GMOクリック証券のFXの評判は?他社とスプレッドを比較|メリット/デメリット

4.0

GMOクリック証券は、「FX取引がしたい、株もしたい、バイナリーオプションもしたい、CFD取引で株価指数や外国株にも投資したい」など金融商品全般に興味がある人にオススメのFX会社(証券会社)です。

FX取引だけではなく、多種多様なサービスを展開している業者だからです。

数年前まではスプレッドの狭さも業界トップクラスでしたが、2021年現在は他社の方が狭い時も見かけます。(時期による)

ですので、スプレッドの狭さ=コストにとことん拘る人は他のFX口座がオススメです。

GMOクリック証券のスプレッドを他社と比較

GMOクリック証券のスプレッド水準は狭いです。

ただ、それ以上に狭い競合他社が出てきているという感じです。

「GMOクリック証券のスプレッドが広い(手数料が高い)」という印象はなく、取引量がそんなに多くないのであればこれくらいのスプレッド水準でも充分という感覚もあります。

何年も前の米ドル円のスプレッドの相場が0.5銭や1.0銭の時代には各社のスプレッド差は大きなコスト負担と言えましたが、最近の0.1銭差くらいであればほとんど気にはなりません。

「どの業者も狭い」というのが正直な感想です。

FX会社ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
YJFX!
AM9時~AM3時
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭
LINE FX
AM9時~AM3時
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭
外為どっとコム
AM9時〜27時
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭

0.4銭
1.0銭

0.6銭
0.7銭

0.4銭
1.2銭

1.0銭
LIGHTFX
AM8時~AM5時
原則固定例外あり
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭1.0銭
みんなのFX
AM8時~AM5時
原則固定例外あり
0.2銭0.4銭0.8銭0.6銭1.0銭
FXプライムbyGMO
AM8時~AM4時
原則固定例外あり
0.3銭
※1
0.6銭1.1銭0.9銭1.6銭
ヒロセ通商
原則固定例外あり
0.2銭0.4銭1.0銭0.6銭0.8銭
セントラル短資FX
16時~翌AM1時
原則固定例外あり
0.1銭0.4銭0.9銭0.4銭0.9銭
トライオートFX
AM9時~AM5時
原則固定例外あり
0.3銭0.5銭1.0銭0.6銭1.7銭
MATSUI FX
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭1.1銭0.7銭1.2銭
外為オンライン
原則固定例外あり
1.0銭2.0銭4.0銭3.0銭6.0銭
DMMFX
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭
GMOクリック証券
原則固定例外あり
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭
スプレッド調査日:2021年6月1日時点
※1 米ドル円0.3銭は、50万通貨以下/回
取引単位はGMOクリック証券とDMMFXは1万通貨、他は1000通貨単位
スプレッド縮小キャンペーン中!
外為どっとコムは2021年7月31日(土)午前3時まで|時間帯9時~27時

GMOクリック証券のスワップポイントを比較した結果

GMOクリック証券のスワップポイントはあまり高くはありません。

高金利通貨ペアであるZAR/JPY、TRY/JPY、MXN/JPYの3通貨ペアの取扱いはありますが、スワップ運用をするなら他社の方がより多いスワップポイントを貰えているのが現状です。

スワップポイントは日々変動します
高金利通貨ペア|ZAR/JPY|TRY/JPY|MXN/JPY
スワップポイント比較南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円
YJFX!7.43円31.29円3.86円
LINE FX9.86円46.29円6.00円
外為どっとコム8.00円31.29円6.00円
LIGHTFX11.10円34円7.1円
みんなのFX8.10円34円5.1円
FXプライムbyGMO7.86円32.71円4.75円
ヒロセ通商8.57円32.14円5.86円
セントラル短資FX1.14円0円6.13円
トライオートFX2.00円35円
DMMFX9.71円
GMOクリック証券9.14円31.29円4円
スワップポイント調査日:2021年1月25日〜29日の週間平均値
スワップポイントは1万通貨あたりの数値。各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
\GMOクリック証券の詳細を見る/

