シェアする

10万円からFXを始めて、1年でいくら稼ぎたいか?目標金額を考えよう!

私がFXを始めた2008年当時でも、今でも変わらないと思いますが、「FXを10万円くらいで始めてみようかな?」と思う人はたくさんいると思います。

私自身、その中の1人でしたよ。

そんなひよっこトレーダーもかれこれトレーダー歴が9年目に突入したので、昔を振り返りつつ、失敗した経験なども活かせると思うので、「10万円からFXを始めるには?」といったテーマで書いてみたいと思いました。

思えば私がFXの初心者だったころと今では大分投資環境も異なります。

ぱっと思いつくものでも、最大のレバレッジが当時は100倍でした。※2010年8月に50倍に、2011年8月に現在と同じ25倍になりました
また、FX業者への手数料となるスプレッドが今よりももっと割高でした。
※現在トップクラスの業者は、ドル円のスプレッドが0.3銭です。昔は1銭、2銭等軽く3倍以上はコスト負担がありました

この2点を考えると、「FXの取引リスクが少なくなっているのかな?」とも思います。

なぜなら、レバレッジが低くなれば、過剰にポジションを抱える事が出来なくなるので、損失額が抑えられますし、取引コストも安くなっているので、手数料負担により原資が削られていく分も減りましたからね。

「資産運用」と考えれば、そもそも50倍、100倍といったレバレッジは必要なく、現行の最大25倍のレバレッジでも高いです。ギャンブル的水準ですので・・・。
実際に運用する時はもっと低く押さえてトレードするようにした方が良いです。

FXを始めたばかりの頃の失敗するポイントの1つにレバレッジ制限いっぱいにポジションを取ってしまい、身動きが取れない⇒含み損を抱える⇒ロスカットという王道のコースがあります。
こういった失敗経験を活かしつつ、「今から10万円でFXをスタートするとしたらどうやってトレードするか?」「どういった点に注意して取引をするか?」を書いていきたいと思います。

「FXで稼ぎたい!」「FXを始めたい!」といっても、ひとそれぞれ環境は違います。
一言で「稼ぎたい!」と言っても、どういうスタイルの手法でやっていくのか考える必要がある訳です。

ですので、それぞれにあったトレード戦略を考えていきます。

1ヶ月1万円、1年後に12万円稼ぐ目標のFXトレード戦略

「目標金額を考えよう」と言いつつも、10万円の軍資金を1年後に22万円にするケースを考えて行きましょう。
1年間で2倍ちょっとになる計算ですね。

「物足りないなぁ・・・・」と感じますか?
それとも、「十分すぎるでしょ!!」と感じますか?

投資初心者の方で、元手10万円の資金でスタートして、「月2~3万は稼ぎたいなー!」と考える方がいますが、それって、”月利”20%、30%水準になります。
リアルに実現出来たら相当スゴイ話なんですよ。

ただ、実際には、”そもそもFXで勝てている人自体少数派”です。
つまり、プラスに出来るだけで凄い事ですし、投資センスがある訳です。

先ほどの例よりも、更にハードルを低くして、1年後に2倍にするって事を考えても、実現出来ている人は少ないですよ。

「あれ?FXって稼げるって聞いて興味持ったんだけどな~・・・なんかイメージと違うかも」と思いましたか?

僕はそれくらいの”テンション”がちょうど良いと思ってます。
「適度に冷静さを持ちつつ」進めていきましょう。

これからギャンブルをするのではなく、投資をするんだって気持ちをしっかり持つことは大切ですよ。

FXで勝っている人はわずか20%!?

