シェアする

SBIFXトレードとDMMFXとYJFX!他2社比較!有名FX業者からの選び方【決定版】

「FXをこれから始めよう!」という方がもしズラ~っと並んだFX会社の一覧表の中から、第一印象でFX会社を選ぶとしたらSBIFXトレードが有力候補になるかもしれません。

なんと言ったって、SBI証券で有名なSBIグループのFX会社ですからね。
「ここで良いかな?SBIで良いよな?」という安心感が多少なりとも持てそうじゃないですか?

FX会社って本当にたくさんあります。

「FX~~」という業者名や「外為~~」という業者名が非常に多いです。
10社以上あるので、”乱立している”と言っても良いかもしれません。

そんな中、例えば「安心感でFX会社を選ぶ」「知名度があるFX会社を使う」という基準で探してみると、大手企業や「名前聞いたことある会社のグループ企業なんだ!!」という業者も出てきます。

ですので、今回はそんな”誰でも知っているはず”のFX会社に絞って比較してみました!

SBIFXトレードについて

banner_sbi300250

まずは冒頭でも触れたSBIグループのSBIFXトレードです。
取引手数料にあたるスプレッドを見てみましょう。
こんな感じです。

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.27銭
0.29銭
0.69銭
0.99銭
1.19銭
1.29銭
0.77銭
0.88銭
1.79銭
2.19銭
0.48pips
0.58pips
※上段は1~10,000通貨取引時。下段は10,001~500,000通貨取引時。
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年9月12日に確認。

【感想】FXに慣れてない内は使いづらいかな~!

スプレッド(買値と売値の差額=業者の手数料の事)が発注数量が増えていくと段階的に広がっていくので、これがFXの初心者ユーザーにはわかりにくい(使いづらい)んですよ。

また、SBIFXトレードのツール・アプリは良く言えば取引画面がシンプルなのですが、正直「物足りないな・・・」「初心者がいきなりこれだとキツイだろうな・・・」というのが率直な感想です。。。

1通貨単位から取引が出来る&少額ならコスト面の安さはトップクラスなので、お小遣い程度(1万円でFXやってみたいな~レベル)の人であれば良いと思いますが、とは言え取引ツールの親切さや使用感でYJFX!やDMMFX、GMOクリック証券に劣ります。

結果、僕の評価としては、SBIFXトレードは初心者ユーザーにはあまりおすすめ出来ません!

参考:SBIFXトレード公式サイト

YJFX!について

yjfx_banner300250

YJFX!も同様に主要通貨のスプレッドをまずはチェックしてみましょう。

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.7銭1.2銭0.8銭1.8銭0.6pips
※スプレッドは全通貨ペア午前9時~翌午前3時まで原則固定(例外あり)です。2017年9月12日に確認。
※上記スプレッドは通常時。期間限定のキャンペーンにより、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルは更なる縮小あり。詳しくはYJFX!公式サイトへ

【感想】ヤフーグループのFX会社でアプリ良し!

「YJFX!ってどこ??」と思うかもしれませんが、これ、ヤフーグループのFX業者です。
普通に、あのポータルサイトで有名なヤフーですよ。笑
ですので、安心感もあるし、インターネット企業って事で、やっぱり取引ツール(アプリ)の操作性が優れています。

また、FXのアプリってiPad用を出していないFX業者もあるのですが、YJFX!はしっかりとiPad用のアプリが準備してあるので、大きい画面をしっかり使ってのトレードが可能ですよ。(為替レート表示させーの、チャート表示させーの、為替ニュースチェックしーの・・・が出来ます!)

取引コストは通常時は最安値水準ではないのですが、YJFX!の特徴としては”スプレッド縮小キャンペーン”を打って業界トップクラスに並んでくる印象です。(米ドル円などの主要通貨ペア中心に縮小してくるイメージ)

ですので、「ツール使いやすい&取引コストもまぁまぁ」なFX口座という評価です。
結果、口座開設して使ってみても、「うわー、失敗したー・・・」とは恐らく思わない、”結構使えるFX業者”だと感じています!

