シェアする

人民元/円が取引出来るFX口座を比較!スワップポイントは高い?スプレッドはどう?

人民元/円を取引出来るFX会社がここ最近少しづつ増えて来ました。
実は人民元って高金利で、政策金利が4.35%もあります。
ですので、スワップポイントがたくさん貰えるのも人気が出てきた要因の1つだと思います。

また、長期的な人民元高が期待されていたりするので、人民元高になれば円安方向に行きやすい事もあり、よりスワップポイント狙いの長期的な運用がやりやすくなります。

リスクとしては、人民元の為替相場が市場原理がしっかり働いているとは言えず、中国政府の影響も大きくあるのが気になります。

そんな中国人民元については、まずは取引できるFX口座を知り、その上で、より有利な条件でトレード出来る業者を選びましょう。
スプレッド手数料やスワップポイントにて比較しました。

人民元の取引が出来るFX口座はどこ!?

人民元/円の比較表ワイジェイFXSBIFXトレード外為どっとコム
スプレッド3.0銭
※原則固定例外あり
2.58銭
※変動性
1.8銭
※原則固定例外あり
スワップポイント9円3円6円
売買手数料無料1通貨単位含め無料1000通貨単位含め無料
取引単位10000通貨単位1通貨単位1000通貨単位
※ スワップポイントは2017年9月12日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
※ワイジェイFXは通常1000通貨単位の業者ですが、人民元の取引については10000通貨単位になります。

上記は人民元の取引が可能なFX業者を比較して表にしました。
ワイジェイFX、SBIFXトレード、外為どっとコムの3社です。
GMOクリック証券DMMFXでは取扱いがないので、今後、人民元/円を扱ってくれる事を期待したいです!)

まずはスプレッドで人民元を比較!

人民元のスプレッドは最安値が外為どっとコムの2.0銭で、SBIFXトレードの2.58銭、ワイジェイFXの3.0銭と続きます。
もちろん安いに越した事はありませんが、この「各社のスプレッドの差をどう取るか?」はトレードスタイルによって変わってきます。

例えば、デイトレ-ドやスキャルピングなどの取引回数が多いスタイルでFXをやりたい方はコスト最優先で考えた方が良いです。
当然ではありますが、わずかなスプレッドの差もちりつもで1ヶ月経った後に振り返ってみたら結構な金額になっている事もあります。

外為どっとコムとワイジェイFXの1.0銭のスプレッドの差額でも、100回取引したとしたら、1銭×100で1円分(100pips)になります。
1万通貨で全て取引をしたとしても、1万円分の支払いコストです。

人民元でのデイトレやスキャルピングなら、スプレッドが一番安い外為どっとコムがベストな選択です。

スワップポイント目的のスイングトレードや長期投資なら取引回数はここまで多くなりません。
多少のポジションの調整(買い直し)をしたとしても、数回程度ですので、1銭のスプレッドを気にするより、スワップポイントの高さや使い勝手を気にした方が良いです。

人民元のスワップポイントが高いFXの口座はここ!

人民元のスワップポイントって結構ズレがある気がしてます。
政策金利通りじゃないというか、FX業者間でのズレが大きいというか・・・・。
ただ、先ほどの比較表を見て頂くと分かる通り、ワイジェイFX(YJFX!)の人民元のスワップポイントが圧倒的に高いです。
日によってズレがあるので、正直なんとも言えない部分もありますが、ただ、これだけの差が開いていると、「ワイジェイFXは人民元に強いFX業者だな」と感じます。
私的には「Cymo」というFXトレードアプリがあるので、ワイジェイFXは昔から結構好きでしたが、人民元のスワップポイントについては良い意味で意外でした。
おすすめできる業者ですよ。1000通貨から取引出来るのも良いです。

参考⇒ワイジェイFXの評判って良いの?

外為どっとコム×人民元は相性が良いと思う

人民元のスワップポイントでは、ワイジェイFXに負けてしまっている外為どっとコムですが、先ほど書いたように人民元のスプレッドは1番狭いです。
それも結構な差をつけて、安いですから凄く良いポイントです。
そして、スワップポイントについても、1番ではないですが、安くもない、許容範囲だと思います。
ですので、「FXで人民元をトレードする」という事を総合的に考えると、外為どっとコムが1番おすすめかなと思います。
(外為どっとコムも1000通貨対応なので、数千円の少額からのトレードも出来ますよ。)

人民元をデモトレードのようにやるならSBIFXトレードも!?

人民元でのSBIFXトレードは、スプレッドは広くもなく、狭くもなく、そしてスワップポイントは低いといった立ち位置です。
ですので、選ぶ必要性は私は感じません。

ただし、唯一光るものは「1通貨単位から取引可能」な点です。
人民元って現在18円前後なので、18円から取引出来てしまう訳です。
冗談みたいな本当ってのはまさにこのことですね。

私自身、リアルなお金を賭けてのトレードとバーチャルでのトレードの差を凄く実感しているので、実際のFX口座でトレードしながらノウハウを覚えていく方法が良いと思っています。
とは言うものの、「やっぱ怖いよな~」という感覚がある人は、この1単位からFXが出来るSBIFXトレードがベストなチョイスになると思います。(正直1000通貨で十分だとは思いますが)
人民元に限らず、1単位から取引出来るFX口座です。

参考⇒SBIFXトレードの口コミってどう?口座開設するべきか?

3社をそれぞれ分けるとすると、長期投資ならワイジェイFX、スプレッド含めた総合力なら外為どっとコム、遊び感覚から入りたい方はSBIFXトレードかなと思います。
ということで、人民元が取引可能なFX口座についてご紹介致しました!