FXで勝っている人というのは、アベノミクス相場みたいな黙っているだけで円安に進むといったラッキー相場(分かりやすい=全体的に勝てる人が増加する相場)が来ない限り、20%程度と言われています。
株などを含めた投資自体でも2:8の法則で20%程度の人が全体の利益を持っていくと聞きます。

この時点で20%が対象となるでしょう。
そして、そのうち、勝っているけど年間で2倍以上にしている人といった割合だともっと少ないですよね。

凄腕トレーダーも、年間で2倍にするようなトレードはしていない

また、凄い金額を何年も勝っているトレーダーの人は、元手となる軍資金・運用資金が毎年増えていく・多いので、年間2倍に増やす程のリスクを取らなくなってきます。(取れなくなってくる)
運用資金が10万円なら2倍にしても20万円ですが、1000万円あれば1.5倍でも1500万円と500万円の利益になりますからね。
1億が元手なら1.1倍でも1000万です。

1.1倍は競馬で言ったら、”ディープインパクト”級ですね。
もちろんディープインパクトでも負ける事はあるけれど、それくらい固い投資をしても、元手資金が多ければ”利益額”は大きく取れるって訳です。

これが「投資するならお金がある方が有利だよー」って言われる理由の1つです。

軍資金が増えれば増える程、リスクを少なくして安定した運用に移行する人が増えると感じています。
年間で2倍の利益を狙うよりも、1.5倍・・・1.3倍・・・といった小さいリターンでの利益を狙う方がリスクが少ない投資方法になりますから。

それで十分な利益”額”が稼げるのであれば、もう必要以上にハイリスクな投資をしなくても良いですよね。
(中には病的な程いつまでもハイリスクな投資を続ける方はいます。もはやゲーム感覚なはず(笑)。ただ、半年とかの短期間で資産10倍とかにする人はそんな勢いはあります)

ですので、もし「月2~3万副収入が欲しいな」という方で、10万といわずに”100万円用意出来る”って方は、”100万円で、よりリスクの少ないレバレッジ水準で”FXをやる事をおすすめします。
月3万円稼ぐのに、元手10万よりも、100万あった方がやりやすいです。

で・す・が!!

FXを始めた頃の僕と同じように、今問題なのは、「出せるお金はとりあえず10万だ!それでFXで稼ぎたいんだ!どうすれば良いのか?」って話ですよね?(笑)

10万円でFXを始めるイメージはこんな感じ

僕の基本的な考え方・おすすめ戦略、方法としては、こんなイメージです。

1.10万円の元手資金にて、1ヶ月1万円の利益目標でFXを始める
2.給料やバイト代の中から、毎月1万円でも2万円でも良いから貯金しておく(まだFX口座には追加入金しない※ここ大切)
3.1ヶ月1万円(軍資金の10%)勝てるようになったら、貯金しておいたお金を追加入金して、軍資金を15万、20万・・・・と増やしていく。
⇒同じ10%の勝ちでも月1万5千、2万円と利益額が増えていく(お金持ちのローリスクな運用と同様の考え方)

声を大にして言いたい事はこれです。

「1ヶ月に元手資金の2倍を目指すような超リスキーな投資運用をするのではなく、元手資金を増やす(追加入金する)事で、同じ10%でも利益額を大きくしていく方法が良い」と思ってます。

10万円はどのFX口座に入金するべき?10社比較しておすすめ2社に絞ったよ!
「よっしゃ!FX始めてみるぞーーー!!」「まぁ、試しに10万円だけFXやってみるかな~」などなどFXを始める時のテンションは人それぞれ温度差...

1ヶ月に1万円稼ぐプラン例

次は、1ヶ月に1万円利益を出す方法について考えていきましょう。
出来そうでなかなか難しいのが1ヶ月1万円利益を出すプラン」って訳です。

月1万円稼ぐと考えると、10万円の元手で1万通貨で1円(100pips)抜けばそれで1ヶ月の目標(ノルマ)を達成です。
ではどうすれば100pips抜けるのか?を考えて行きましょう。

1万通貨×100pips抜いて達成する

上手く行けばこれが一番手軽です。
1回の取引でクリア出来てしまいます。笑

例えば、米ドル円を105円で1万通貨買って、106円で売って決済すればそれで1万円の利益が得られて、月間の目標クリアとなります。

リアルな取引としては下記のような感じで、上手く行けばデイトレードで(その日に)1万円の利益を達成する事が可能です。
※実際にトレードしている状況を解説しています

米ドル円の新規取引と決済取引をデイトレードで体験してみよう!
為替レートの見方が分かったところで、実際に取引を開始してみましょう。 体験してしまった方が感覚として理解出来るので、覚えが早いと思いますよ...