GMOクリック証券のスマホアプリ・iPhone/Android

GMOクリック証券のスマホアプリは、縦画面、横画面ともにチャートを見ながらのワンタップでのスピード注文が可能なので、素早い取引が出来ます。

また、通貨ペアや時間足を4画面に分割して同時に表示出来たり、最大16個のチャートを保存出来る点もスマホからの取引が多い人にとっては大きなメリットになります。

ライン描画

トレンドライン、平行ライン(チャネルライン)、垂直ライン(バーティカルライン)、水平ライン(ホリゾンタルライン)、フィボナッチ・リトレースメント、四角、三角、楕円、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチファン、フィボナッチアーク

テクニカル

単純移動平均、指数平滑移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI、スーパーボリンジャー、スパンモデル

GMOクリック証券のPC取引ツール

GMOクリック証券のパソコン用のチャート分析ツール「プラチナチャート」はFXとCFD取引両方に対応しています。

FXとCFDのチャートを並べて表示する事が可能です。

スピード注文機能や38種類のテクニカル指標や25種類の描画オブジェクトなど高機能な取引ツールになっています。

「はっちゅう君FX」も使いやすいツールです。

トレンド系

単純移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、ジグザグチャート、線形回帰トレンド、HLバンド、エンベロープ、ケルトナーチャネル、カオスアリゲータ、バランスオブパワー、アルーン、平均足、P&F (ポイント&フィギュア)、陰陽足、新値足、カギ足

オシレーター系

MACD、RSI、RCI、ストキャスティクス、DMI、ADX、ADXR、RVI、モメンタム、移動平均乖離率、オーサムオシレーター、ウィリアムズ%R、ACオシレーター、CCI、ブルパワー、ベアパワー、サイコロジカルライン、ROC、デマーカー、A/Dライン

描画オブジェクト

ホリゾンタルライン、バーティカルライン、トレンドライン、チャネルライン、サークル、アングル、トライアングル、レクタングル、五角形チャート、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・チャネル、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・エクスパンション、ギャン・ライン、ギャン・ファン、ギャン・グリッド、エリプス、片矢印、双方矢印、線形回帰チャネル、等距離幅チャネル、標準偏差チャネル、コメント挿入

\GMOクリック証券の詳細を見る/

GMOクリック証券の評判・口コミ

スマホでもトレードしやすい

ロスカット手数料は辞めてほしい

外為オプションが楽しい

初心者の頃からずっと使ってるFX会社

サーバーが強い、安定している

GMOクリック証券は色々使えるから持っておいて損はない口座

GMOクリック証券の短所・デメリット

1000通貨単位の少額取引が出来ない|1万通貨単位

GMOクリック証券の取引単位は1万通貨です。

最近は1000通貨単位のFX会社も多いので、珍しい部類に入ります。(他にはDMMFXくらい)

米ドル円の取引であれば、1万通貨だと最低4万円程度必要になります。(1ドル100円の場合)

1000通貨単位の業者であれば4000円程度なので、初心者トレーダーには1000通貨単位の業者の方がオススメ出来ます。

ロスカット手数料が1万通貨あたり税込500円取られる

GMOクリック証券の口コミでも、このロスカット手数料の評判は非常に悪いです。

1万通貨あたり税込500円取られるので、取引数量が多いと「トレードでの損失+ロスカット手数料」でダメージが大きいです。

低レバレッジでトレードをしているなら関係ありませんが、ある程度のハイレバで取引をしているとロスカットになる事もあるので、この点はGMOクリック証券のデメリットの1つです。

無料セミナーやオンラインセミナーが開催されていない

GMOクリック証券では特にセミナーは実施されていません。

最近はオンラインセミナーなどで、勉強出来るFX会社も何社かあるので、この点はGMOクリック証券よりも競合他社の方がオススメ出来ます。

こういった無料セミナー重視でFX口座を選ぶなら外為どっとコムあたりは合うと思います。

高金利通貨ペアのスワップポイントが低い

GMOクリック証券のスワップポイントは高金利通貨ペア含めてあまり高くないので、スワップ運用にはオススメしません。

アプリが使いやすく、スプレッドも安定しているので、デイトレードなどの短期売買にオススメのFX口座です。

GMOクリック証券の長所・メリット

スマホアプリが使いやすい

GMOクリック証券のスマホアプリ「GMOクリックFXneo」は非常に使いやすいトレードアプリになっています。

また、チャートが高機能でもあり、スピード注文などにも対応しているので、スマホからでもデイトレードやスキャルピング等短期売買がガンガン出来ます。

それくらいレスポンスが良いスマホアプリです。(iPhone/Android両方とも)

