高金利通貨ペアのスワップポイントが高いおすすめのFX会社!【随時更新】

FXでは為替差益とスワップポイントの2つの稼ぎ方がありますが、スワップポイントで不労所得を目指すなら高金利通貨ペアを選びたい所です。
相手通貨は”超低金利”で皆さんご存知の”日本円”がおすすめです。

高金利通貨×日本円の組み合わせが2つの通貨ペアの金利差額であるスワップポイントをたくさん受け取る最善策と言えます。

まずは下記の政策金利の比較表をご覧下さい。
日本の金利ってやはり断トツに低いですよね。

日本米国イギリスオーストラリアニュージーランド南アフリカメキシコトルコ
0.10%2.50%0.75%1.50%1.75%6.75%8.25%24.00%
※政策金利は2019年2月時点

「え、政策金利24%って・・・」
驚きますよね。

取り扱いのあるFX会社は絞られますが、トルコリラ円も高金利通貨ペアとして一部の人達に人気があります。
インフレ懸念や国内情勢など不安材料も盛り沢山ですが、スワップ派の人にとってはやっぱり気になる通貨ペアです。

右肩下がりの下降トレンドが続き、2018年は底抜けの暴落相場となりましたが、その後2019年前半にかけて安値の更新はしていません。
どこで反転するか?ある程度の含み損は許容しながら投資出来るのか?などなど、条件が合うならトルコリラ円でのスワップ運用生活をスタートさせて良いかもしれません!

「新興国通貨は避けたい」「リスクを抑えたスワップ運用をしたい」という方なら、米ドル円が無難な選択です。
現在ではオーストラリアやニュージーランドよりもアメリカの金利は高く、2.50%となっています。
(ただし、1ドル110円前後の為替水準で買い進めた場合、円高相場が来た時の怖さはあります。数年前に1ドル80円割れがありました)

また、国・通貨としての安定性も比較的高い豪ドル円・NZドル円を中心に考えるのもありだと思います。
現在の豪ドルの政策金利が1.50%であり、NZドルが1.75%なので、レバレッジを2倍程度にするだけで、日本円とは比べ物にならない高いスワップポイント(金利差調整分)が期待出来る投資になりますからね。
(日本円の政策金利は0.10%なので、ほぼ上記の%に値するスワップポイントが受け取れる計算になります。FX業者によって差が出ます)

おすすめFX業者のチョイスは、スワップポイント100%のみで決めている訳ではなく、スワップポイントを最重要視(凄く重視!)した上で、その他のFX会社としてのスペックも考慮した上でおすすめを決めてます!(スワップ以外全部ダメ・・・では困りますから!)
※スワップポイント>>>>>>スプレッドやチャートツール等その他指標
※といっても、スワップ派のベストはあの業者しかないです

では、おすすめFX口座を見ていきましょう!

豪ドル、NZドル、ランド円、トルコリラ円。スワップポイントが高いFX会社は?

みんなのFX【南アフリカランド円とメキシコペソ円】

radar-minnanofx

minfx_300x250

みんなのFXのスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
80円51円30円150円120円150円1000通貨可能
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.4銭0.9銭→0.8銭
※2019/10/31まで
0.6銭1.0銭0.3pips
※スプレッドはAM8時~翌AM5時まで全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

みんなのFXは高いスワップポイントを安定的に提供してくれているFX業者です。
2018年くらいからスワップ派の囲い込みを狙っているのかな?というくらいに、高金利通貨ペアで業界トップクラスのスワップポイントを提供してくれています。
定期的にFX各社のスワップポイントを比較してみても、毎回のように上位や最上位にいますよ。

ちなみに、発注&チャートツールは、PC用の進化した「FX TRADER2」を始め、iPhone・Android専用アプリもサクサク軽快に操作が出来ますよ。

情報面についても、FX業界の人気講師によるオンラインセミナーを開催していたりと可もなく不可もなくな感じなので、スワップ運用をするなら「ここを選んでおけばまずは大丈夫!」というFX会社=みんなのFXだと思っています。
おすすめです!