米ドル円はスプレッドが狭い通貨ペアであり、低コストに取引出来る通貨ペアでもあるので、初心者の方でもやりやすいです。(何より有名ですし色々情報が手に入りやすい!)
※反対にスプレッドが広いポンド円等は敬遠した方が良いかなと思います。FXは通貨ペアによってスプレッドの広さが異なります

ただ、考えなければならないのが含み損を抱えた場合です。

買った地点からそのまま上昇していけば何も心配はいりませんが、相場というのは、上下に揺さぶりをかけられながら結局は上昇だったり、下落だったりします。
小さい上下の相場が複数連なって、大きな上下の相場が作られていくイメージです。

「いつ購入するのか?」というタイミングが非常に重要になります。

FXのチャートを見ると分かるのですが、時間の長い順に、「月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足」といった形で用意されています。
そして、例えば、日足(ひあし)1本の中には、1時間足24本分が濃縮されています。
同様に1時間足1本の中には、5分足なら12本、15分足なら4本分濃縮されています。

このように大きな時間足1つが作られる中には、複数の時間足の動きがある訳です。

つまり、買ってから含み損を経験しないでずっと利益が出た状態の可能性は非常に少ない(ほぼない)です。
※含み損=損している状態(決済はしておらず、持っているポジションがマイナスの状態)

また、買った場所が悪ければ、10万円の元手が9万円、8万円・・・・5万円・・とどんどん減っていってしまう可能性もあります。

ですので、1回のトレードで上手く行けばそれで良いですが、もし含み損を抱えてしまった場合は、損切りする事も視野に、2勝1敗、3勝1敗で100pips利益を出すと考えた方が良いと思います。
※損切りとは、大損しないようにある程度のラインで損失を確定させる事です。通常は逆指値注文を入れておきます。

2万通貨×50pips抜いて達成する

これは先ほどより注文量を増やしているハイリスク・ハイリターンのトレード方法です。
レバレッジ制限25倍ギリギリの水準です。
元手10万円だとレバレッジをほぼ全力で勝負する事になるので、チャンスを待つことを強く意識しましょう。

・相場が一つの方向に強く出た時に勝負
・米ドル円か豪ドル円、NZドル円などの最低必要証拠金が高くない通貨ペアを選択
自動ロスカット水準が厳しい業者は避ける(50%、20%など業者間で違いがあります)

下記の記事では、3週間程度で10万円スタート⇒15万円まで増やす事に成功しました。
※いわゆるスイングトレードという手法をメインに、デイトレードもミックスして取引しています。

ただ、発注数量が2万通貨で取引している時よりも(利益は約15000円程度)、1万通貨で取引している時の方(利益は約4万円)が儲かってたりします。
大きなリスクを取ったとしても、負ける割合が多ければ資金はあまり効率的には増えません。
この辺は試行錯誤しながら自分のスタイルを身に着けていった方が良いです。
(1つ言える事は、1ヶ月1万円の利益では物足りない!って人は、1ヶ月5万円目指す!とかレバレッジの調整、リスクの取り方次第で目標額を大きく変えられるのもFXの良さです)

FX取引はデイトレーダーとかスイングトレーダーとか1つに絞る必要はない!(スイッチ大事!)
先日から書き始めたスイングトレードブログですが、買ったり売ったりする度にちょっとずつ更新をしていたのですが、4回くらいで止まりました・・・・...

5000通貨×200pips抜いて達成する

こちらは発注量を押さえて、もう少しのんびり勝負しましょうという方法です。

5,000通貨に抑える事で、損失をした場合のリスクを減らしつつ、目標額の達成を目指すプランです。
10万円で5000通貨ならレバレッジ水準としては5倍前後(為替レートによって変動)なので、ローリスクと言えます。

「レバレッジをどのくらい使おうか?」と迷っている方は下記記事を参考にイメージを膨らませて下さい!

