シェアする

スイングトレード向きFX会社のベストはココだ!【独断と偏見で選んだ!】

スイングトレードを主体にFX取引をする場合は、コストはもちろんですが、チャート(ツール)の使いやすさにはこだわった方が良いですよ。
特にスマホアプリはそれなりに重視しないと結構苦労します。

というのも、数日~数週間、強いトレンドが出たら1ヶ月以上持つこともあるスイングトレードの場合、外出先でもチェックする機会(チェックしたい気持ちになる事)が増えます。
夜自宅PCでちょこちょこっと集中的にデイトレードするのとは話が違いますからね。

ポジション保有期間が長ければ長いほど、自宅以外の場所で、為替レートを確認する機会が増えます。
その時に「何で確認するの?」と言ったら、スマホになりますよね。

ですので、スイングトレードをする場合は、パソコンの専用チャートソフトはもちろん、スマホアプリにもこだわってFX会社選びをする事をおすすめします!

スイングトレーダーに向いているおすすめのFX口座!

外為どっとコム【1000通貨&ニュース配信元充実】

radar-gaitamecom

gaicom_banner300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.4銭0.3pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。
※ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは2017年7月3日~9月30日までスプレッド縮小キャンペーン開催中!

外為どっとコムはスイングトレードする上で大切なマネーマネジメント(資金管理)がやりやすいFX業者です。
なぜなら1000通貨単位に対応しているので、5000円前後の少額資金からポジションを持つことが出来るからです。

スプレッド水準は米ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭(いずれも原則固定)等、どの通貨ペアも業界トップクラスに狭いので、安心して使えるFX口座になっています。

また、外為どっとコムはキャンペーンにより、トレード量に応じたキャッシュバックを用意しているので、その還元分を考慮すると、実質的なスプレッドは、上記よりも更に安くなります。

FXで勝つ為には、経験を積んで手法を覚えていく事が大切ですが、「初心者でも今すぐ出来る工夫=手数料が安い業者を選択する事」なので、そういう面においても、外為どっとコムを選ぶ理由になります。

もう1点、スイングトレーダーに特に役立つサービスが、フィスコやロイター等の有名な為替情報サイトからのニュースが充実している点です。
意外と他のFX業者のニュース配信元には、フィスコがなかったり、ロイターがなかったりして、不便を感じる事もあるので、両方とも一気に情報を得られる外為どっとコムは定期的にポジション調整をしていくスイングトレードには欠かせない情報源になりますよ。

1000通貨&低スプレッド&充実したニュース配信元に良いかもね!と思った方は、是非外為どっとコムをお試し下さい!

公式サイトを見てみる

GMOクリック証券【低スプレッド×使いやすいチャート】

radar-gmo

banner-click300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.4銭0.5pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。

GMOクリック証券は自社でシステムを開発・運用しているスゴイ会社です。
FX会社は結構外部に委託して作ってもらう事が多く、このシステム力の点でまずGMOクリック証券は強いです。

また、5年連続FX取引高が世界1位の実績・人気があるFX会社であり、それだけの支持を得られるのには、やはり「徹底的に低コストで利用出来て、高品質のサービスを提供してくれる」事があると思います。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2016年12月)

ポイントは2点です。

まずは、FX取引の手数料にあたる、スプレッドがFX業界トップクラスに狭い事です。
ドル円が0.3銭、ユーロ円0.6銭などなど取扱のある全ての通貨ペアが凄く安い手数料設定になっています。
ここが徹底的な低コストの部分です。

そして、もう1つは超レベルの高いチャートツールです。

チャートの高機能を測る1つの目安が、「テクニカル分析指標の種類」です。
これが、GMOクリック証券のPC版アプリの場合は38種類なので抜群に良いです。
(画面も見やすい!)

また、スマホアプリ版でも10種類あり、これも他のFX会社と比較して優れていると言えます。
何より、このアプリは”直感的に操作出来る”点が素晴らしいです。

外出先でもiPhoneやAndroidからサクッとトレンドラインが引けたり(しかも5種類!+マグネットモードで高値安値に自動張り付き!)と非常に便利です。

ですので、パソコンとスマホを両方ある程度使うことになるスイングトレーダーにとって、どちらのツールも機能が良くて、しかも低コストで使えるGMOクリック証券はベストな選択だと思ってます!
※最新の情報を下記公式サイトにてご確認下さい

公式サイトを見てみる

DMMFX【低スプレッド×PC版ツール◎】

radar-dmmfx

banner-dmm300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.4銭0.5pips
※スプレッドは全通貨ペア原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。