スプレッドは安定して狭い

GMOクリック証券は長年業界トップクラスの狭いスプレッド水準でした。

最近はスプレッド競争が激化して、より狭いスプレッドや短期的なキャンペーンで縮小されたスプレッドを提示する競合他社がいますが、GMOクリック証券のスプレッド水準も悪くはありません。

トップとは言えませんが、あまり取引量が多くないならば気にならないレベルの差です。

\GMOクリック証券の詳細を見る/

FX、CFD取引、株式投資など色々な金融商品の取引が出来る

GMOクリック証券は証券会社としても非常に有名で、株のトレードなどをする事も出来ます。

FXの取引を始めると、経済の情報についても色々と拾うようになるので、株取引についても興味を持つ可能性は結構高いです。

ですので、「FX取引だけではなく、株式投資にも興味を持ちそう!」という人にオススメのFX会社になっています。(くりっく365にも対応)

バイナリーオプション(外為オプション)も取引可能

GMOクリック証券ではバイナリーオプションも取引出来ます。

外為オプションというサービスです。

デモトレードがあるのでFX初心者も相場を体験出来る

GMOクリック証券は、1万通貨単位と少額取引には対応していませんが、デモ取引が出来るので、そういった点では初心者向きのFX口座と言えます。

GMOクリック証券の新規口座開設特典

新規口座開設+取引で最大3万円キャッシュバック

新規でFX口座を開設した人を対象に、取引量に応じて1000円〜3万円のキャッシュバックが貰えます。

詳細は公式サイトでご確認下さい。

\GMOクリック証券の詳細を見る/

GMOクリック証券のスペック・会社概要

会社名設立年月日金商登録番号所在地自己資本比率
GMOクリック証券株式会社平成17年10月28日関東財務局長(金商)第77号東京都渋谷区桜丘町20-1
渋谷インフォスタワー
485.3%
2020年12月末
通貨ペア取引単位初回入金額レバレッジ取引手数料
201万通貨指定なし25倍無料
口座開設
必要書類
両建てロスカットデモ取引発注数上限
本人確認書類
マイナンバー
証拠金維持率
50%以下
ロスカット手数料
税込500円/1万通貨
ZAR/JPYとMXN/JPY
税込500円/10万通貨
あり200万通貨/回
※ドル円は100万/回
※Exモードは500万/回
5000万通貨/日
出金日数法人口座信託保全先取引時間メンテナンス
翌営業日
15時までに依頼
あり
受付休止中
みずほ信託銀行
日証金信託銀行
三井住友銀行
三井住友信託銀行
月曜午前7:00
〜土曜午前7:00
米国夏時間

月曜午前7:00
〜土曜午前6:00
毎週土曜日
8:00〜9:00

よくある質問|Q&A

GMOクリック証券の取引時間は?

米国標準時間は、月曜午前7:00〜土曜午前7:00、米国夏時間は、月曜午前7:00〜土曜午前6:00

いくらから取引出来ますか?

1万通貨単位なので、米ドル円なら4万円〜5万円程度から始められます。

レバレッジは何倍ですか?

最大で25倍です。

自動売買取引は出来ますか?

GMOクリック証券には自動売買取引はありません。

入金方法は?

クイック入金と銀行振込に対応しています。

外貨での入金・出金は出来ますか?

外貨での入出金には対応していません。(YJFX!が対応しています。)

出金手続きの方法とかかる日数は?

15時までの出金依頼で翌営業日です。

デモ取引はありますか?

GMOクリック証券にはデモ取引はあります。

米ドル円が5000円前後の資金から取引可能で実戦経験を積める1000通貨単位対応のFX口座も初心者にオススメです

まとめ

GMOクリック証券はFX口座だけではなく、株式投資やCFD取引、バイナリーオプションに先物取引など、多種多様な金融商品の取扱いがある業者です。

ですので、「FX含めて、色々な投資を経験してみたい!」という人にオススメです。

また、取引アプリの使いやすさは口コミを見ても高い評価を受けており、スプレッドの狭さについても悪くないので、「初心者トレーダーにもオススメ」です!

\GMOクリック証券の詳細を見る/
タイトルとURLをコピーしました