FXのレバレッジ1倍から10倍超まで、設定・かけ方別の違いを比較したよ!
「FXのレバレッジってどのくらいで使えば良いのかわからねーよ!!」という方向けの記事です(笑) FX初心者予備校にも何度か登場してる友...

当然、保有ポジション量が少なくなるので、その分利幅(例:105円⇒107円)は多く取らないといけませんよ。

メリットとしては、すぐにロスカットされる可能性が減り、急激な為替変動にも耐えられるという点です。
また、精神的にも余裕を持って、日々の生活を送れるという事にもつながります。

FX業者によっては、1万通貨以上でしか注文を受付していない所もあるので、5000通貨で発注したい場合は、1000通貨単位のFX口座を選択するようにしましょう。

FXを1000通貨で始めるメリットとデメリット【まとめ】
「FXの入門者なら1000通貨で始めると良いよ~」とアドバイスを頂くことってあると思います。 僕も「5万円以下でFXを始めたい人」には10...

少額資金で始めて、1日1万円を稼ぐ事は可能か?

リスクを考慮してFX取引をするならば、10万円の元手資金が1ヶ月後に11万円になっているペースで十分です。
十分どころか、このペースは月利10%ですから、相当上手にトレードが出来ています。

しかし、「とは言うものの、少額資金から大きく稼ぎたい、俺にはそれしかないんだ!」って人もいますよね。

また、実際に為替チャートを見ていると、他通貨ペアと比べると、比較的安定していると言われるドル円相場でさえ、1日1円程度の値幅はあります。
つまり、1万通貨でこの1円の値幅を取ることが出来れば、1日1万円の利益を手に出来ます。

「そんなトレードが実際に可能なの?」というリアルなトレードブログも書いていますので、こちらも是非ご覧ください。
(ご覧頂く頃に儲かっているか?損しているか?どっちでしょうね笑)

FXのデイトレードで1日1万円の利益を狙うブログを書き始めたよ【取引日記】
FXのデイトレードを始める際に、1つの分かりやすい目標に「1日1万円の利益を出す」という考え方があるので、それを実践してみようかなと! 上...

1ヶ月で5万円は稼げた【リアルトレード】

上のデイトレブログの1ヶ月運用後です。
ある程度利益が積み上がった後に、その利益までなら負けても良いやって思いでポジション数量増やして強気に攻めていきました。

デイトレ頑張ったらとりあえず月5万円は稼げた!【1ヶ月で】
この間から始めた10万円スタートのデイトレブログですが、ちょうど1ヶ月経った所なので振り返りの記事を書こうと思います。 一応前回の記事...

1ヶ月半で10万円も稼げた【リアルトレード】

更に上のデイトレブログの続きです。
初心者の方にはおすすめしませんが、「ちょびちょびやってらんねーよ!」って方はこういうアグレッシブなやり方もあったりします。
また、FX会社のよくある取引量キャンペーンについても達成可能なのか?分析しながら書いています。

FX会社のキャッシュバックキャンペーンはどれくらいデイトレする必要があるの?【売買実績を見る】
デイトレード連載ブログも3回目に突入しましたが、今回はデイトレの取引成績結果に加えて、過去の取引量を振り返りながら、「現実的にキャッシュバッ...

トレード方法別によるポジション保有期間の違い

FXでの運用方法は人それぞれ様々ですが、保有期間の短いor長いによって、大きく4種類に分ける事が出来ます。

スキャルピング(数秒~数分)、デイトレード(数分~数時間)、スイングトレード(数日~数週間)、長期投資(数ヶ月)です。

デイトレードで1ヶ月1万円を目指す方法

恐らくFXに興味を持った方が1番耳にした事のあるトレード方法が「デイトレード」だと思います。
これは、1日の中で何回もトレードする短期投資手法です。

例えば、今買って、3時間後には決済しているといったイメージですね。

何度も取引を繰り返すので、ずっと連勝とは行きません。
2勝1敗ペースの勝率66%で行けたらかなり優秀です。
損切りラインをどのくらいの広さに設定するかという問題はありますが、トレードをしていく中で自分の勝率が分かってくるので、勝率と獲得pipsのバランスを調整して考えるようにしましょう。

米ドル円の新規取引と決済取引をデイトレードで体験してみよう!
為替レートの見方が分かったところで、実際に取引を開始してみましょう。 体験してしまった方が感覚として理解出来るので、覚えが早いと思いますよ...

