シェアする

バイナリーオプション(BO)国内業者で比較!おすすめ・人気は?【推しメン決定!】

バイナリーオプション業者どこが良いかな?と調べてると怪しい海外の業者がたくさん出てくるんですよね。
そして、僕は敬遠してます。

というのも、国内業者なら全く問題にならない点に不安が大きすぎるんですよ。

例えば、海外のバイナリーオプション業者では、出金が出来ない、拒否される噂・体験談が2chやツイッターの書き込みであったり、金融庁の許可を得ていないで日本向けに営業してたりするので、怪しさは満点です。

一度でもそういった業者の公式サイトを見た方は想像つくと思いますが、「入金はクレジットカードで可能!口座開設は~”分”で完了」とか謳っておきながら、逆に出金のハードルを高くしてたり、不安があったりとか怖すぎます。

儲かった時の税金申告だって、書類をちゃんと用意してくれるか、すぐに準備できるのか怪しいですし・・・。日本国内の業者ならFX経験ある方はわかると思いますが、サクッとマイページから書類をダウンロード出来たり、郵送で送ってくれたりしますから。

そんな分かりやすい違いがある・危険ホイホイな業者に、お金を預けるのは僕は避けたいなと思ってます。

このような理由から自分自身バイナリーオプション取引は、日本国内の業者でやっていて、こうやってバイナリーオプションをおすすめする時も国内の業者に絞って掲載しています。

あとは、ハッキリ言って、バイナリーオプション取引業者を比較すると、FXのようにスプレッドが凄く違うなどの”分かりやす過ぎる違い””大きすぎる違い”はないなというのが感想です。

「ペイアウト倍率(払戻額・倍率)が甘い、辛い」とかであれば、一目瞭然なんですけどね。笑

そんな状況の中、僕的には「アプリ・ツールの使いやすさは重要視」しています。
これを含めて全部で6つの視点で比べてみた、おすすめの国内バイナリーオプション業者を今回はご紹介していきますね!

バイナリーオプション(BO)のおすすめを国内業者限定で探すとこうなったよ!

外為オプション【GMOクリック証券】

cap_gmo_bo1

banner-click300250

バイナリーオプションのスペック
サービス名
運営会社
種類取引時間
最短判定
通貨ペア開催数取引制限
外為オプション
GMOクリック証券
ラダー3時間/回号
最短2分
5種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル
10回
8時~翌5時
1注文200枚
1日10000枚

GMOクリック証券のバイナリーオプションサービスは「外為オプション」です。

まずチャートが見やすい点が良いです。
バイナリーオプションやってて思うのは、チャートの見え方1つで、大分印象が変わるって事です。

ですので、iPhone版スマホアプリの「iclick外為OP」にしても、「外オプroid」にしても、バイナリーオプション取引でGMOクリック証券を選ぶ理由がまずはここにあります。

他にも、FXのチャートは機能満載なのにバイナリーオプションのチャートになると途端に簡素化されすぎな業者もありますが、この外為オプションならテクニカルも10種類用意されているので、安心出来ます。
(まぁそれでも足りないよ~という場合は、FXのアプリで相場を見つつ、チャンスが来たら外為オプションアプリを立ち上げるのが良いです!)

外為オプションのサービス的には、取り扱い通貨ペア数はドル円筆頭に5種類で平均点です。
1日の取引回号も平均点、取引時間は3時間と他が2時間が一般的なので余裕があります。

この3時間をどう使うか?が外為オプションを攻略する上で、結構重要になる気がしてます。

僕が今試しているのは、他の取引時間が2時間の業者と両刀使いをして、先に締切時間が来る業者でチケットを買って、良い方向に進めばそのまま放置、ダメになったら、後に控えている業者でまたチケットを買う手法です。

ほとんどのバイナリーオプション業者が2時間でやっているので、締切時間のズレを上手に使って組み合わせると良いと思ってます。

そもそもそんな事考えなくても、単純にバイナリーオプションサービスとして、僕の中でGMOクリック証券の外為オプションは凄いおすすめです!(使いやすい!&スペック問題ない!)