参考:YJFX!公式サイト

GMOクリック証券について

banner-click300250

スプレッドはFX業界トップクラスの水準になります。

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年9月12日に確認。

※紹介していない通貨ペア含めると全部で19種類ありますが、いずれもトップクラスになっています

【感想】実績が証明しているそのスペックの高さ!

GMOクリック証券は、GMOグループのFX会社です。
時価総額で言ったらGMOってかなり大きい企業です。

で、GMOクリック証券を紹介するのは一言でも良いかなと。。。
それは、「FX取引高5年連続世界第1位」の実績です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2016年12月)

「低コストで使えて、機能も抜群なツール・アプリがある!」ってのが大きいはず。
”多くの人が使っているからまずはGMOクリック証券で始めればオッケー!”と思えるFX業者です!

参考:GMOクリック証券公式サイト

DMMFXについて

banner-dmm300250

DMMFXもレベルは高くて、GMOクリック証券と同様いつもFX業界トップクラスのスプレッド水準を維持しています。
ちょっと昔に、他のFX業者がスプレッドを狭めたらDMMFXも追随してくる模様が面白かったです!

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年9月12日に確認。

【感想】総合力で考えるとベストな選択になる人多いはず!

DMMグループも知名度ありますよね。
FX以外にも本当色々サービスを展開しているし、いつの間にやら”ネット業界の巨人”になっていた印象があります。

DMM.com証券は、FXのサービスには比較的後発参入だったのですが、現時点では既に「FX口座数国内1位」となる55万口座を突破しています。
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

GMOクリック証券は”取引高”で、DMM.com証券は”口座数”でトップになっていますが、この2社は僕のFXトレーダー仲間でも全員と言ってもいいくらい口座開設済です。
メイン口座として使っている人も多いですよ。
いわば”定番のFX業者”だと思っています。

DMMFXの強みもやはり支持される理由が明白で、スプレッドが狭い×アプリが使いやすい×24時間サポート(LINEを使ったサポートがある!)とFXの初心者の多くが満足できるスペックを備えているからと感じます。

「FX業者選びに迷ったらDMMFX!」でどうぞ!

参考:DMMFX公式サイト

マネックスFXについて

banner_monex300250

マネックスFXは通常時のスプレッドではとてもじゃないですが、今まで紹介してきた有名FX業者と比べられません。(負けてる!)
しかし、キャンペーンが結構強力で、それを適用すると有力どころのFX業者をゴボウ抜きしていく感じです。
(条件次第で米ドル円0.2銭になってきます!)

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭
0.2銭
0.5銭
0.4銭
1.3銭
0.9銭
0.6銭
0.5銭
4.0銭
2.0銭
0.4pips
0.3pips
※上段は11000通貨以上の注文数量の場合のスプレッド。下段は1000~10000通貨までの注文数量の場合。少額の初心者に優しい設定。
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)、2017年10月3日に確認。スプレッド縮小キャンペーン開催中。

【感想】地味に今注目しているFX会社!

マネックス証券と言えば、ネット証券として2000年代から非常に有名な業者ですよね。
マネックス証券自体にもFXサービスはあるのですが、スプレッドが全然広くて僕的には使い物になりませんでした。
(株取引がメインの証券会社のFXサービスはたいていスプレッドが広くてダメ!)

一方で、そのマネックスグループのFX専門業者であるマネックスFXは結構イケてます。
というか「最近頑張っているな~」と感じる業者です。
(最近キャンペーン適用でのスプレッドをどんどん縮小して来てる!)

恐らく、あまり使っていたトレーダーはいないFX業者なのですが(僕も使っていなかった)、
「ちょっと興味本位で使ってみるか?」と口座開設してみると、結構アプリでチャート機能が良かったりして好印象を持ったFX業者です。(4画面分析チャートとかあります)

取引手数料にあたるスプレッドは、基本的にはFX業界の2番手グループで、少額取引(1万通貨以下)ならキャンペーンが頻繁にやっていて米ドル円などのスプレッドは業界トップクラスの水準になるって感じですよ。

是非まずは公式サイトを覗いて見て下さい!

