シェアする

IG証券の評判ってどう?【バイナリーオプション/ラダー、レンジ、ワンタッチ他】

IG証券のバイナリーオプションについて評判をまとめつつ、人気要因を探っていきたいと思います。

バイナリーオプション業者は多々ありますが、IG証券を使う理由の1つにその豊富な取引対象があります。
よくある米ドル円やユーロ円といった通貨ペアだけでなく、日経平均株価などの株価指数や原油や金といった商品先物取引までが対象になっています。

ここらへんは世界的な金融グループであるIGならではの柔軟性と言えるでしょう。
IG証券はIGグループの日本法人になります。

オプション取引の種類についても、ラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチの3つのスタイルがあります。
日本のバイナリーオプション業者の場合、みんなのバイナリーのような上がるか下がるかのラダーオプション1種類だけの業者か、YJFX!のオプトレ!のようにラダー&レンジオプション2種類だけの業者が多いのでメリットと言えます。

ワンタッチの取引をしてみたい人や日経225・原油の取引をバイナリーオプションでやってみたい人にIG証券は特におすすめです。
そんなIG証券の口コミはどうなのか?見ていきましょう。

banner_ig300250

IG証券の評判はどんな声がある?

良い評判

・IG証券のバイナリーオプションアプリが使いやすい
・原油の動きが最近激しく取引しがいがあるのでIG証券でバイナリーオプションやっている
・先物取引をやっていたが、IG証券のバイナリーオプションでやる方がリスクが限定出来る事に気がついた
・両建てが可能
・枚数制限がないので大量のlot注文も可能
・IG証券はFXとかはそうでもないが、バイナリーオプションに関してはおすすめ出来る
・バイナリーオプションが今面白い
・CFDとバイナリーオプション専用にIG証券は使ってる

悪い評判

・取引画面が見づらい
・日本のポップな画面構成に慣れてたので最初は大変でした
・文字が小さい
・約定に時間がかかる時がある

FX以外のバイナリーオプション取り扱い銘柄が多い!

冒頭でもお伝えした通り、IG証券のバイナリーオプションを使うメリットの1つが投資対象が多い事です。
FXの通貨ペアに加えて、株価指数、商品先物までカバーしています。

ラダーオプションで取引できる全銘柄

ラダーオプションで投資出来る対象は以下のとおりになります。

日本225(日経平均)、日本全株価先物指数(TOPIX)、ウォール街(ダウ平均)、FTSE100(英)、ドイツ30、フランス40、スペイン35、オーストラリア200、シンガポール優良株先物、香港HS株価指数、中国(H株)株価指数先物、インド50先物、中国300株価指数先物、ドル円、ポンド円
、ユーロ円、ユーロドル、豪ドル円、ポンドドル、豪ドルドル、NY原油(WTI)先物、NY金先物、NY銀先物の全部で23種類になります。

レンジオプションで取引できる全銘柄

レンジオプションは日本225(日経平均)1種類に対応しています。

ワンタッチで取引できる全銘柄

ワンタッチは日本225(日経平均)、ウォール街(ダウ平均)、FTSE100(英)、ドイツ30、フランス40、スペイン35、オーストラリア200、ドル円、ポンド円、ユーロ円、ユーロドル、豪ドル円、NY原油(WTI)先物の全部で12種類になります。

これだけの対象があるバイナリーオプションの日本の業者は今の所他にありません。

banner_ig300250

IG証券は安心して使えるの?

「海外のFX業者、バイナリーオプション業者は危ないのでは?」と耳にした事のある方もいるかもしれませんが、IG証券とその他の海外系の企業で明確な違いもあります。

それは、金融商品取引業や商品先物取引行、日本証券業協会などの免許・加盟しているかの有無です。

結局、海外FXが危ないと言われているのは、日本の金融庁の目が届かない範囲で行われているからです。
その点、IG証券はしっかりとこの手続きを踏んでいるので安心出来ます。
※金融商品取引業登録番号は関東財務局長(金商)第255号です。

外資”系”と海外FX業者の違いと言えると思います。

IG証券はスマホアプリでも取引可能

IG証券のバイナリーオプションはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンから取引可能です。
専用のアプリが用意されています。
また、iPad版もあります。

PCの画面構成よりも、スマホアプリの方が使いやすいので、もっぱらこちらを利用している状況です。

PC同様にバイナリーオプションを始め、FXなどの取引が可能です。
チャートは全部で25種類のテクニカルが用意されています。

バイナリーオプションなので損失額が決まっている

これはIG証券に限らずバイナリーオプション全体に入れる事ですが、購入した時点で損失額が確定しています。
購入金額がイコール最大の損失額になります。

ですので、FXでの含み損の拡大やロスカットといった事はありませんので、ご安心下さい。

途中で売却可能

IG証券のバイナリーオプションでは、オプションチケットを購入後、終了時間を待たずにしての売却が可能です。
含み益が出たあとに相場が戻りそうな時や、大きな含み損を抱えていたが縮小してきた時などに有効的に使いましょう。