ちなみにGMOクリック証券では、FXはもちろん、株の取引も出来るので、総合証券口座としても1つ持っておくと便利に使える業者です。
(FX⇒株、FX⇒バイナリーオプション、逆含めて、口座間の資金移動は即時反映してくれて超便利です。あ、メンテナンス時間は除きます!)

公式サイトを見てみる

みんなのバイナリー【トレイダーズ証券】

cap_minfx_bo1

minfx_300x250

バイナリーオプションのスペック
サービス名
運営会社
種類取引時間
最短判定
通貨ペア開催数取引制限
みんなのバイナリー
トレイダーズ証券
ラダー2時間/回号
最短2分
3種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円
11回
8時10分~翌6時10分
1注文50枚
1回号300枚

トレイダーズ証券のバイナリーオプションサービス名は「みんなのバイナリー」です。

通貨ペアの種類は3つで、ドル円、ユーロ円、ポンド円になります。
平均が5種類なので、ちょっと少ないと言えますよ。

ただし、3通貨もあれば、十分だとは思います。
8時過ぎから始まって、1回号2時間の取引が11回もありますからね。
(ドル円だけでも取引チャンスは多いです。勝てないから他の通貨ペアにいくってのはちょっと違う気がしますしね)

そして、みんなのバイナリーは広告バナーを見ても、結構コミカル(遊び心ある感じ)なのですが、取引アプリも凄く使いやすく作られています。

操作性良いですし、もう5年程サービス開始してから時間が経つので、その時その時の問題点も解決してきて、熟してきた頃だと感じてます。
そういう意味でユーザーの満足度は高いと思います。

また、運営会社のトレイダーズ証券では、バイナリーオプション以外にも、FXとFXのシストレ(自動売買取引)も出来ます。
GMOクリック証券はおすすめですが、シストレは出来ないので、自動売買取引に興味がある方はみんなのバイナリーの方が合っていると思います。

という訳で、みんなのバイナリーも僕の中で結構おすすめ出来る業者ですよ~!気になる方は是非どうぞ!

公式サイトを見てみる

バイトレ【FXトレード・フィナンシャル(FXTF)】

cap_fxtf_bo1

banner-baitore300x250

バイナリーオプションのスペック
サービス名
運営会社
種類取引時間
最短判定
通貨ペア開催数取引制限
バイトレ
FXトレード・フィナンシャル
ラダー
レンジ
タッチ
2時間10分/回号
最短2分
6種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、ポンドドル
11回
8時20分~翌6時20分
1注文10枚
1回号300枚

FXトレードフィナンシャル(FXTF)のバイナリーオプションサービスは「バイトレ」です。

ここは数値的に比較したら最も優れているバイナリーオプションと言えるかもしれません。
通貨ペアは6種類で多いですし、通常のラダーオプションに加えて、レンジとタッチの2種類のオプション取引も別にあるので、ハイスペックな業者でバイナリーオプション取引をスタートさせたい方におすすめです。

ただし、僕の中で、上記2つの項目が優先順位高くないんです。
そして、取引ツールが競合他社と比較すると使いにくいな~というのが正直な感想としてありますよ。

ただ、バイナリーオプション取引を「MT4を使ってチャート分析しながらやりたい!」という方には、1番におすすめしたいです。

FXサービスでは自動売買取引系としてFXトレードフィナンシャルは有名ですし、「FXTF MT4」のドル円スプレッドは0.3銭(原則固定)なので、MT4でFX取引をする可能性もあるなら選択肢に入るし、選んで後悔はないはずです。

ですので、「チャート分析はMT4を使ってやるし、バイトレは本当にチケットを買うだけ」という方におすすめしたいです!

公式サイトを見てみる

バイナリーオプション業者選びで気にするポイント!

取引ツールが使いやすいか??