参考:マネックスFX公式サイト

スプレッドの狭さ&安定感で選ぶならDMMFX

スプレッドについては、最近の業界スタンダードは、”原則固定(例外あり)”という表記になっています。
雇用統計などの荒れる経済指標の時など、時々スプレッドは広がりますよってやつです。

とは言え、それでも「他社よりスプレッドが広がっている時間が少ないよなここ」という業者があって、僕の個人的な感覚だとDMMFXが頭一つ抜けている印象です。
※米ドル円0.3銭(原則固定、例外あり)など業界トップクラスに狭い(安い)手数料で安心!

そして、実際に、DMMFXはスプレッド配信率が公表されているフェアな業者で、その数値が毎月高く安定しているので、「低コストにこだわるユーザーに安心しておすすめできる業者」と言えるのです!

参考:DMMFX公式サイト

主にスマホアプリから取引する事が多そうならGMOクリック証券!

iPhoneでも、Androidでも、スマホがメインの兼業トレーダーならば、GMOクリック証券がイチ押しです。
取引コストにあたるスプレッドはDMMFXと同水準で優秀であり、GMOクリック証券の場合、初心者でもアプリをインストールして数時間デイトレードしていればあっという間に慣れて使いこなせるはずです。
それくらい便利な操作性ですし、親切な作りになっていると感じます。
(そして、PC版ツールは超ハイスペック!)

参考:GMOクリック証券公式サイト
参考:FX取引アプリのインストールからFX口座へ入金する方法と手順【GMOクリック証券】

iPad&タブレットユーザーならYJFX!

タブレット(iPadもandroidも含む)でのトレードが中心になりそうならば、YJFX!が良いと思います。
4~5社くらいタブレットでアプリをダウンロードしてある程度の期間トレードで使ってみたのですが、YJFX!が1番使いやすかったので。
“iPad Cymo”と”Tablet Cymo”というアプリがそれぞれ専用に作られているので、フィット感を感じながら気持ちよくトレードが出来るツールになっていますよ。

参考:YJFX!公式サイト

DMMFX&YJFX!という組み合わせもあり!

これまで主に「こんなタイプにはこのFX業者が良いですよ!」という形で絞って紹介してきましたが、2社、3社と複数のFX会社を同時に口座開設して試してみるという方法もあります。
(FX口座は何社でも持てます!)

その場合の組み合わせは、DMMFX&YJFX!や、GMOクリック証券&マネックスFXといった形で、取引単位の違う2つのFX業者を試してみるのがおすすめです。
(DMMFXとGMOクリック証券は1万通貨単位、YJFX!とマネックスFXは1000通貨単位

という訳で、今回ご紹介したFX会社はどこも知名度は抜群の業者になります。
平均的に全社スペックは高いですが、それでも取引コストだったり、取引ツールという面で差が出てくるので、「自分が最も優先するのは何か?コスト?使いやすさ?」を考えて、「ここに決めた!」というその業者でFX取引をスタートさせてみて下さい!

迷ったら・・・・

やっぱり安定のDMMFXです^^
(僕の知り合いでFX始めたい人が1社選ぶって時はここをおすすめしてます)

実際に普段から使っていて良いと感じるFX会社な事もあり、タイアップキャンペーンも受けていて、僕のサイトから申し込んで頂くとキャッシュバック金額が上乗せされるのでお得に始められますよー!
※どのFX会社でも、新規口座開設者向けにキャッシュバックキャンペーンをやっているのが普通です、それにプラスしての限定のタイアップキャンペーンをやっている感じです!

banner-dmm300250

デイトレードを3ヶ月やった結果、FX口座の残高は10万円からいくらに?
「10万円スタートで3ヶ月運用してみよう」って事で始めたこのデイトレブログですが、ついに3ヶ月になりました。 という事で、総まとめとし...
FXのデイトレードで1日1万円の利益を狙うブログを書き始めたよ【取引日記】
FXのデイトレードを始める際に、1つの分かりやすい目標に「1日1万円の利益を出す」という考え方があるので、それを実践してみようかなと! 上...