53円台まで落ちてきたので、53円で再度買いました。
モナコインの売買でいくらか余っていたので、51円台で数百枚買い足して、ついにXEMの保有枚数は14000枚まで増えました!

強く上がっていったネムのチャートを見て、62.5円で利確!

数日間激しい値動きを見て、そろそろ手放したら再度安値で仕込むのに苦労しそうかな?とは思っていたのですが、「まだ行けるだろう・・・」という事で、62.5円で利確しました。

55.5円で15000枚超保有完了⇒67円で利益確定!

スマホで取ったキャプチャしかありませんでしたが、55.5円で仕込めたXEMを、67円で売って、モナコイン含めてすべてノーポジになっています。

前回利食いしたところから、56円あたりで指値入れといたのがギリギリ刺さらずに60円台前半まで力強く上昇して行ったりとすごい嫌な感じがありました。
そのままノーポジになった状態でレートが上がって行ってしまうんじゃないかという。

ただ、なんとか、55.5円で1万5千枚買えたものも、すぐに67円で手放してしまっているので、どのタイミングでガッチリホールドしていくかの判断に迷っている状況ではあります。

2月10日の売買を最後に10日程トレードしていないのですが、2017年のXEMのチャートを改めて分析していると、現在のレートでもなかなか冷静になってきてしまいました。汗

長期保有したいんですけどねーー。
より細かく知れば知るほど売買しづらくなるという・・・w
仮想通貨は判断が難しい。

現在50円台前半で推移していますが、買いを我慢しています。
67円で利確したのを考えれば今買うのもありなんですが、底抜けしそうな気もするんですよね。

また、ポジションを取った時には更新したいと思いますー!

↓同時期に売買してるモナコイン、リップル、ビットコインキャッシュ

モナコインの買い方と取引所選び!【現在進行形で購入してます!】
モナコインを2018年からしっかりと買い始めたので、その買い方や売買状況などを書いていきたいと思います。 取引所はZaifを利用しています...
リップル(XRP)の買い方と賢い取引所選び!【2018年に購入!】
リップル(XRP)は期待の大きい仮想通貨ですが、「安くなってきたかな?」と思って、2018年2月から買い始めてみました。 取引所はビットバ...
ビットコインキャッシュが安く買える取引所を選んで、実際に売買してみた!
僕はビットコインキャッシュ(BCH/JPY)の売買を本格的に始めたのは比較的最近なのですが、試しにビットバンク(取引所)を利用して買い始めま...

XEMの取引をZaifでやって思った感想

低位株みたいな鈍い動きを想像してたら全然軽やかに上下する!

なんか株取引やってたりもするので、”60円”なんて聞くと、あまり動かない低位株っていうイメージがあったのですが、やっぱり仮想通貨は全然違いますね。
今回は乱高下している時に逆張りで買いに入ったりしてるのもありますが、30分とかで普通に5%、10%の変動があったりします。

すげぇ細かく刻まれて自分の注文より上に置かれて困った!

ネムを61.01円で再度購入しようと発注したのですが、一部未約定で残ってしまった時があったんですね。
でも、まぁ「すぐに約定するだろう~」ぐらいに思ってたのですが、なかなか約定しなくて。
それも、0.01円上とかに発注されるので、ちょっとイライラしたりもしましたw
※61.02,61.03・・・・といった感じですぐ上に発注されて、レートが細かいからこそ、やり辛い時も。

Zaifの現物取引って、発注済みの注文の”レートだけを変更する”事が出来ないんです。
一度、発注を取り消してから再度買い注文を入れないといけなくて。

で!
Zaifは乱高下している時はサーバーがめちゃくちゃ重くて注文が通らないので、「通った注文は出来る限り大事にしたい」気持ちが生まれます。笑

なので、たった、0.01円~0.1円上であれば、「すぐに約定するだろう!」の方に賭けたくなります。
だって、散々注文が通らない経験をしてきてますからね。汗

ただまぁ今回のタイミングでは、サーバーがサクサク動いていた事もあり、僕も上に刻み直して無事全て希望通りの枚数が約定されました!

DMM Bitcoinでレバレッジを使ってXEMが買えるが現状使う価値ない

XEM(NEM)のトレードが出来る業者だと、現状はZaifがイチ押しです。
抜けた存在だと思います。

ただ、最近DMM BitcoinがXEM/JPYの取扱を始めて、しかもレバレッジ取引も可能という一見するとすごい良さそうな感じがするんですよね。
FX取引でもDMMのスペックは凄く良いので、その業者(グループ会社)が仮想通貨でも使える!みたいな。

ただ、現状では、スプレッドが広すぎてとてもじゃないですが、XEMの売買をDMM Bitcoinでするのはおすすめできません。
(僕も取引しません)

※1XEM=60円前後の時に、買いたい場合は63円前後で、売りたい場合は56円前後なので、スプレッドが7円~8円ある状態です

DMM Bitcoinは現状使うならビットコインのFX取引に限るかと思います!

⇒ビットコインFXならDMM Bitcoin【公式】

DMM BitcoinのアプリでBTC/JPYのデイトレしてみた感想!
DMM Bitcoinの口座開設が完了したので、実際にトレードをしてみました。 スマホアプリの操作性が良さそうだったので、3回のトレードを...

XEMは積立投資でも買える!

投資手法の1つに、積立投資というのがあります。
ドルコスト平均法で買っていく方法で、”毎月3万円ずつ買う!”みたいな感じのやり方です。

対応している仮想通貨業者は現時点ではほとんどなく、やはりZaifが対応していて、XEMの積立投資が可能です。
※他にもビットコイン、イーサリアム、モナコインも対応
※コイン積立というサービス名です

決まった金額を銀行口座から自動で引落ししてくれるので、激しい仮想通貨の相場(チャート)を見なくて良いというメリットがあります。

”自分で買うタイミングを選びたい!”or”平均的に買っていきたい!”のかどっちを選ぶか?って感じですね。
後者を選ぶなら、Zaifのコイン積立はおすすめですよ。

⇒XEMやビットコインの積立投資が出来るZaif【公式】

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりニュースや逆に「今下がる?」というようなタイミングでの暴落のニュース等仮想通貨関連の話題を...