また、1勝1敗で勝率は50%でも、勝ちトレードが平均30pips、負けトレードが平均-20pipsといった感じならOKなので、勝率を追い求めるか?平均獲得pipsを伸ばすか?トレードをしていく中で自分スタイルのトレード手法を決めると良いです。
参考:1銭・1pips動いたらいくら儲かる?

FXは月曜日から金曜日の深夜(土曜日早朝)まで相場が動いていますので、大体1ヶ月に土日を除いた20日程度がトレードチャンスになります。

iPhoneやAndroidなどでトレードしたい人は、アプリが使いやすいFX業者という意味でGMOクリック証券を僕は推したいです。

スキャルピングで1ヶ月1万円獲得を目指す方法

スキャルピングとは、デイトレードよりももっと速く短期的なトレードを繰り返す方法です。
場合によっては、数秒で新規注文⇒決済注文が完結する場合もあります。

FXの場合、1円の値幅は100pips、1銭の値幅は1pipsと表現されますが、3,4pipsの値幅を狙うトレードを繰り返します。

その分、取引コスト(スプレッド手数料)が重む点がネックとなりますが、レンジ相場で一定の値幅内で上下している時などは、ただ保有しているだけよりもこうしたスキャルピングトレードを繰り返した方がより多くの利益を獲得出来ます。

利益確定目標を30pipsにしていて、15pipsあたりまで含み益が増えたのに、再度プラマイゼロや含み損の水準まで落ちてしまった・・・というケースもよくある事ですからね。

また、節目であるレンジブレイクしたタイミングなども、例えダマシ(ヒゲ)だとして、スキャルピングで数pipsなら狙えるので、自分の形になるのを待ってトレードするようにしましょう。

スキャルピングをやる場合におすすめなFX会社!
デイトレード以上に短い時間で売買するスキャルピングにおすすめのFX会社をピックアップしました。 当然こだわりたいスプレッドの狭さをはじ...

スイングトレードで1ヶ月1万円を目指す方法

スイングトレードはデイトレやスキャルピングなどのFX手法と比較すると、より長いスパンで1回のトレードを考えます。
数日~数週間ずっとポジションは保有したままのイメージです。

為替相場は一度勢いがつくと1週間で3円、4円動く事もあるので、そういった相場の大きな流れを狙いに行くトレード方法になります。

チャートの分析では、5分足などの短い時間足ではなく、日足など比較的長い時間足を見て大きな流れを判断すると良いです。

数日~数週間単位で保有する事になるので、損切りラインは広く、また、取引単位は1000通貨がおすすめです。

10万円で1万通貨でスイングトレードは出来ますが、ただ、週単位の値動きを見ることになるので、損切りラインも必然的に広くなります。
ですので、その際は発注量を1万通貨から5000通貨に減らして200pips取るようにしたり、発注量の調整をする事がリスクも頭に入れた上での賢いトレード方法になります。

スイングトレード向きFX会社のベストはココだ!【独断と偏見で選んだ!】
スイングトレードを主体にFX取引をする場合は、コストはもちろんですが、チャート(ツール)の使いやすさにはこだわった方が良いですよ。 特にス...

また、損失許容額の考え方次第ですが、「1ヶ月に3万円利益を出す!」などアグレッシブに攻める運用をするのもありです。
スイングトレードで上手にトレンドに乗れる時は当然に大きく利幅を取れるので、結果として「1ヶ月に数回のトレードで3万円儲かった」というケースもありえます。

スイングトレードで1ヶ月3万円の利益目標でブログ書く【10万円から】
FXを始めたばかりのサラリーマンや主婦の方にも馴染みやすいトレード手法の1つがスイングトレードです。 トレーダーというと、たくさんのモ...

