シェアする

FXのスマホアプリ重視で選ぶ「使いたい!」と思う業者【おすすめ】

FXも随分とスマホアプリ中心に取引している人が増えた印象です。
スマホ自体の進化もあれば、アプリ側のアップデートもあり、好循環でFXアプリが使いやすくなっていると感じます。

ちょっと前は「発注機能は良いんだけど、チャートがなぁ・・・」「スマホアプリは良いんだけど、パソコン版がなぁ・・・」って感じもあったんですけどね。
最近は総合的に見て、どの機能も優れているというFX業者が揃って来ています。

もちろん、低コストで使えるのは大前提として、アプリが使いやすいFX口座をピックアップしましたので、ご覧下さい!

FXのスマホトレーダーなら選びたいおすすめFX口座!

GMOクリック証券【スピード発注×高機能チャート】

radar-gmo

banner-click300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.4銭0.5pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。

GMOクリック証券のアプリはそれぞれiPhone用の「iClickFXneoプラス」とAndroid用の「FXroidプラス」になります。

特徴としては、「スピード発注機能」が搭載されている事です。
これは、”ワンタップ”で注文を出せる機能になり、スマホアプリをメインにデイトレードやスキャルピングの短期売買取引もしやすいFX口座になっています。

fx10_3660-gmo1

為替ニュースもテロップで流れます。

また、チャート機能がとても強く、スマホ用アプリの中ではトップクラスとなる10種類のテクニカル分析指標を搭載しています。
※トレンド系:単純移動平均、指数平滑移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足
※オシレーター系:MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI

GMOクリック証券はドル円0.3銭(原則固定)をはじめとした低コストかつ上記のようなハイスペックなアプリを使えるFX口座なので、外出が多い人は特におすすめです!

公式サイトを見てみる

YJFX!【プッシュ通知&独自レポート】

radar-yjfx

yjfx_banner300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.7銭1.2銭0.8銭1.8銭0.6pips
※スプレッドは全通貨ペア午前9時~翌午前3時まで原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。
※上記スプレッドは通常時。期間限定のキャンペーンにより、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルは更なる縮小あり。詳しくはYJFX!公式サイトへ

YJFX!のスマートフォンアプリは、プッシュ通知やリミッター機能が使いやすいです。
常に画面を見ていられる訳ではないFXトレーダーにとっては、「経済指標の発表」や「特定の為替レートへの到達」を”お知らせ”してくれる事は重宝するはずです。
設定の仕方も簡単なので、使いやすいです。

fx10_3660-yjfx

また、テクニカル分析指標は合計9種類と結構多い水準になっています。
※トレンド系:移動平均、EMA、ボリンジャーバンド、一目均衡表
※オシレーター系:ストキャスティクス、MACD、RCI、DMI/ADX

為替ニュース(Globalinfo)や独自のプレミアムレポートもアプリからサクッと見れるのでとても使いやすい作りになっています!

公式サイトを見てみる

DMMFX【分割チャート×LINEサポート】

radar-dmmfx

banner-dmm300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.4銭0.5pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。

DMMFXのチャートアプリはテクニカル指標が7種類と多くはない点がマイナスでこの順番です。
※トレンド系:移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表
※オシレーター系:MACD、ストキャスティクス、RSI、H.V

ただし、他のFX口座には珍しい「4分割チャート」がDMMFXでは使えるのでこの点は非常におすすめです。
複数の通貨ペアや時間足を同時に見れる分割チャートは、PC版では当たり前ですが、スマホアプリに搭載しているFX会社は少ないです。

fx10_3660-dmmfx

DMMFXはサポート機能で”LINE”が使えるので、スマホトレーダーにとっての、サポートは充実していますよ。
LINEで友達登録すれば、何か分からない事・質問事項を簡単に聞く事が出来ます。

公式サイトを見てみる

チャートはスマホ本体を横向きにすると見やすい!

アイフォンもアンドロイドも大型化して来ましたが、5インチ前後だとチャートを分析するなら横向きに使った方が状況を把握しやすかったりします。

また、GMOクリック証券等の一部の業者で使える、チャートを見ながらのスピード発注機能も横向きだと使えるので非常に便利です!

fx10_3660-gmo1

参考:GMOクリック証券公式サイト

自動売買取引もスマホアプリで可能!?

IFD注文を繰り返しての独自の自動売買取引システムを提供するFX会社が増えて来ました。
以前まではシステムトレードといったらMT4やミラートレーダーの事でしたが、最近はトライオートFX、トラリピあたりが人気出てきてます。

それぞれiPhone版もAndroid版も専用の取引アプリが出ているので、スマートフォンがメインの自動売買トレーダーになる事も可能です。

参考:トライオートFX公式サイト
参考:トラリピ公式サイト

FXのスマホアプリでデモ取引が出来る口座はある?

FX業者の中で少数派にはなりますが、デモ取引に対応している所もあります。
そして、その中から更に絞られたFX口座が、スマホアプリでのデモ取引を準備してくれています。

先ほどもご紹介したDMMFX、外為オンラインはiPhoneやAndroidでもバーチャル取引が可能なので、もし練習してからFXを始めてみたいという方はこの2つの業者(比較すると総合力でDMMFX)がおすすめです。

参考:DMMFX公式サイト
参考:外為オンライン公式サイト