公式サイトを見てみる

LIGHTFX【米ドル円とトルコリラ円】

radar-minnanofx

LIGHTFXのスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
80円51円30円150円120円150円1000通貨可能
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.4銭0.9銭→0.8銭
※2019/10/31まで
0.6銭1.0銭0.3pips
※スプレッドはAM8時~翌AM5時まで全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

LIGHTFXはトルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円の高金利通貨ペア3種類のスワップポイントが高いFX会社です。
最近では、米ドル円のスワップポイントも高く設定されているように感じます。
スワップ運用を考えている長期投資派におすすめです。

そして、LIGHTFXは2018年からサービスを開始していますが、実はみんなのFX(トレイダーズ証券)と運営会社が一緒で、現在のスペックはほぼ一緒です。
(スワップポイントも現状同じ。高い!)

例えば、トルコリラ円とメキシコペソ円を1社毎に(LIGHTFXとみんなのFXに)綺麗に分けて運用する使い方も出来たりします。
アプリの操作性は同じなので、こういうやり方でスワップ運用していくのも1つの手ですね。
(ちなみにスプレッドも狭いFX業者なのでスキャルピングやデイトレにもオススメできます)

公式サイトを見てみる

GMOクリック証券【NZドル円&超人気業社】

radar-gmo

banner-click300250

GMOクリック証券のスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
72円33円41円100円89円-1万通貨可能
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

NZドル円でのスワップ運用を検討中であれば、GMOクリック証券を使うのがおすすめです。
基本的にはアプリの使いやすさからデイトレードに向いているFX会社ですが、NZドル円など通貨ペアによっては比較的スワップポイントが高く設定されています。
(スワップポイントのみの引出しも可能なFX会社です!)

ちょっと前まではトルコリラ円のスワップポイントが良かったのですが、現在ではみんなのFXなどの競合他社よりも大分低い水準になっているので、新興国通貨でのスワップ運用なら他社を使った方が無難です。

7年連続取引高世界1位※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)の実績がGMOクリック証券のFX会社としての支持を現していますので、総合的に考えると本当に”使える””安定して長く付き合える”業者だとは言えます。
直近のスワップポイントの比較で考えると、他社の方が良いなって感じです。

公式サイトを見てみる

ヒロセ通商【豪ドル円&NZドル円】

radar-sbifx

banner_hirose300250

ヒロセ通商のスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
20円50円43円150円122円180円1000通貨
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.0銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年3月13日現在

ヒロセ通商は僕的にはあまりおすすめはしないFX会社です。
一見するとスワップポイントが高く見えるのですが・・・

例えば、トルコリラ円のスワップポイント。
1日単位で見ると、「122円」「121円」なんていう数字が並んでいて、トップクラスに思えるのですが、スワップ3倍デーの日がやけに低いんですよね。
結果、スワップ3倍dayを含めた1週間単位で見ると、ヒロセ通商よりもみんなのFXやLIGHTFXの方が高く、順位が逆転します。

FX会社名3月11日3月12日3月13日(水)3月14日(木)3月15日週間合計
GMOクリック証券85円87円273円87円89円621円
みんなのFX120円120円360円120円120円840円
LIGHTFX120円120円360円120円120円840円
FXプライムbyGMO80円80円80円240円80円560円
ヒロセ通商97円121円243円121円122円704円
※スワップポイントは1万通貨あたり。2019年3月11日(月)〜15日(金)
※水~木曜日のスワップ3倍dayで大きな差が出来る事がわかる。

ここら辺が改善されれば良い会社なのですが・・・・

NZドル円や豪ドル円のスワップ運用に使う分には良いFX会社だと言えます。

公式サイトを見てみる

FXプライムbyGMO【少額資金×南アフリカランド円】

radar-fxprime

banner_fxprime300250_try

FXプライムbyGMOのスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
70円25円20円150円80円120円1000通貨
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.6銭0.9銭1.8銭1.3銭2.0銭0.6pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

FXプライムbyGMOは、”少額資金から”南アフリカランド円のスワップ運用を始めたい方におすすめなFX会社です。
1000通貨単位から投資出来るからです。
南アフリカランド円のスワップ運用をするならばFXプライムbyGMOはみんなのFXに次ぐナイスな選択だと思います。

ですので、トルコリラ円への投資を考えていて、「GMOクリック証券はデイトレで使っているのでスワップ運用専門にFX会社を切り分けたい」という方は、ここでトルコリラ円を買うと良いです。

FXプライムbyGMOは、投資ツールが充実していたり、バイナリーオプションがあったりと、様々な形で投資が出来るFX会社ですので、スワップ派の人も退屈せずに相場について色々考えながら投資が出来る業者になっています!