また、数千円レベルの少額から取引が可能なので、10発くらい玉を作り、1発ずつダルマ式に複利で運用していくのも面白いです。

バイナリーオプションの取引時間について

IG証券のバイナリーオプションの取引時間は、対象銘柄それぞれに設定されており多ぎるので、一例として通貨ペアの取引時間についてご紹介します。
※それ以外の株価指数などはロンドン時間、ニューヨーク時間などその国のメインの時間帯に取引が出来るものが多いです。

大きく2つに分かれます。
1回号あたりの取引時間が「2時間」のものともっと長いものです。

1回号あたりの取引時間が「2時間」のラダーオプション

fx10_1325-1

更に時間が長いラダーオプション、ワンタッチオプション

fx10_1325-1

原油取引の詳細情報

fx10_1325-3

banner_ig300250

IG証券は口座維持手数料がかかるの?

ネットの書き込みで「IG証券は口座維持手数料がとられる」といったものがありますが、実際はそのような事はないのでご安心下さい。
口座維持手数料などかかりません。

トップクラスに有名なFX業者なら多数の情報がありますが、ちょっとマイナーな専門的な業者の場合、情報が少なすぎて何が本当なのか分からない事もありますので、この点は頭に入れておくと良いです。

バイナリーオプションはレンジ相場でも利益を狙える

FXで勝つ為にはトレンド相場での順張りが良い手法の1つですが、反対にレンジ相場だとなかなか利益が取れない、ダマシにあってしまうといった方もいると思います。
そういう人はバイナリーオプションを真剣に検討してみると良いと思います。
値動きがあまりないときでも、オプション取引なら大きな利益を上げる事も可能だからです。

IG証券の場合は、ラダーオプション、レンジオプションに加えて、タッチオプションも取引可能なので、例え行って来いの相場でも目標レートにタッチさえすればペイアウトが受けられるので、「使い方を考えて戦略的に」攻めるようにすると良いです。

ワンタッチオプションとは?

ワンタッチオプションは取引期間内に目標レートにタッチした時点で、ペイアウトが発生するタイプの取引です。
目標レートに同値になった時点で、取引時間の終了を待たずにすぐに支払いが行われます。

経済指標などで相場が荒れそうな時はちょっと遠めの目標レートで試してみると良いと思います。

IG証券は0.1ロットから取引可能

IG証券のバイナリーオプションは0.1ロットから取引する事が出来ます。
といっても、日本のFX業者の場合、1ロットは1万(通貨)で計算しますが、海外の業者の場合は1ロット=10万(通貨)です。

つまり、0.1ロット=1万になります。

ペイアウト金額は0.1ロットに固定されているので、10000円の払い戻しになります。
いくらで購入するかの購入金額が現在の価格によって変動する形です。

fx10_1325-4

IG証券と日本のバイナリーオプションの違い、どちらを選ぶ?

口コミにもある通り、IG証券の取引画面は必ずしも見やすいとは言えません。
日本のバイナリーオプション業者(FX業者)のレベルは高く、まさに「おもてなし」精神で取引ツールの改善を重ね、直感的な操作で使えるツールにしてくれますが、海外系はシンプルイズベストといった形が多く、IG証券も同様になります。

ですので、「取引ツールが使いやすいからIG証券でバイナリーオプションをやる!」という選択は私的にはないと思います。
(最近インターフェースが変わってちょっと良い感じになりましたけどね!)

ただ、「日経225でバイナリーオプションがやりたい!」「原油の取引をバイナリーオプションでやりたい!」という多様な投資対象に魅力を感じてIG証券でバイナリーオプションを始める人はいますので、その点をどう考えるか?になると思います。

確かに原油相場など今バイナリーオプションで取引するには非常に面白い状況にありますからね。

また、日本のバイナリーオプション業者の場合は、取引時間が2時間の所がほとんどですが、IG証券の場合、最長24時間までのオプションが購入できるので、この点も選択理由になりえるメリットの1つだと思います。

ちなみにIG証券で取引して利益が出ても日本で申告する事になりますので、その点は安心して下さい。
最近よくある金融庁の許可を得ていなかったり、出金できない噂もある海外の怪しいバイナリーオプション業者とは違いますね。

IG証券ってどんな会社?大丈夫なのかな?

IG証券はロンドンに本社があるIGグループの日本拠点になります。
世界17カ国で展開しているグローバル企業で、ロンドン証券取引所に上場もしています。
日本の日経225にあたるイギリスFTSE250種総合株価指数の構成銘柄にも選ばれるくらい大きな会社であり、時価総額は29億ポンドにもなります。(1ポンド130円だと、3770億円)

日本法人の創立は2002年と既に10年以上根付いている会社ですので、ここ最近バイナリーオプションが流行ったから日本にも拠点を作ったという訳ではありませんので、安心して口座に資金を投入することが出来るはずです。
バイナリーオプション自体、IG証券が日本で初めてスタートさせたサービスですから強いです。

是非興味を持たれた方は無料の口座開設申込をしてみてください!

IG証券公式サイト・口座開設はこちら

banner_ig300250