シェアする

FXを1000通貨で始めるメリットとデメリット【まとめ】

「FXの入門者なら1000通貨で始めると良いよ~」とアドバイスを頂くことってあると思います。
僕も「5万円以下でFXを始めたい人」には1000通貨単位のFX業者をおすすめしています。

簡単に説明すると、FX業者って基本的には”1万通貨単位”です。
(最近はこの傾向も変わってきてますけどね)
そして、1000通貨単位なら、その10分の1の金額で取引出来るので、初心者に優しいって訳です。

今回は、「なぜFXの初心者かつ少額資金でスタートしたい人に1000通貨が合っているのか?」をテーマに思うことを詳しく書いていきたいと思います。
1000通貨単位に関する様々な疑問についても一緒にまとめていますので、是非ご覧下さい!

1000通貨単位で1円抜いたら利益はいくら?

FXを始めるにあたって、まず大前提にあるのは”稼ぎたいんだ!!”という気持ちですよね。

そして、「1000通貨単位がリスク少ないしおすすめらしいけど、どのくらいの利益を出せるの?」と気になると思います。
初心者におすすめの通貨ペアであり、最もポピュラーな「米ドル円」を例に出して、「1000通貨単位」について様々な角度から考えていきますね。

110円で買って、111円で売ったら儲けは?

1ドル110円で1000通貨を購入して、1ドル111円で売った場合は利益はいくらだと思いますか?
ちょっと考えてみて下さい。

例:
1.米ドル円の現在の為替レート⇒1ドル110円
2.110円で1000通貨を買ったと仮定する
3.2日後に1ドル111円と円安になったので、売却した

イメージして頂けましたか??

まぁそんな難しく考える事はなく、下記のコツを覚えておけば簡単ですよ。

1000通貨は1円(100pips)抜いたら1000円の利益になる
1万通貨は1円(100pips)抜いたら1万円の利益になる

反対に損した時も同様で、1000通貨なら1000円であり、1万通貨なら1万円の損失になります。

ちょっとずつ理解してくれれば大丈夫です!

※実際の取引でイメージしたい方はこちらのブログをどうぞ。

スイングトレードで1ヶ月3万円の利益目標でブログ書く【10万円から】
FXを始めたばかりのサラリーマンや主婦の方にも馴染みやすいトレード手法の1つがスイングトレードです。 トレーダーというと、たくさんのモ...

そもそも1000通貨って必要証拠金はいくらなの?

1000通貨単位でFXを始めた方が良いよ!っていうのは、「少額資金でスタート出来るから!」という理由が最も多いはずです。

でも思いませんか?「少額資金っていくらよ?」って。

という訳で、FX取引を始める上で大切な「必要証拠金」についても覚えてしまいましょう!

レバレッジ25倍かけて1000通貨購入するなら4400円あればOK

FXの法律(金融商品取引法)で規制されているレバレッジの上限額は25倍です。
つまり、「最も少ないお金で1000通貨を購入する=レバレッジ25倍で購入する」という事になります。

そして、先ほども米ドル円を例に出したので、ここも米ドル円で説明すると以下のようになります。

例:
・1ドル110円にて1000通貨購入
・1000通貨=1000米ドル
・110円×1000=11万円(11万円分購入したという事です)
・110000÷25=4400円(この金額があれば1000通貨買える=必要証拠金です)

理解出来ましたか??
分かりづらかったらすみません・・・

つまり、米ドル円が1ドル110円の時に1000通貨購入するとしたら、4400円あればOKですよって話です。

そして、更に2点お伝えしたい事があります。
それがこちら。

必要証拠金は為替レートの変動によって変わる

今回は1ドル110円で計算しました。
ですが、為替レートって変動相場制で常に動いていますよね??
そして、2016年は1ドル120円だったのが、1ドル110円を大きく割り込む水準まで円高が進むなど、よく動いています。

もし、先ほどの計算式で、「1ドル120円だったら必要証拠金はいくら?」「1ドル100円だったら必要証拠金はいくら?」という点をシミュレーションしておけばこの点は完璧に覚えられるはずですよ!

・1ドル120円で1000通貨購入=12万円分の購入
・12万円÷25=4800円(1ドル120円での必要証拠金は4800円になる)

・1ドル100円で1000通貨購入=10万円分の購入
・10万円÷25=4000円(1ドル100円での必要証拠金は4000円になる)

これで、円高になっても、円安になっても計算出来るはずですし、円安になれば最低必要証拠金は増えるんだな!という肌感覚がわかって頂ければと思います。
円安=円の価値が減るので、外国通貨を購入する際に、”より多くの日本円が必要”と考えると分かりやすいかもしれません!