パソコンで取引するにしてもiPhoneやAndroidなどのアプリで取引するにしても、”操作性”ってとても大切だと思ってます。
これはFXの取引を始めた時からずっとそうです。

経験を積んで、知識が付いてきた今でもやはり「使いづらいツールはイコール取引しづらい」です。

また、瞬間的な相場の急変動を捉える時は、サッとアプリを立ち上げて、必要項目入れて発注したいものですよね。
そこで手間取ってチャンスを逃してしまったり、動きがモッサリしていて、「ボタン押した時の倍率」よりも大幅に悪い倍率でチケットが購入されてしまった・・・なんてケースは絶対に避けたいものです。

取引終了時間間近に乱高下していると、こういうケースに出会う確率上がります。
「つい数秒前は1枚250円だったのに、今は1枚500円になっている・・・最悪ー!」といった感じに。

ですので、バイナリーオプションを始めるなら、まずは取引アプリの使いやすさにはこだわる事を僕はおすすめしますよ。

1日何回開催されているか?【スキマ時間を使いたい人注目!】

バイナリーオプションの基本であるラダー取引は「決められた時間に、決められたレートに対して上か下か?」を予測してチケットを買います。
ですが、「仕事があるので、夜中に取引したい」や「逆に昼休みのちょっとした時間帯に買っておきたい、そして、午後の15分休憩の時に途中売却出来るならしたい」などと人それぞれ事情があって取引できるタイミングが違いますよね。

そんな時には、まずは1日10回以上開催されているバイナリーオプション業者がオススメですし、「締切時間帯が自分の都合にあう業者」を選ぶのも良い方法の1つです。

また、合わせ技として、「1日の取引回数、開始時間や終了時間が違う2つの業者を使う」事も結構おすすめな解決策です。
その2社にそれぞれ資金を投入しておいて、「今タイミングが良い方」で取引するとスムーズですし、投資出来るチャンスも増えますからね。

1日に開催されている回数は”回号”で表され、多い所だと11回号、少ない所だと9回号程です。
そして、1回号あたり2時間~3時間なので、2回ないと結構違いは大きいですよね。
やはりチャンスを増やしたい場合は、最低10回号あれば、寝ている時間帯を考慮してもとりあえず問題ない水準だと感じてますよ。

1回あたりの取引制限量はどのくらいか?【資金量ある方注目!】

「とりあえず1000円でバイナリーオプションを試してみたい!」「1万円で試してみたい!」「5万円で試してみたい!」という方は、このポイントを特に気にする必要はありません。

ただ、「予算30万円でバイナリーオプションやってみたい!」「100万円突っ込むよ!」という比較的資金量がある方は、”その業者の取引上限”を確認する事をおすすめします。

というのも、バイナリーオプションはチケットを買って取引をしますが、「お金があれば何枚でも買える」という訳ではありません。
1回号あたりや1通貨ペアあたり、1日あたり等条件付きで決められた上限枚数が設定されており、その上限はバイナリーオプション会社毎に違いがあります。

つまり、元手資金が多い人で、ガンガン勝負したい人は、この上限枚数が高めな業者を選ぶ事がオススメです。

通貨ペアは何種類用意されているか?

基本的に日本のバイナリーオプション業者であれば、ドル円&ユーロ円の取り扱いはあります。

各社差別化を図る中で、平均以上に通貨ペアの種類を増やしている会社もあるので、例えば、YJFX!のオプトレ!であれば、全部で8通貨ペアも取引する事が可能です。

ただし、もちろんあれば嬉しいっちゃ嬉しいのですが、正直そこまでいらないかなという感じもしています。

ただでさえ、1日に10回前後の取引チャンスがありますし、例えば「×3通貨ペア」でも30回程のチャンスが”1日で”ある計算ですよね。
で、5通貨ペアになったら50回前後ですし・・・。

何よりも、やっぱりドル円の取引が多くなる傾向がありますし(僕の場合は)、そのドル円は日本国内のどのバイナリーオプション業者も取引可能なので、通貨ペアの種類についてはそこまでこだわる必要はないかなと思います。

最短判定時間、取引時間はどのくらいか?

