シェアする

Androidタブレットユーザー向けFX口座!【おすすめ・比較!nexus9他】

私はグーグルのNexus9を持っているのですが、Androidタブレット向けのFXアプリは、基本的にはAndroidのスマホ端末と同じ機能になっている事が多いです。

ただ、Androidのタブレット向けの専用FXアプリだと画面を大きく使っているアプリもあります。
例えば、「スマホだと為替レートしか表示できない」「チャートしか表示できない」といった具合ですが、これがAndroidの”タブレット端末”だと「為替レートを表示させつつ、チャートも同時に表示させる」といった事が可能になります。

FX取引をやる上で、スプレッドやスワップポイントといった比較はもちろん大切なのですが、「アプリの使いやすさ」にもこだわってFX口座選びを進めて頂くと良いと思います。

タブレット端末へのFX会社の対応は、大きく3つに分かれています。
「Androidタブレット用にも専用アプリを用意」「iPadのみ専用アプリ、Androidはスマホ端末と同じ」「スマートフォン用と同じアプリを使う」です。

iPadは専用アプリがあるけど、Androidのタブレット端末はない・・・・という対応も珍しくありません。
使いやすさにこだわるならやはり専用アプリが用意してあるFX口座を選択したいものですよね。

という事で、今回は「Androidのタブレット端末でFXするのにおすすめの口座を選びました!byNexus9ユーザー」というテーマで書いていきたいと思います。

AndroidタブレットでFXする際にどこの口座を使えば良い?

YJFX!

fx10_1689-yjfx

YJFX!のAndroidタブレット端末向けのアプリ「Tablet Cymo」は凄くおすすめしたいです。
タブレット向けに最適化された画面構成は1番使いやすいと感じてます。

また、しばらくの間米ドル円のスプレッドが0.4銭と業界2番手グループでしたが、2016年頭頃から米ドル円のスプレッドを0.3銭に改善した事を始め、各通貨ペアで業界トップクラスの水準に変更されました。(午前9時~翌午前3時まで原則固定※例外あり)

これで、GMOクリック証券やDMMFXの2大FX業者にスペック面でも切り込める状況は作られたと思います。

YJFX!はヤフーグループのFX会社!

そもそもYJFX!はヤフーグループのFX会社で、その母体の安定度、以前からモバイルアプリの使いやすさには定評がありました。
「コスト面でもうちょっと頑張ってくれれば・・・」という点が改善されたので、今非常におすすめ出来るFX口座です。

チャートを見ながら発注出来るのは大きなメリット!

YJFX!の「Tablet Cymo」では1つの画面上に「為替レート一覧」「チャート」「ワンタッチ注文等発注機能」の3つを同時に表示させる事が出来ます。
タブレット端末ならではの広くて大きな画面をしっかりと使ったこの構成が私はとても好きです。

経済指標の情報までもテロップで同時に見れるので、行ったり来たりする事なく、取引に集中出来ます。

YJFX!は1000通貨対応のFX会社である

YJFX!のメリットの1つに1000通貨に対応している点があります。
これは通常1万通貨のFX会社が多い中、その10分の1の資金量でFXをトレード出来る事を意味しています。

例えば、米ドル円を例に出すと、大体最低必要な資金が5万円前後です。(最大レバレッジである25倍利用時、金額は為替レートによって変動)
しかし、1000通貨単位のFX口座であるYJFX!を利用すれば、約5000円で取引が出来る訳です。

もちろん、「大きな金額を稼ぐ」という面でいうと、1万通貨単位で問題はないのですが、それよりもまずは「勝つ方法」を覚える為に1000通貨単位で取引経験を積み重ねる事も大切だと思いますし、FXを上達させる上でおすすめしたい方法の1つです。

YJFX!はAndroidタブレットが使いやすく、低スプレッド化が進み、1000通貨単位の少額でも取引可能と三拍子揃ったFX口座だと思います!

今すぐYJFX!の公式サイトを確認!口座開設もこちらから!
YJFX!の評判って良いの?悪いの?どっちなの?