米ドル円だけでなく、ユーロ円、オーストラリアドル円等も一緒

今回の話で例に出したのは、米ドル円ですが、これは、ユーロ円になっても、オーストラリアドル円(通称豪ドル円)になっても変わりません。英ポンド円になっても一緒です。

つまり、1000通貨あたりの必要証拠金の計算では、日本円が絡む”クロス円”(円×外国通貨の組み合わせ)なら全て一緒って事です。
そして、大切なのは為替レートがいくらなのか?って事です。

オーストラリアドル(豪ドル)を購入したいとしましょう。
・1豪ドル=80円で1000通貨購入(8万円分)
・8万円÷25=3200円(豪ドル円を1000通貨購入する際の必要証拠金)

ポンド円を購入するイメージもどうぞ。
・1ポンド=160円で1000通貨購入(16万円分)
・16万円÷25=6400円(英ポンド円を1000通貨購入する際の必要証拠金)

必要証拠金は”最低必要なお金”であり、レバレッジ25倍の状態

今回計算して弾き出した必要証拠金はあくまでも最低限必要な金額です。
1ドル110円で1000通貨購入するのに4400円必要ですって金額ですね。

もちろんこの金額でFX取引が出来ますし、ポジションを持つことは可能なのですが、この水準はレバレッジ上限の25倍なのでとても危険でリスクがあります。

少額資金からのデイトレードならレバレッジ10倍~15倍程度がとりあえずの安全地帯とも言えるので、さっきの例だと、1000通貨取引するのに8800円くらいあれば良いです。(レバレッジ12.5倍程度に抑えられる計算)

FXのレバレッジ1倍から10倍超まで、設定・かけ方別の違いを比較したよ!
「FXのレバレッジってどのくらいで使えば良いのかわからねーよ!!」という方向けの記事です(笑) FX初心者予備校にも何度か登場してる友...

また、「外貨預金の代わりとしてFXを使いたい」といった長期的なトレードをしたい方のおすすめレバレッジは、1倍~3倍程度ですよ。
1倍なら外貨預金と変わらないですが、為替の手数料がFX業者は銀行より圧倒的に安く、その分お得に資産運用出来るので、FXをこういう使い方している人もいます。

高金利通貨ペアのスワップポイントが高いおすすめのFX会社!【随時更新】
FXでは為替差益とスワップポイントの2つの稼ぎ方がありますが、スワップポイントで不労所得を目指すなら高金利通貨ペアを選びたい所です。 相手...

レバレッジはテコの原理って意味がありますが、「賢く使ってこそ」生きてくるものであり、ただの危険なツールにならないように注意はしたい所です。

1000通貨でFXをする際のメリット

気軽にお試し感覚でFXを始める事が出来る

ここまで書いてきたように、1000通貨単位の業者なら4400円前後で米ドル円を買うことが出来ます。
また、豪ドル円なら3200円前後です。

つまり、”数千円でFXをスタート出来る”という明確なメリットがあります。

FX以外にも資産運用と言えば、株や不動産等もありますが、どれもそれなりにまとまった資金が必要なものばかりです。
その点、数千円から試す事が出来て、コツを掴んだ所でもっと大きな資金を追加投入して、本格的な資産運用を始める、といったビジョンが描けるのはFXのメリットと言えます。
小さく始められるという点ですね。

予算5万円以下で始められるFX会社のうち、おすすめだけに絞ったよ!
「5000円からの少額資金でFX取引始めよう!」「5万円で可能!」とか色々な広告を見かけますが、基本的に投資をやるなら元手資金があればあるほ...

リスク管理がしやすく、分割して細かく買える事

1000通貨でトレードするもう1つのメリットは、より細かい金額で購入できる点があります。

例えば、「1万通貨を購入する」という事を考えてみましょう。

1万通貨の業者だと、当然1万通貨で買いますよね。
それが1000通貨単位の業者なら、5000通貨×2回に分けたり、2000通貨×5回に分けて購入できます。

もっと具体的なイメージを出すと、「為替がこの先もっと円高になるかもしれないが、今買っておきたい気持ちもある」ケースを想像してみてください。
・1ドル110円で5000通貨とりあえず買っておく
・その後、1ドル100円になったのでもう5000通貨買っておく
・平均買い単価1ドル105円にて1万通貨保有できた

上記のようなイメージで、分割購入する事で、リスクを減らせるメリットがあります。
5万円や10万円程度の元手資金でも、いわゆるドルコスト平均法という手法が出来るんです。