DMMFXは有名なFX会社です!
FXをやったことない方でも名前くらいは聞いた事あるかもしれません。

DMMFXはスプレッドが凄く狭くて、多数のFXトレーダーが支持しています。(スプレッド水準はGMOクリック証券と同等)
※ドル円0.3銭(原則固定)、ユーロ円0.6銭(原則固定)・・・

そして、PC版チャートツールの「プレミアチャート」がとてもオススメできます。
複数通貨の分割表示や比較チャートなどが見やすく表示させられます。

また、スマホアプリ版もリニューアルされて、トレンド系とテクニカル系合わせて11種類のテクニカル分析指標が搭載されるようになりました。
以前よりもパワーアップしています。

マイナス点としては、PC版でブラウザがクロームだと上手く立ち上がらない時があることかなと。
ブラウザはIEやファイアフォックスを使えば解決するので、そういう意味では特に問題はありません。

とりあえずDMMFXのPC版プレミアチャートはホントおすすめ出来るので興味持たれた場合は絶対試した方が良いですよ!
(ちなみにDMM.com証券はFX口座数国内第1位のFX会社なので、実績抜群です!)
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

公式サイトを見てみる

YJFX!【使いやすさ◎&1000通貨】

radar-yjfx

yjfx_banner300250

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.7銭1.2銭0.8銭1.8銭0.6pips
※スプレッドは全通貨ペア午前9時~翌午前3時まで原則固定(例外あり)です。2017年4月7日に確認。
※上記スプレッドは通常時。期間限定のキャンペーンにより、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルは更なる縮小あり。詳しくはYJFX!公式サイトへ

スイングトレーダーにはトレードツールの使いやすさを重視した方が良いと言ってきましたが、YJFX!の「Cymo」はかなりハイクオリティですよ!
ヤフーグループのFX会社だけあって、こういうツールやアプリは強いんだと思います。

特に素晴らしいと思うのが、iPadやタブレットのAndroidに専用アプリが用意されており、それがまた使いやすく作られている事です。
1つの画面を有効活用しており、為替レートを見ながら、チャートを見ながら、発注する事が可能です。

このタブレット用アプリが完成するまでには、PC用ツール⇒スマホ用ツール⇒タブレット用ツールという流れがあるので、当然PCやスマホ用のアプリもYJFX!は使いやすい作りになっていますよ!
きっと「あ、良い感じじゃん!」となるはずです。(是非試して欲しい!)

ちなみにスプレッドに関しては、米ドル円は0.3銭でGMOクリック証券等と並びトップクラスなので、ドル円トレーダーならまず問題なしです。
ポンド円や豪ドル円をメインにスイングトレードしたい人は、若干割高なスプレッド水準なので、そこはご自身で判断してみてください。
(といっても他社より0.1銭~0.2銭劣る程度なので、チャートツール重視でFX会社を選ぶ場合は僕ならYJFX!に決めます)

また、YJFX!って1000通貨対応のFX会社なんですよね。
ですので、スイングトレードでちょっと長い期間を取引するときには、ポジション調整もしやすいのでおすすめです。

エントリータイミング間違わなければ1万通貨で全く問題はありませんが、気になる方は1000通貨のYJFX!が良いと思います。

という訳で、取引アプリの使いやすさにこだわりたい人(特にタブレット端末)は、YJFX!が合うので是非お試しあれ!

公式サイトを見てみる

マネースクウェアジャパン【24時間自動売買&セミナー◎】

radar-m2j

banner_m2j_300250j

スプレッド(主要6通貨ペア)
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
4.0銭5.0銭8.0銭6.0銭8.0銭5.0pips
※スプレッドは2017年4月7日に目視で確認。

ここでちょっと意外性のあるFX会社をチョイスしてみました。
マネースクウェアジャパン、通称M2Jです。

ここは自動で取引出来るFXシステムの「トラリピ」が有名な会社です。
特許も取っているこの自動売買取引システムは、自分が設定した売買方針にしたがって、24時間トレードをしてくれます。

その時の相場状況によってチューニングするのが面倒くさく・難しく感じる人もいますが、それを楽しめる人にはおすすめのFX会社です。
トラリピで高金利通貨のスイング・長期保有は相性良いって言われてますしね。

デメリットはスプレッドが他のFX会社よりも高い事です。
ただし、ここの顧客からの預かり資産残高は右肩上がりで増えているので、割高なコストを考えても、利益を出して増やしている顧客が比較的多いって事なはずです。

資産運用としてのFXを謳っている独自路線を進んでいるFX会社なので(セミナー等も充実)、興味を持った方は1度口座開設してみて色々いじってみるのもありかと思います!

公式サイトを見てみる