長期的な投資スタイルで1ヶ月1万円を目指す方法

一度ポジションを取ったら、しばらくは決済せずにずっと持ったままでいる投資スタイルです。
過去の為替相場を見てもFXの長期投資は忍耐強さが求められます。

例えばですが、今日買って、5ヶ月持ち続けて5万円利益を出すといったイメージですね。

外貨預金の代わりにFXを試したい」「普段仕事であまり相場を見ることが出来ない」「FXをやりたいが、あまり私生活に影響を及ぼすようなトレードはしたくない」といった方はこの低レバレッジでの長期保有が向いています。

また、長期的に見たら現在の為替レートの水準は円高過ぎる、円安過ぎると思える時に良いです。
ここから2~3円の更なる上昇、下落はあるにしても、長い目で見たら間違いなくこっちの方向に行くだろうと思える時ですね。

この長期保有のネックと言えば、買ったことすら忘れてしまっている状態なら非常に楽ではあるのですが、FXの取引を始めると感じると思いますが、やはりポジションが気になってしまい、決済せずにずっと持っておくというのはなかなか大変です。
(FX始めた!っていうワクワク感もありますし(笑))

長期保有の場合は、「塩漬け」といって含み損を抱えた状態のままずっと保有している事になる可能性がある事も注意点です。

長いスパンでのトレードになるため、利確幅も損切り幅も広めに取ることになりますが、その分、損切りをした時の金額も大きくなり、いざ損切りする場面に来たら決済注文を取り消してしまうケースもありえます。
「ここまで下がったら上がるのではないか?」といった思いが、捨てきれない状態です。

10万円はどのFX口座に入金するべき?10社比較しておすすめ2社に絞ったよ!
「よっしゃ!FX始めてみるぞーーー!!」「まぁ、試しに10万円だけFXやってみるかな~」などなどFXを始める時のテンションは人それぞれ温度差...

スワップポイントは基本的にメリットだが、場合によってはデメリットにも

また、FXではスワップポイントといって、金利を受け取る事が出来ますが、これがメリットにもデメリットにもなりえるのが長期保有のケースです。

例えば、豪ドル/円などの高金利通貨/低金利通貨ペアを購入するならば、金利差がプラスになるので、日々スワップポイントが貰えます。
反対に豪ドル/円を売り(ショート)から入った場合には、マイナススワップになってしまい、日々スワップポイントを支払う必要があります。

短期トレードでは気にならなかったスワップポイントが、長期運用ではジワジワと効いてくるので、必ず「その通貨ペアのスワップポイントはプラスなのかマイナスなのか?」「1日あたりどの程度なのか?」は確認するようにしておきましょう。

高金利通貨ペアのスワップポイントが高いおすすめのFX会社!【随時更新】
FXでは為替差益とスワップポイントの2つの稼ぎ方がありますが、スワップポイントで不労所得を目指すなら高金利通貨ペアを選びたい所です。 相手...

とりあえず覚えておくと良いのは、「日本は相変わらず低金利なので、豪ドル円やニュージーランド円」あたりを買っておけばスワップポイントは受け取る側になれるって事です。

スワップ運用をやるなら基本低レバレッジ推奨だがこんな手法もある

スワップポイント期待の手法ならば、レバレッジは2~3倍でやるのが基本と言われています。
年単位の長期的な付き合いになる為、スワップポイントの受取だけでなく、”為替差損”も考慮しないといけないからです。

ただし、最安値に分かりやすいヒゲがあったりした場合には、そこをストップの基準にしてレバレッジを高めに設定、勝負をかけても面白い方法だと思ってます。
追証やロスカットと背中合わせの手法ではありますが、リスクとリターンを考えた場合には、ありかなと。
この手法は、一度買ったらあとは放置プレイなので、FX初心者にもやりやすいトレードスタイルです。
超高金利通貨ペアは、トルコリラ円や南アフリカランド円などマイナーなものになるので、その”よく分からない不安”という点がネックにはなりますよね。

トルコリラ円のスワップ運用(ハイレバレッジ)を検証&実践するよ!
FXのスワップ運用をしている一部のトレーダーに人気の通貨ペアであるトルコリラ円ですが、FX関連のブログを見ていても、投資手法・方針として少数...