公式サイトを見てみる

YJFX!【豪ドル円&米ドル円】

radar-yjfx

yjfx_banner300250

YJFX!のスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
75円35円38円100円--1000通貨可能
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア午前9時~翌午前3時まで原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

YJFX!は先ほど出てきたツートップのみんなのFX、LIGHTFXを除けば、比較的スワップポイントが高い方に分類されます。
豪ドル円が強い傾向ですよ。

また、1000通貨単位に対応しているので、”少しずつ長期ポジションの買い増しが出来る”点も、YJFX!を使うメリットになります。

そして、長期保有のポジションを決済する事なく、日々コツコツ貯まったスワップポイント”のみ”を引き出す事が可能です。
これは結構スワップ派のFXトレーダーにとっては嬉しいポイントになります。
※こだわる人はこだわるポイント。ただ、実際に運用始めると、そんなに使わないです。(僕の場合は)

1000通貨から取引出来るので複利運用がしやすいFX口座と言えますよ!
スワップポイントが多少貯まれば、ポジションの追加をしていく事が出来ますからね。

トルコリラ円の取り扱いはありませんが、「豪ドル円でスワップ運用を考えている方」「スワップポイントが貯まったら引出したい方」におすすめのFX会社です!

公式サイトを見てみる

DMMFX【南アフリカランド円×ショート】

radar-dmmfx

banner-dmm300250

DMMFXのスワップポイント情報
米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円取引単位スワップポイントのみ出金
66円28円28円120円--1万通貨可能
スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2019年8月1日現在

DMMFXは高金利通貨ペアをショート(空売り)する際に使いたいFX会社です。
スワップポイントは、買いスワップと売りスワップがあり、一般的なFX会社だと、100円と110円といった形で、売りスワップが不利に設定されています。
しかし、DMMFXの場合、100円と100円といった形で、同額に設定されています。
つまり、高金利通貨の暴落を狙ってショートしたい場合には、非常に使えるFX会社です。
(持ち越しが怖くない!)

ちなみにスワップポイントのみを引出す事も可能です。

DMMFXはスプレッドがFX業界トップクラスに狭くて、運営会社のDMM.com証券はFX口座数国内第1位になったFX会社です。
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

ですので、「高金利通貨ペアをショートしたい人」or「スワップ運用とデイトレードの両方したい人」におすすめのFX会社です!

公式サイトを見てみる

主要FX会社10社のスワップポイント比較一覧

FX業者名米ドル円豪ドル円NZドル円南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円
GMOクリック証券72円33円41円100円89円-
DMMFX66円28円28円120円--
外為ジャパン66円28円28円120円--
外為どっとコム72円35円27円100円95円80円
YJFX!75円35円38円100円--
SBIFXトレード81円33円37円110円97円-
みんなのFX80円51円30円150円120円150円
LIGHTFX80円51円30円150円120円150円
FXプライムbyGMO70円25円20円150円80円120円
ヒロセ通商20円50円43円150円122円180円
セントラル短資FX41円30円27円80円85円150円
外為オンライン50円15円20円50円--
インヴァスト証券70円30円35円80円100円-
※スワップポイントは各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
「-」表示は取り扱いなし。
スワップポイントは2019年3月15日時点のデータ。
トルコリラ円のスワップ運用を再検討する!今おすすめのFX会社はここだった!
以前トランプ相場により瞬殺されたトルコリラ円のスワップ運用ですが、最近改めて投資するかどうか再検討しています。 30円割れから短期的に反発後の、ヨコヨコ(ちょっと下に押されてる)状態のトルコリラ円ですが、長期的には「下げ止まっ...
トルコリラ円のスワップポイントはGMOクリック証券が高いよ!って話。
最近スワップポイントが復活気味のトルコリラ円ですが、GMOクリック証券でも2017年から新たに取り扱いが始まりました。 2016年10月に同じGMOグループのFXプライムbyGMOでトルコリラ円がトレード出来るようになりましたが、本命とも...
タイトルとURLをコピーしました