シェアする

bitbank(ビットバンク)の口座開設手順を画像付で紹介!爆速だった!

現在でこそ僕もbitbank(ビットバンク)の口座を保有していますが、最初は興味さえ持ちませんでした。
一般的に名前が知られている仮想通貨の取引所=ビットフライヤーやZaif、コインチェックで口座開設をして、そっちを利用していました。

その後に、GMOコイン等を利用していた感じです。

ただ、実際に仮想通貨の取引に詳しくなってくると、「リップルを取引するならビットバンクがスプレッド狭いから1番有利!」というような情報が入ってきたり、自分でも各仮想通貨取引所の優劣がよく分かってきました。

結果、ビットバンクはとても使える(おすすめできるくらい使える)取引所という印象を持ちました。
※bitbank.ccは仮想通貨交換業の登録も完了している業者です

分かりやすい違い・メリットと言えば、リップル(XRP)やモナコイン(MONA)のトレードが、取引所形式で出来るので、他の販売所(ビットフライヤーなど)よりも断然取引手数料が安いです!
※取扱はBTC、XRP、ETH、LTC、MONA、BCH BCHとMONAはビットコイン建てもあり。

今回はそんなビットバンクの口座開設手順・流れについてご紹介します!
スマホから申込可能です!

トレード口座を作る為に、メールアドレスの登録をしよう!

まずはビットバンクの公式サイトへアクセスしましょう。

”口座開設”ボタンをタップして、最初にメールアドレスを登録する画面があるので入力すると、その登録したアドレスに1通認証用URL付きのメールが届きます。
そのURLをクリックして、ログインパスワードの設定をします。

※下記公式ホームページのトップ画面は僕が口座開設した時なので、もしかしたら今変わっているかもしれませんが安心して進めて下さい!

完了後、名前等の基本情報登録に進みます。

名前、生年月日、取引の目的等の入力

パスワード登録が完了後、自分の個人情報を入れていきます。
氏名、生年月日、住所、職業等です。

また、取引の目的(仮想通貨の売買など)も入力します。

ビットバンクの登録画面は本当に簡単にテンポよく入力出来るので、凄い早く進めると思います!
※キャプチャ取りながらでも、ここまで3分で出来ました

⇒ビットバンクの口座開設はこちら!【公式】

本人確認書類のアップロード

名前等の入力が全て完了したら、次は本人確認書類の提出をします。
運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード等の顔写真付きの証明書がベストです。
※顔写真がない証明書だと、2つの書類を合わせて提出する形です
※本人確認書類の表面と裏面両方アップします

書類をスマホで写真にとって、ビットバンクへアップロードすればOKです。
※仮想通貨取引所を複数口座開設する予定がある場合、本人確認書類の写真はそのままスマホの写真フォルダに取っておくと便利です

セキュリティ画面から二段階認証の設定を!【携帯電話でのSMS認証も!】

マイページから、セキュリティの項目を選択すると、二段階認証とSMS認証の設定が”未設定”になっているのが分かります。
仮想通貨の取引をするには必須とも言えるセキュリティ対策なので、忘れずにすぐに対応しておきましょう!

簡易書留のハガキが届いたのが早い!3日程度で完了!

ビットバンクは、「審査早いな~!」と感じたのですが、ハガキが届くまでもスピーディーでした。
僕がビットバンクの口座申込をした時は、仮想通貨取引所に口座を持ちたい!という人が大量に流れ込んだタイミングだったのですが、それでもあまり待たずに開設完了しましたよ!

他の仮想通貨取引所よりも数日早く届いてます!
これは出来るだけ早めにトレードしたい時には非常に助かりますよね!

ハガキの中に暗証番号が書かれているので、有効化しよう!

ビットバンクのマイページにログインして、届いたハガキに書いてある暗証番号を入力すれば、一連の登録手続きが全て完了です!
入金すればいつでも取引する事が可能になりますよ!

ちなみに・・・
僕はハガキが届いてからバタバタしていて、ちょっと時間が経ってから(翌日あたりに)取引しようとしたのですが、いつの間にかに”本人確認完了のメール”が届いて、結局ハガキに書いてある暗証番号は使わずに手続きが全て完了しました。
「あ、こういうケースもあるんだな~」と思いましたよ!

全通貨ペア取引手数料無料キャンペーン中!

※2017年10月16日~2018年3月31日まで

ビットバンクでは現在お得なキャンペーンを開催中です!

はっきりとしたコールドウォレット対応の発表あり!心強い!

2018年1月に起こったコインチェックの仮想通貨(ネム)約500億円盗難騒動を受けて、ビットバンクでは迅速に情報開示をしていました。

具体的には、預かり資産である各仮想通貨毎のコールドウォレットorホットウォレット、マルチシグの対応状況です。
ここまでハッキリと、そして早く対応してくれた取引所はないように思ったので、非常に好印象でした!
※”仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について”
※”ホットウォレットの顧客資産の割合について”

「弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用」とハッキリ書いてくれていたのはとても心強かったです。
コインチェック事件では公式ホームページ上でコールドウォレットと書いてあっても実際には違う状況でしたので、こうやって改めて明確にリリースを出してくれると信頼を置ける取引所だな!と感じます。

セキュリティ対策万全&手数料安い、そしてリップルやモナコインが取引所形式で売買出来る!というポイントを押さえているので、本当に使える取引所ですよー!

⇒ビットバンクの口座開設はこちら!【公式】

⇒アルトコインのレバレッジ取引はDMM Bitcoin【公式】
⇒レバレッジ最大5倍のGMOコイン【公式サイト】
⇒【Binance】”草コイン”買うならバイナンス【公式サイト】
⇒ビットコインやモナコインの信用取引ならZaif【公式サイト】

初めての仮想通貨売買はどの取引所を使うべきか?【おすすめを紹介!】
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大幅な値上がりニュースや逆に「今下がる?」というようなタイミングでの暴落のニュース等仮想通貨関連の話題を...