2ヶ月目、3ヶ月目と運用資金が増えてきてもポジション量は変えずに!

「軍資金10万円を1ヶ月1万円稼いで、1年後には22万円にする」という目標を持ってトレードを開始し、数ヶ月経ってお金が増えている時の事を想像してみてください。

10万円・・・11万円・・・・12万円・・・・15万円・・・・20万円・・・・。

最初の10万円の時には最大25倍のレバレッジでも2万通貨が限度でした。
しかし、米ドル円なら1万通貨あたり5万円前後で保有できるので、15万円になった時には3万通貨を、20万円になった時には4万通貨の発注が出せるようになります。

しかし、ここで発注量を増やすことはオススメしません。

なぜなら、「負けた時の事を考えると、今までコツコツ積み上げた事が台無しになるから」です。

1万通貨でトレードを繰り返し、20万円に増やしたとしましょう。
そこで、MAXの4万通貨でなくても、2万通貨で発注したらどうなるでしょうか??

こんなパーフェクトな事はほぼあり得ませんが、1万通貨×100pips×10回のトレードで20万円に増えたとしても、2万通貨×100pips×5回のトレードで再び10万円に逆戻りしてしまいます。

つまり、10連勝して増やしたのに、たったの5連敗で元に戻ってしまう事になります。

ですので、もう少し資金量が増えるまではポジション量は抑えてのトレードがおすすめです。
1ヶ月に1万円稼ぐという目標ならば1万通貨で十分なのです。

もし2万通貨、3万通貨とポジション量を増やす時があるとすれば、それは1ヶ月に1万円という目標が変わった時です。
1ヶ月に10万円稼ぐ!という目標に変わった時には、1万通貨だとクリア出来ないレベルになってくるので、その時は発注量を増やすようにした方が良いです。

FXを初めてやるならまずは少ないポジションでスタート!

「FXを始めよう!」と思った時に大切な事は少ないポジション量でまずはトレードをしてみることです。

10万円なら1000通貨単位のFX業者で始めるのが無難です。
外為どっとコムYJFXFXプライムbyGMO外為ジャパンあたりが1000通貨対応のFX業者になります。

その中でもおすすめは外為どっとコムです。
(その理由は下記記事をご覧ください!)

10万円はどのFX口座に入金するべき?10社比較しておすすめ2社に絞ったよ!
「よっしゃ!FX始めてみるぞーーー!!」「まぁ、試しに10万円だけFXやってみるかな~」などなどFXを始める時のテンションは人それぞれ温度差...

1万通貨なら1円相場が動いたら1万円の損益です。
1000通貨なら1円動いたら1000円の損益が発生します。

また、1000通貨単位ならば3000通貨や5000通貨という細かな数量でも発注が可能ですので、マネーマネジメントもやりやすいです。

ちょっと物足りないな・・・くらいの数量に抑えておく事で、「FXを開始したは良いがすぐにお金がなくなってしまった・・・」というあるあるな事態に陥るリスクは少なくなり、長期的な目標金額の達成へ向けて、FXのトレード経験・スキルを磨く事が出来ますよ。

ある程度レバレッジは高くなっても良いならば、1万通貨単位のFX業者でGMOクリック証券がおすすめです。
(10万円で米ドル円を1万通貨購入するとだいたいレバレッジは10倍超になります)

まずは1ヶ月に1万円を稼ぐ!という目標のもとFXを始めてみて下さい。

FX口座の開設はインターネットから5分程度で申込が完了し、大体2~3日の審査期間を持って、速達でIDとPASSがお手元に届きます。
下記記事も参考にどうぞ!

FX(外国為替証拠金取引)の始め方についてじっくり書いてみた!
FXを元手5万円で始めようとした友人の話を書いている時にも感じたのですが、漠然と「FX始めようかな~」と思っている人は意外と多いのかなと思い...