シェアする

FXの取引単位って何?1万通貨と1000通貨、その違いとは?

さて、今回はFXの取引単位についてお話をします。

普段使っている”円”などの単位を使わないFX。
レバレッジなども関係するお話なので、取引単位についてしっかりと理解を深めましょう~!

FXの取引単位って?

FXでは、最低取引単位というものが決まっています。
これは、業者ごとに決まっているのですが、私愛用のDMMFXでは全通貨ペア1万通貨単位が最低取引単位になります。

最低取引単位

「取引単位が1万通貨単位~」といわれても、なんだかよくわかりませんよね?w
これは、通貨ペアごとに少し意味合いが違ってきます。

例えばドル円ならば、「最低1万米ドルの取引で、以降は1万米ドル単位での取引が可能ですよ~」ということになります。
1万米ドルの次は2万米ドル・・・3万米ドルと1万単位でしか取引量を増やせないんですね。

ちなみに、ユーロ円ならば1万ユーロ以上~、ポンド円ならば1万ポンド~というように、通貨がドル・ユーロ・ポンドと違っても、全て「1万通貨単位」というのは変わりません。

通貨単位とレバレッジの関係は?

1万通貨単位~の取引といわれても、普通に考えたら1ドル100円の時にドル円で1万通貨単位のポジションを持とうとすると、日本円が100万円も必要です。
そんな大金をポンッと用意できませんよね!

そこでFXならではの便利なものがレバレッジです!
レバレッジ10倍で先程の1万通貨単位のポジションを持つならば、日本円が10分の1の10万円でOKなんです。

このように、レバレッジの力を借りれば、小額から取引ができちゃうですね~!

1lotとは?1銭・1pips動いたらいくら儲かる?

原資から持てるポジション量を考える

先程とは逆に原資を決めて持てるポジション量を考えてみましょう。

原資20万円で1ドル100円の時に、最大どれだけポジションを持てると思いますか?

日本では、「2015年現在レバレッジは最大25倍」というのが法律で決まっています。
そのため、原資20万円で最大500万円分の取引が可能になります。
1ドル100円だと、最大5万通貨単位のポジションを持つことができます。

しかし、原資20万円で5万通貨単位のポジションを持ってしまうと、レバレッジが25倍の状態のため、損失が出る方向へ為替レートが動いた瞬間ロスカットを食らってしまいます。
ロスカットを食らわないためにも、多少ゆとりを持ったポジション管理が大切となります。

ポジション管理のための証拠金維持率

ポジション管理のために必ずチェックしてもらいたいのが『証拠金維持率』です。
証拠金維持率とは、取引金額に対して証拠金の残高の割合を計算したものです。

1ドル100円の時に原資10万円で1万通貨ポジションをもっていたとします。
この時、レバレッジの関係で最大250万円分取引できるうちの100万円を使っていることになります。
よって、取引金額に対しての証拠金の残高割合は250%ということになります。

この維持率が単純に下がれば下がるほど原資にゆとりがないということですし、100%を切った際には証拠金が維持できていない=足りてないをいうことになります。

元手が5万円程度なら1000通貨単位で始めるべき

今回は、FXの取引単位についてのお話でしたが、いかがでしたか?

ゆとりをもってポジションを持つためにも、原資と取引単位のバランスは非常に大切です。
原資が5万円以下であるならば1000通貨単位での取引を、それ以上の原資を用意できるのであれば1万通貨から取引を始めても良いでしょう。
まずは、実際に小さくはじめて証拠金維持率がどのような感じかを把握するのも良いと思います。
人から聞いた話より、体験した方が理解は早いですからね。

1000通貨から取引できるFX口座を比較!小さい金額で始めたい方向き!
FXを1000通貨で始めるメリットとデメリット【まとめ】
FXでも元手5万円でレバレッジ効かせた所で、1年後に100万円にはならないよって話。

5万円以下で始められるおすすめFX会社