南アフリカランド円(ZARJPY)のスプレッド、スワップポイントでFX口座を比較!政情不安は大丈夫!?

南アフリカランド(ZAR)はスワップポイントが高い事で有名な通貨です。
政策金利が高いんです。
2015年、2016年と数回利上げをしており、2017年以降は横ばい~若干の利下げ傾向にはなっているものの、政策金利は2018年5月時点で、なんと6.50%もあります。
日本円の超低金利とは真逆ですね。

そんな南アフリカランドのスワップポイントやスプレッドはどのFX口座が有利なのか?を比較していきたいと思います。

南アフリカランド円を低コストでやるならこのFX口座!

南アフリカランド円比較表スプレッドスワップポイントスワップポイント|週取引単位
DMMFX1.0銭
※原則固定例外あり
6円44円
※8日分
1万通貨単位
外為ジャパン1.0銭
※原則固定例外あり
6円44円
※8日分
1000通貨単位
GMOクリック証券1.0銭
※原則固定例外あり
5円35円1万通貨単位
YJFX!1.3銭
※原則固定例外あり
6円37円1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
外為どっとコム1.3銭
※原則固定例外あり
5円35円1万通貨単位
※米ドル円等は1000通貨
LIGHTFX0.9銭
※原則固定例外あり
6.1円47.7円1000通貨単位
みんなのFX0.9銭
※原則固定例外あり
6.1円42.7円1000通貨単位
トライオートFX1.8銭
※原則固定例外あり
2円14円1000通貨単位
ヒロセ通商0.9銭
※原則固定例外あり
6円42円1000通貨単位
FXプライムbyGMO0.9銭
※原則固定例外あり
7円54円
※8日分
1000通貨単位
※スワップポイントは2020年8月4日時点の1万通貨あたりの数値。また、各国の金利情勢により、日々変動致します。受取額の減少・支払いへと転ずる可能性があります。
※スワップポイント|週は、2020年8月3日(月)〜7日(金)を合計。

GMOクリック証券は南アフリカランド円(ZAR/JPY)のスワップポイントが高いです。
スプレッド水準もトップクラスです。
ただし、最低取引単位が10万通貨と大きいので、ある程度大きな予算を作って投資出来る方向けになっています。
(もしくはレバレッジを高めに効かせるか。)

南アフリカランド円(ZAR/JPY)のレートは、2018年7月時点で7円台~8円台で推移しています。
つまり、GMOクリック証券で購入する場合10万通貨単位ですので、約8円×10万通貨=80万円分購入するのが最低条件となります。

スワップ運用する際のレバレッジ水準の相場は2倍~3倍程度ですので、27万円~40万円程度の自己資金が目安となってきます。

取引単位が1万通貨や1000通貨等低い業者を選ぶ選択肢もある

一方で、取引単位が1万通貨や1000通貨のFX業者もあります。(ここでの取引単位は、南アフリカランド円の取引をする際の単位の事です)

DMMFXや外為オンラインは1万通貨であり、外為ジャパンやFXプライムbyGMOは1000通貨単位です。

つまり、先ほどの自己資金の10分の1(2万7000円~4万円)、100分の1(2700円~4000円)といった”より”小さい資金から南アフリカランド円の購入が出来ます。

1日あたりのスワップポイントの差が160円と130円といった形で30円ほどあるのは気になりますが、日によってこの差は変動するので(縮小傾向あり)、取引単位を優先してFX業者の選択をするのもありです。

その場合、スプレッドの狭さも考慮すると、DMMFX&外為ジャパンが南アフリカランド円で良いスプレッド&スワップポイント条件にて提供してくれていると思います。

この2社にGMOクリック証券を加えての低コスト競争はほとんどの通貨ペアで起こっているので、「南アフリカランド円”以外も”取引したい」というトレーダーにもおすすめできるFX業者と言えますよ。
どの通貨ペアでもスプレッド最安値を維持・もしくは狙ってくれているのはすごく評価の出来る事ですからね。
※南アフリカランド円についても、現在は1.0銭の原則固定のスプレッドですから、数年前から格段に安くなっています

他の通貨ペアとは桁が1つ違う(10万通貨、1万通貨等)

また、南アフリカランド円の場合、通貨単位が他の通貨ペアと1桁違うので、比較表にあるように10万通貨と書いてあっても、米ドルで7000通貨~1万通貨程度の取引をするのと似たようなレベルです。
ただ、それで1.0pipsのスプレッドなので、米ドルに換算してみると10pipsみたいなものですからデイトレなどの短期トレードには向かない通貨ペアと言えます。
スワップポイント目的の長期投資がおすすめの通貨ペアです。
※長期チャートも底を打って反発しています

原則固定の最安値スプレッド1.0銭が複数業者ある中で、3.0銭のFXプライムbyGMOのスプレッドはちょっとヤバイですね。汗
そして、外為オンラインの15銭は信じられないくらいのスプレッドの広さです・・・
ZAR/JPYの投資をする際には候補からすぐに外してOKです。

参考⇒外為オンラインのスプレッドや評判について

ZAR/JPYのスワップポイントは100円超えが当たり前!?

