シェアする

私のFX経歴

今回は、いつものFX記事とは趣向を変えて私の自己紹介をさせていただきます。
私のFX歴史も書いていきますので、興味のある方は是非是非読んで下さい。

まずは自己紹介から

2016年でFX歴8年になる専業トレーダーのタッツーです。
今はニート業(笑)をこなしつつ、専業トレーダーとしてFXをしています。

東京生まれですが、引越しを結構しているので、色々な地域に住んだ事があります。
小さい頃からポケモンやドラクエなどで遊んできて、今でもゲームが大好きです。

経歴的には、20歳で専門学校を卒業しました。
卒業後、情けない話ですが就職が決まらず実家のお世話になりながら、のらりくらりと接客業関係のバイトを点々としていました。
某ファミレスでも働きましたし、最近ブームになっているようなオシャレなカフェなんかでも働いていました(笑)

そんな生活も楽でよかったのですが、友人達は就職してバリバリ働く中、私はバイト・・・毎日毎日不安でした。
「しっかりしなきゃ!」と思いつつも、ダラダラとバイトを続ける日々が続きました。

当時、投資の世界では『ミセスワタナベ』という主婦トレーダーを指す言葉や高校生や中学生が証券口座を開いて株式投資をする・・・なんて時代でした。
FXの初心者トレーダーもどんどん増加・流行っていました。
現状を打破したかった私は、テレビや雑誌でそういった特集を見て投資の世界に興味を持ちました。

「子どもがやれるなら私にもやれるんじゃないかな?これなら自立できるし」
なんて考えから、少しずつ株やFXについて勉強を始めました。
ちなみに、当時はお金がなかったので、少額から出来るFXはとても魅力を感じました。

FXをはじめたきっかけはリーマンショック

勉強していた私をFXの世界へ強く引きずり込んだのはリーマンショックでした。
リーマンショックの影響で短期間のうちに大きく相場が円高へと動いたんです。

197-1

「これって、売りで取引すればいいんじゃないの?」

そこからの行動は早かったです(笑)
FXの口座申し込みをして、10月半ばにFX口座を開設。
10万円の原資でトレードを開始しました!

ビギナーズラックで勝ち、一時は50万を超える

リーマンショックで円高への動きに乗るように、トレードを開始。

トレードを初めて数日は1枚でトレードしていたのですが、これが面白いように勝てるんです!
1週間もしたら、2枚…3枚・・・とポジション量も増やして、調子に乗ったトレードしていました。
一時は50万円を超えるくらいまで、資金が増えていました!
完全にビギナーズラックです(笑)

まあ、そんなビギナーズラックは続かなくて、50万を超えたのを境にどんどん負けまして、あっという間に原資である10万に戻っちゃったんですけどね。
当時はレバレッジ規制がなく、今以上に資金の上下が大きかった人が多くいたと思います。

私の運命を変えた日…2010年5月7日

その後は、買ったり負けたり、負けたり負けたり・・・、追証したりしながらトレードをする日々が続きます。
ええ、ジリジリですが損しているんですよ(笑)

この時は、勝った時のことを忘れられていないのです。
「一時は50万円超えてたんだから、いつか勝てる日が来る」なんて思いながら、FX口座へお金を振り込んでいました。

そんな私の運命を変えた日が、2010年5月7日。
米国株式の誤発注ショックです。

その日は、翌日バイトが休みなこともあって深夜もトレードをしていました。
午前3時すぎに、数分で50pipsもの下落があり、その後1時間もしないうちに400pips程下落へと相場が動きました。

あの時の衝撃は忘れられません。
目の前でシステムが壊れたんじゃ?と思うような為替レートの動き。
スプレッドは1円くらい広がっている。

ちなみに、この時私はノーポジション。
正直、「助かった・・・」と思いました・・・
それと同時にすごく怖くなりました。

もしも、この時に5枚も10枚もポジションを持っていたらどうなったんだろう?

この時、初めてFXの怖さに触れた気がします。
同時に「適当にトレードしてたらダメだ」と私のFXへ対する姿勢も変わりました。

猛勉強の後、29歳から専業トレーダーへ

FXの怖さに触れた私は、翌日本屋さんへ行ってFX関係の本を買い漁りました。
勉強し直さなければいけないと思ったんです。
もちろん、FXのサイトやブログも沢山読みました。
この時の経験が、後々になって、私と同じような人の役に立てればなとFX初心者予備校を始める理由にもなりました。

そんな訳で5月7日以降は勉強をしながらトレードをする日々が続きました。
勉強してすぐに勝てるようになったわけではありません。
勝ったり負けたりしながら、月間収支がプラスになったのが勉強を始めて3ヶ月過ぎてからですね。
そこから、月間収支がプラスなのを安定して続けられるようになるまでにもいくらか時間がかかかっています。

その後、2013年にバイトをやめて29歳で専業トレーダーになることを決めました。
一応、2013年、2014年、2015年と3年間の年収はひとりで食べていけるくらい稼いでいます。

といった感じで、私の自己紹介は終わりでしょうか。

書いてはいませんが、FXで儲かったり損失を出したり勉強したりしている途中にもプライベートな方でも色々人生経験を重ねています(笑)
今思えば、結構忙しい日々を送っていました。

FXの猛勉強の成果や私が専業として培ってきたノウハウは、これからも記事を沢山あげていければと思ってますので、皆さんの勉強に役立てば幸いです!