もし最初の5000通貨を購入後、円高にはならずに1ドル120円になったとしたら、それはそれで利益が出ている訳ですから結果オッケーですよね。

1000通貨でFXをする際のデメリット

1000通貨単位で取引する事自体にメリットはほぼないと言って良いです。
強いていうなら下記の3点です。

業界トップのFX業者は1万通貨単位なので使えない事

1つは、現在FX業界で人気ナンバー1、ナンバー2と言える、GMOクリック証券とDMMFXが1万通貨単位を採用している点です。
”業者選択におけるデメリット”と言えるかもしれません。

GMOクリック証券は5年連続FX取引高世界1位になっている業者で実績も抜群ですし、1万通貨で問題ない人は迷わず選ぶべきFX口座と思っています。

1000通貨採用業者で人気の業者は後ほど書きますが、YJFX!や外為どっとコム、FXブロードネットが有名です。

GMOクリック証券のキャンペーン&スプレッド&スワップポイント他スペックを確認!
GMOクリック証券は、FX業界でトップクラスの人気がある会社ですが、最近新規口座開設者向けにキャッシュバックキャンペーンが変更されました。 ...
DMMFXのキャンペーン、スプレッド、スワップポイントその他スペックを確認!
DMMFXの口座開設申し込みの前に、最新キャンペーン情報やスプレッド、スワップポイントを確認しておきましょう。 DMMFXを使う大きな...

取引手数料無料ではない業者がある

FXのトレードをする上でのコストと言えば、「スプレッド」と「取引手数料」があります。

FXでは2wayプライスといって、買いと売りの2つのレート表示があるのですが、その差額をスプレッドと言います。
例:1ドル110.000と110.003 差額がスプレッド。

そして、もう1つのコストである取引手数料は現在は無料なのが一般的です。
しかし、1000通貨単位を採用しているFX業者であっても、1万通貨以上の取引手数料は無料なのに、1000通貨の取引だと1000通貨あたり30円といった形で取られる場合があります。
「余計な手数料がかかる」のが1000通貨単位のデメリットとも言えます。

ギャンブルトレーダーは常にレバレッジ25倍になる可能性

1万通貨の業者と比べて細かく買えるからこそ、ギャンブルトレーダーにとっては、常にレバレッジ25倍になる危険があるとも言えます。
この場合のギャンブルトレーダーとは、「ポジションを買えるなら常にMAXまで買ってしまう人」です。

ハイレバレッジはFXのよくある失敗例の典型的なパターンですので、避けるべきです。

FXで大失敗する前に初心者が確認すべき7つの例【まとめ】
「FXをなんとなく始めてみたけど全然勝てない!!失敗続き・・・!」という人、多いはずです。 FXで勝てている人って少ないですからね。 ...

5万円スタートで、その後8万円になったケースを想定してみる

例えばですが、FXを5万円でスタートさせたとしましょう。
先ほどと条件は一緒で、1ドル110円だと、1000通貨購入するのに4400円必要であり、1万通貨購入するのに4万4千円が必要です。

スタート時点で1000通貨のFX業者だと1万1千通貨の購入が出来ます。
25で割っているのはレバレッジが最大25倍だからです。

110円×11000通貨=121万円
121万円÷25=48400円(必要証拠金)

1万通貨単位のFX業者ならどうでしょうか??
”1000通貨単位では”購入できないので、1万通貨のみです。
110円×10000通貨=110万円
110万円÷25=44000円(必要証拠金)

そして、この差は、例えば5万円の元手が1ヶ月後に8万円になった場合により顕著になります。

手元資金が8万円になったケースを考えてみましょう。
※計算しやすい事もあり、為替レートは変動しつつ110円を維持している前提です

・1000通貨単位のFX業者の場合
110円×18000通貨=198万円
198万円÷25=79200円(必要証拠金。1万8千通貨の購入が可能

・1万通貨単位のFX業者の場合
1万通貨の次に、2万通貨にする為には必要証拠金は44000円×2の88000円が必要。
よって、1万通貨単位の業者では元手が8万円に増えた所でまだ1万通貨しか購入出来ない。

結果として、このような常にレバレッジを25倍でガンガン使ってしまうようなギャンブルトレーダーにとっては、1000通貨単位のFX業者の方が危険になる可能性も秘めています。

もし「今は冷静だけど、取引開始したら俺はその可能性あるな・・・」と思う方は、1万通貨単位のFX業者を選ぶ方が良いかもしれません。
先ほど紹介したGMOクリック証券も使えますし、こっちがベストな選択となる人も意外と多い印象です。

GMOクリック証券の口コミをチェックしてみる!
GMOクリック証券は5年連続でFX取引高が世界1位になったFX業者です。 取引高だけでなく、口座数そのものも40万口座を突破して、競合他社...
10万円はどのFX口座に入金するべき?10社比較しておすすめ2社に絞ったよ!
「よっしゃ!FX始めてみるぞーーー!!」「まぁ、試しに10万円だけFXやってみるかな~」などなどFXを始める時のテンションは人それぞれ温度差...