南アフリカランド円といったらイコール長期投資が浮かぶ訳ですが、継続して高いスワップポイントを受け取れる恩恵は大きいです。
「え?これスワップ3倍デーなの?」とも思えてしまうくらいです。

トップ水準は1日あたり160円で、GMOクリック証券と岡三オンライン証券(くりっく365)がほぼ同水準で並んでいます。

さすがは政策金利6.50%の南アフリカランドです。
ちなみに日本は0.10%の超超低金利です。
その差は6%超もあり・・・・スワップポイントがいっぱい貰える理由が分かりますね。

レバレッジを2倍にしたら年利13%に相当します。
うーん、改めて凄い水準です。

※先ほど書いた数万円から南アフリカランド円が買えるおすすめのFX会社2つです
参考⇒DMMFXの口コミって良い!?
参考⇒外為ジャパンの評判・口コミをチェックしてみた!

本格的にZAR/JPYのスワップ運用をするならくりっく365もあり

先ほど触れたGMOクリック証券と似ているのですが、岡三オンライン証券のくりっく365で南アフリカランド円を買うという選択肢もあります。
取引単位が10万通貨単位なので、やはり27万円~40万程度は最低必要になります。

ただ、”本格的にスワップ運用をする””100万~500万円程度突っ込む”場合には、10万通貨単位でも不自由さは感じずに運用可能です。
ですので、この場合は、あえて取引単位が小さいがスワップポイントも低い業者を選ぶ必要はないので、GMOクリック証券or岡三オンライン証券(くりっく365)にて投資をすると良いです。

ちなみにくりっく365はスワップポイントの受取水準が数年単位で安定的に高い状態を保っています。
長期投資する、放ったらかしで運用したいという場合には最適な選択とも考えられます。

南アフリカの金利が高いのは政情不安もあるので注意も必要

「高金利」と聞くだけですごく気になりますよね。
ただ、高い金利が貰えるにはそれ相応の理由・裏もある訳です。

南アフリカの場合は、政情不安があります。
先日のZAR/JPYの暴落チャートは大統領や財務相の問題でもありました。

また治安が悪く、殺人事件の発生率も非常に高い国です。
なんとなくイメージ出来るかもしれませんが、南アフリカって低所得者層と高所得者層の格差が非常に大きい国なんですね。
日本でもそんな傾向が出てきてますけど先行きが心配です。。。

南アフリカランドは高金利が続く見通しはある?最近の為替相場は?スワップ運用するべきか?
「FXで南アフリカランド円(ZAR/JPY)に投資してスワップ生活送りたい」って人は結構いますよね。 やっぱり不労所得って憧れるし、デイトレードやスキャルピングばかりやっていると疲れを感じる時もありますし。 そして、結構頻繁に政策金...

不安があるからこそ高い金利が貰えるとも言える

問題の抱えている国が、「経済成長の為にお金を集めたい」「インフラに投資するお金が欲しい」などと考えた際に、高い金利を払う事でお金を集める事はよくある方法の1つです。

ただ、危険度は確かにあると言っても、投資する側としてもリスクに見合うだけの金利を貰えると判断しているからこそ、南アフリカランドへの投資が盛んな理由にもなるんですけどね。

スワップポイントだけでなく、為替差益も狙えちゃう所が魅力です。
ハイリスク・ハイリターンで、ちょっと悪(ワル)だからこそ気になってしまう通貨ペアなのかもしれません。
私的には穏やかなヨコヨコ相場の時にスワップポイントを貰えれば十分満足ですけどね。

という訳で、今回は南アフリカランド円のスプレッドとスワップポイントについて各FX口座を比較致しました。

高金利通貨ペアのスワップポイントが高いおすすめのFX会社!【随時更新】
FXでは為替差益とスワップポイントの2つの稼ぎ方がありますが、スワップポイントで不労所得を目指すなら高金利通貨ペアを選びたい所です。 相手通貨は”超低金利”で皆さんご存知の”日本円”がおすすめです。 高金利通貨×日本円の組み合わせが...
タイトルとURLをコピーしました