バイナリーオプションの取引時間に関する仕組みですが、まず決められた枠があります。
2時間だったり、3時間だったり。
その間はいつでもチケットを購入する事が可能です。

そして、”判定時間”というのがあって、この時間内はチケットの購入が出来ません。
これは大体2分が一般的で、短い(ギリギリまで取引出来る)業者だと1分=60秒です。
※YJFX!のオプトレ!が最短1分です。他の日本国内の業者はほぼ2分です

つまり、チケットを購入できる(途中売却可能な)時間帯は、取引時間が3時間で判定時間が2分ならば、2時間58分って事になります。
その間に当然に為替レートは上下に変動して、目標レートから遠い、近い、有利、不利によって、ペイアウト倍率(購入価額)が変わってきます。
(払い戻し金額はどの業者も大体1000円固定なので、”いくらでチケットを買うか?”で倍率が変わってきます。例:1枚250円で買ったら4倍)

種類はラダーだ?レンジもある?タッチオプションは?

「バイナリーオプション、バイナリーオプション」と言っても本当は種類がいくつかあるんですよ。

といっても、「バイナリーオプションとは?」って聞かれたらまずは「ラダーオプション」の事が浮かびます。
先ほどの例でもあった、指定のレートより上になるか下になるか?円安か円高か?を予測する取引です。
基本でもあり、それがある意味全てな感じもしますけどね。メインなやつです。

まずはこれをやった方が良いですし、ずっとこれで良いとも思います。

ただ、他にも2種類あって、それが指定した時間に1ドル100円~100円10銭の間になるという感じで予測する「レンジオプション」です。
指定の為替レートのレンジ内に収まるかどうか、です。

あとは、タッチオプションといって、指定の時間内に、特定の為替レート(例えば1ドル100円)をつけにいくか、行かないか?を予測する取引です。

まぁでも、下2つのオプションは僕も実際にやってみたのですが、かなり難しい印象は受けました。
(ぬか喜びに終わった取引が結構多かったですw)

ですので、バイナリーオプション取引を始めるなら、ラダーオプションがあれば十分ですし、それはどこの業者でも基本的な標準装備な扱いになっているので、その点安心して選んで大丈夫ですよ。

という訳で、国内に限定しての(海外業者入れても結局おすすめなんですが)僕なりのバイナリーオプション業者をおすすめしました!
是非FX取引だけでなく、BOにもチャレンジしてみてください!

FXとバイナリーオプションどっちも取引可能な国内業者でおすすめを紹介!

バイナリーオプション業者はどうやって利益を出している?

ふと気になる時がありませんか?

「あれ、業者ってどうやって儲けているんだろう・・・?」と。
収益源は大きく2つの考え方があります。

1つは、FXと同様に、スプレッド差額です。

fx10-3431-bo

円高のチケットを買うにしても、円安のチケットを買うにしても、「購入」と「売却」には差がありますよね。
これがスプレッドになります。

FX取引でも、米ドル円が「100.000」「100.003」となっていたりしますよね!

2つ目はペイアウト倍率を勝つ方と負ける方に差をつけておきます。

例えば、10,000円分全く逆のポジションを購入したAさんとBさんがいたとしましょう。

Aさん:10,000円⇒0円(10,000円の損失)
Bさん:10,000円⇒19000円(9000円の利益)
BO業者:10,000円-9000円=1000円の儲けとなります。

意外と堅実!?バイナリーオプション業者の払戻率

バイナリーオプションはある種ギャンブル的な言われをされる事もありますが、そういう見方で考えると、業者は膨大な利益を上げていそうですよね!?

しかし、バイナリーオプション業者は月間の「払戻率」を公表してたりします。

「総取引金額」に対する「総支払い金額」の割合が大体95%前後の事が多く、場合によっては102%など、100%を超えている時もあります。
つまり、”赤字”ですね。

もちろん、宝くじや競馬などと同様に、こういった”胴元”は儲かるのでしょうが、意外と!?結構バイナリーオプションで勝っている人はいるって事ですね。

ちなみに「全体の口座数」に対する「損失発生口座数」というのが公表されている時もあって、だいたい60%~80%の口座が損失になっています。

それぞれの調子の良さ悪さによって、大体40%~20%の人が毎月利益を出しているって事です。
それもバイナリーオプション業者の収支がトントン(90%台後半)になるくらいですから、チャンスはあるんだって事が分かりますよね。

ですので、まずは「バイナリーオプションってこんな感じなんだ!」というのを体感してみましょう!