1000通貨で取引が出来るおすすめのFX業者は?

それでは「1000通貨単位でFXを始める!」と決意した方に向けて、おすすめのFX業者を紹介します。
1000通貨から取引出来るFX口座を比較!小さい金額で始めたい方向き!」を簡潔にまとめた内容なので、より詳しく知りたい方はこちらを見てもらった方が良いです。

スマホアプリも使いやすく、キャンペーンも豊富なYJFX!

FXのスマホアプリ重視で選ぶ「使いたい!」と思う業者【おすすめ】
FXも随分とスマホアプリ中心に取引している人が増えた印象です。 スマホ自体の進化もあれば、アプリ側のアップデートもあり、好循環でFXアプリ...

YJFX!は「Cymo」というスマートフォンアプリが非常に使いやすいです。
FXの取引をiPhoneやAndroid端末から主にやるという方には、YJFX!がおすすめです。

新規口座開設に伴うキャッシュバックキャンペーンを頻繁にやっていたり、最近では取引量に応じて、Tポイントを還元してくれるキャンペーンも始まったので、Tポイントユーザーの方にはよりおすすめと言えます。

また、Yahoo! JAPANグループのFX会社になるので、その母体の安心感や、スプレッド(手数料)をガンガン安く改善して来ている点も注目のFX会社です。

YJFX!の評判って良いの?悪いの?【ワイジェイFX】
YJFX!(ワイジェイFX)はYahoo! JAPANグループのFX会社です。 評判が良くて高く評価されている点は、1000通貨単位の取引...

FXブロードネットは1000通貨×スプレッド(手数料)が狭い!

「やっぱFXやるなら手数料が安い所でやりたいよな~」という方におすすめなのが、FXブロードネットです。
1000通貨単位のFX業者は、傾向としてスプレッドがちょっと高めに設定されていたりします。

FX業界でスプレッドが一番安いのはどこ?と言ったら、まず挙がるのがGMOクリック証券とDMMFXですからね。※ともに1万通貨単位

【スプレッド】手数料が安くておすすめのFX会社はココ!【狭い】
FX会社選びで一番気になると言っても過言ではない「スプレッドの狭い」「手数料の安い」FX会社を厳選しました。 長期投資をする人にはほぼ...

その点で、FXブロードネット(FXTS)が頑張っているのが、これらのFX業者と同水準のスプレッド、通貨ペアによってはより有利なスプレッドに設定されているという点です。
実は、以前までのFXブロードネットは、低コストなFX会社だとはそこまで言えませんでした。

しかし、2016年に大幅なスプレッド改善をしてきて、ドル円やユーロ円、ユーロドルなどメインの通貨ペアが軒並みFX業界トップクラスの水準になりました。

つまり、1000通貨単位採用で、”今熱いFX業者!”それがFXブロードネットな訳です。

FXブロードネットの評判ってどう?【トラッキングトレード&スプレッド狭め】
FXブロードネットは低スプレッド系のFX口座になります。 米ドル円のスプレッドが0.3銭、ユーロドルが0.3pipsと狭いのが評判で、原則...

1000通貨単位で練習して、”稼ぐ感覚”を身につけたら本格的にスタート!?

「FXを始めようかなー?」「FXを始めようかなー?」と言っていて、数年経ってしまった・・・・という人っていると思います。
僕の先輩でもいますからね。

”損するのが怖いから始めない”のが大きな理由だと言ってましたが、もちろん儲かるかどうかはなんとも言えませんし、損する人の方が多いのがFXです。

「やらない選択をするのもあり」だと思いますし、「小さく始めて稼げる手法が分かったら本格的に資金を入れる」のもありだと思います!

という訳で、今回は「1000通貨でFXを始めようかな?どうしようかな?」と悩んでいる方向けに書きました!
参考になったら凄く嬉しいです!

無料セミナー充実度で選ぶおすすめのFX会社は?【オンラインセミナーあり】
FXを勉強したい時には、FX会社主催のセミナーを受けてみるのも賢いやり方の1つです。 最近ではネットがあれば受講出来るオンラインセミナー形...