GMOクリック証券

fx10_1689-gmo

GMOクリック証券のAndroidタブレット向けのアプリは、Androidのスマートフォン用を大きくした形です。
そもそもスマホ用のアプリが使いやすいのとDMMFXと同様に業界トップクラスの低スプレッド業者であるので、その点はプラスです。

ただ、やはりどうしてもタブレット向けの専用アプリという面で弱いと思います。

もともとスマホ用のアプリで画面構成など大きく使っているので、2大FX業者であるDMMFXのアプリよりも、タブレットで使う時に違和感なく使えるとは思います。
見やすいっちゃみやすいです。

私としては、タブレットで使う時は、チャートも為替レートも発注も同じ画面でやりたいので、その点は低評価になってしまうって感じです。

FXもバイナリーオプションも株取引も出来る強み!

GMOクリック証券の特徴と言えば、総合証券会社である強みがあります。
FX取引だけでなく、バイナリーオプション、株取引、CFD取引(外国株CFD)、先物取引まで数多くの金融商品の取り扱いがあります。
そして、それら全てで基本的には低コストで使える&「はっちゅう君」などの高スペックで使いやすいトレードツールを用意してくれています。

各口座間の資金移動は「振替入金」という形で即反映されるので、「FX取引だけでなく、他の金融商品もトレードしてみたい!」という方にもおすすめ出来る会社、FX口座だと思います。

今すぐGMOクリック証券の公式サイトを確認!口座開設もこちらから!
GMOクリック証券の口コミをチェックしてみる!

DMMFX

fx10_1689-dmm

DMMFXのAndroidタブレット向けのアプリは正直な所、可もなく不可もなく・・・といった感じです。
というのも、Androidのスマホ端末用のアプリを大きくしただけです。

スマホのAndroid用のアプリ自体は使いやすいのでそこは評価したいですし、何より、米ドル円0.3銭を筆頭に低スプレッド業者として凄く良いFX会社だと思っています。

ただし、「アンドロイド向けのタブレット端末に最適化されているか?」といったらそうではないと思います。
YJFX!が最適化し、大きな画面を活かして、為替レート、チャート、ワンタッチ注文画面を全て1つの画面にまとめているのに対して、DMMFXのタブレット端末はあくまでも1つの画面にはレートだけ、チャートだけといった形なので、この点は改善を期待したいです。

20通貨ペア全てで低スプレッドは評価したいポイント!

DMMFXを使うメリットで言うと、先ほども少し触れましたが、低スプレッド業者という点が挙げられます。
そして、全部で20種類の通貨ペアをトレードする事が出来て、それら全てで業界トップクラスのスプレッドを提供してくれています。

FXに真剣に向き合い、トレードをすればするほど、コストの負担は気になってくるものなので、こういった点でDMMFXを使うメリットはかなり大きいです。
また、AndroidのスマートフォンからFX取引をする際や、パソコンでの取引(高機能なプレミアチャートあり)ならとてもおすすめな業者です。

Androidのタブレット端末に最適化されたアプリを出してくれたら、その時はもっとおすすめしたいと心底思えるFX会社です。

DMMFXの評判は実際の所どうなの?使いやすさは??
今すぐDMMFXの公式サイトを確認!口座開設もこちらから!

アンドロイドのタブレット向けFX取引でおすすめな口座はYJFX!

Nexus9ユーザーの私として今回1番おすすめしたいのは、YJFX!の「Tablet Cymo」です。
画面を横にして使えば、更にチャートを大きく見る事が出来たりと実際使ってもらっても満足して頂けるはずです。

チャートの機能に関しても、1分足から月足まで全部で10種類の時間足があったり、移動平均線、ボリンジャーバンド、EMA、一目均衡表、ストキャスティクス、MACD、RCI、DMI(ADX)など基本的に必要になるテクニカル指標はトレンド系もオシレーター系もサポートしてくれています。

また、クイック入金にも対応しているFX口座であり、そして、出金も速いのがYJFX!の特徴です。
翌営業日での出金対応が多いFX業界ですが、YJFX!の当日出金機能はユーザー思いの嬉しいサービスだと思います。

口座開設もタブレット端末やスマホからでも申込可能です。
本人確認書類についても、写メをとってメールで送れば完了なので、5分~10分お時間ある時に是非お試し下さい!
※本人確認書類はアップロード、郵送でも可能です

今すぐYJFX!の公式サイトを確認!口座開設もこちらから!