シェアする

【英国EU離脱国民投票締切】ポンド2円上げ⇒12円下げ⇒7円上げ⇒4円下げ・・・・その間わずか3時間。投票結果を待っている間に・・・

日本時間の昨日から今日24日の朝にかけてイギリスのEU離脱をかけた国民投票の話題で持ち切りですね。
まだ結果は出ておらず、出口調査でEU残留っぽいって感じです。

「ポンド円の為替相場が凄かった!!!乱高下!」

これを伝えたいが為に結果も出てないのに記事にしてみました。

まず、投票が締め切られた早朝の6時前後にはスプレッドが30銭以上開くなど、おっかなびっくり相場が動いている状態でした。

そして、「残留濃厚か!」というニュースが6時過ぎに発表されたのに伴い、157円代で推移していた状態から一気に160円をつけました。

ここから、ただでさえ乱高下するポンド円がスーパーサイヤ人状態で暴れ始めました。

チャート画像をご覧ください。(チャートはDMMFX使用)
前半は全て「1分足」で行きます!

チャート画像で振り返る!ポンド円のジェットコースター相場

157円台中盤からの一気に160円到達!

fx10_3057-1

159円~160円でレンジ相場?と思わせつつ、一気に下げる!

fx10_3057-2

156円で止まるかと思いきや、まさかの147円をつける・・・恐怖!

fx10_3057-3

147円⇒155円までわずか20分!そして10分後に151円!

fx10_3057-4

5分足で一気に見てみましょう。

fx10_3057-5

1時間足もおまけで・・・・

fx10_3057-6

こんな状態の超超乱高下だと、スプレッドは凄い拡大するし、約定も決まらないしで、トレードにはなりませんけどね。
眺めてて、「うわぁ・・・」とか「すげーー」ってなる相場です。
リアルに1年に1回もない相場なので、今日は1日為替相場をチラチラ気にしながら過ごすのありなのではないでしょうかね?

そりゃポンドのつぶやき増える!!

【おまけ】その時ドル円も動いた・・・動いてた!

fx10_3057-7

fx10_3057-8

今回のEU離脱に関する英国(イギリス)国民投票の件は、事前にかなり大規模な警告が各FX会社からありました。

スプレッドの拡大に関する注意、発注数・保有ポジションの上限の引き下げ、逆指値・ロスカットの執行に関する注意、レバレッジ上限の引き下げなどなど。
ですので、ポンド円やポンドドルの取引は避けている方も多いと思います。

なにげに、最後のチャート画像のドル円103円まで一気落ちが1番被害が大きいかもですね・・・

まだ9時過ぎなのに、まだ結果発表されていないのに、こんなに動いているとかヤバヤバ・・・

【EU離脱が濃厚に】そして底抜け145円まで一気落ち~【追記】

まるで日足みたいな値幅w
週足か!

fx10_3057-9

fx10_3057-10

更に135円まで急降下!ドル円は99円台に!【追加2】

これは凄い。
ドル円買いたい!って思いましたが、とりあえず来週までは我慢。
相場が落ち着いてから買えばそれで十分!
と自分に言い聞かせてます・・・!

fx10_3057-11

fx10_3057-12

fx10_3057-13

ドル円の1分足、5分足、1時間足

fx10_3057-14

fx10_3057-15

fx10_3057-16

【おすすめ記事】
FXのデイトレードで勝つコツは?損切りルール等の手法まとめ!はデイトレをやりたい初心者~中級者の方向けに書きました。
他にもスイングトレードスキャルピングについても書いていますので、是非お時間ある時に読んでみて下さい!