シェアする

バイナリーオプションのおすすめ業者は?5項目で比較!【最短判定、通貨ペア種類他】

バイナリーオプションの取引を始める時に業者を比較できるように各バイナリーオプション業者のスペックを比較しました。

一般的にラダーオプションで取引する事が多いとは思いますが、レンジやタッチといったオプションを扱っている業者もあるので、是非参考にして下さい。

また、1回号あたりの取引時間帯は2時間の所が多いですが、中には3時間の業者もあります。
そして、1日あたりの開催回号数、スタート時間・終了時間などで各社を比べると結構差が出てきます。

通貨ペア数に関しても、3種類から多い所では8種類となっており、同じ3種類の業者でも取扱っている通貨ペアの種類が異なったりしています。

まずはバイナリーオプションを始めてみないと分からない部分もあるかとは思いますが、現時点で「どの通貨ペアを取引したいか?」を頭に入れて検討して頂くと良いと思います。

それでは、バイナリーオプション業者の比較表をご覧ください。

バイナリーオプション業者を気になる5項目で比較しました!

口座名
運営会社
種類取引時間
最短判定
通貨ペア開催数取引制限
外為オプション
GMOクリック証券
ラダー3時間/回号
最短2分
5種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル
10回
8時~翌5時
1注文200枚
1日10000枚
選べる外為オプション
FXプライムbyGMO
ラダー2時間/回号
最短2分
4種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル
10回
8時~翌4時
1注文200枚
1日10000枚
オプトレ!
YJFX!
ラダー
レンジ
2時間/回号
最短1分
8種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル
11回
7時25分~翌5時25分
1回号
ラダー500枚
レンジ200枚
バイトレ
FXトレード・フィナンシャル
ラダー
レンジ
タッチ
2時間10分/回号
最短2分
6種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、ポンドドル
11回
8時20分~翌6時20分
1注文10枚
1回号300枚
LION BO
ヒロセ通商
ラダー2時間/回号
最短2分
5種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル
9回
8時25分~翌2時25分
1注文50枚
1回号1通貨ペア50枚
みんなのバイナリー
トレイダーズ証券
ラダー2時間/回号
最短2分
3種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円
11回
8時10分~翌6時10分
1注文50枚
1回号300枚
IG証券ラダー
レンジ(日経225のみ)
タッチ
2時間/回号
最短2分
7種類
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル
12回
9時~翌5時
上限なし

※ペイアウト金額は各社1000円固定/枚です。IG証券だけ10000円固定/枚です。

バイナリーオプションは取引枚数に上限がある

各バイナリーオプション業者を比較してみると、それぞれに上限の取引枚数(lot)があることが分かります。
「いくらでもチケットを買える!」という訳ではないんですね。

参考⇒バイナリーオプションとは?【FXとの違いは?】

例えば、ヒロセ通商のLION BOだと1回号あたりが50枚なので、1枚あたりペイアウトは1000円固定ですので、最大で5万円の払い戻しとなります。

これだとある程度大きな金額で取引したい人や賭け金を2倍に増やしていくマーチンゲール法を使っている方は、ちょっと不満を感じる事もあるはずです。

ですので、そういった方は、1回号あたりの取引枚数が200枚の外為オプション選べる外為オプションだったり、ラダーとレンジオプション合計700枚のオプトレ!を利用すると良いと思います。
更に大きな金額でやりたい方はA社とB社といった形で複数の業者を一緒に使うと良いですよ。

また、取引制限は、1注文あたり、1回号あたり、1日あたりと大きく3つの制限があります。
自分の取引方法で邪魔にならないかどうか考えて選ぶ事をおすすめします。

複数のバイナリーオプション業者を使って、経済指標を狙い撃ち!

バイナリーオプションのサービスは、各業者毎に取引時間帯が微妙に違います。
そもそも1日の始まりのスタート時間が異なる為、例えば、雇用統計がある時でも、「A社は発表時間の5分前が判定時刻」「B社は発表時間の10分後が判定時刻」といった形で差があります。

そして、経済指標など予想外の動きをする時に、1つ良い方法があります。

それは、先ほども触れましたが複数のバイナリーオプション業者を使う事です。

例えば、ある回号の時にGMOクリック証券の外為オプションを使っていて、予想が外れて、ペイアウトを受けるのがかなり厳しい状況になったとしましょう。
目標レートが上限を大きく超えてしまったりして、「既にチケットを買えるレベルに水準にない・・・・」「でもきっと勝てると思うから買いたい!」という時には、時間帯がズレているみんなのバイナリー等他の業者を利用することで、その時間帯に取引する事が出来ます。

バイナリーオプションは2時間や3時間と取引時間が決められているからこそ、その時間内でポジションを改めて冷静に取り直す事で、収支がプラスになる事もあるので1つのおすすめな方法です。

FXとバイナリーオプションどっちも取引可能な国内業者でおすすめを紹介!

ラダーだけの業者は物足りない!?

こうやって各社を比較してみると、ラダーオプションだけの業者がちょっと物足りなく感じる事もあるかもしれません。
ただ、実際に取引をしてみると、ほとんど使うのはラダーオプションです。(私の場合ですが)
レンジやタッチオプションの出番はあまりありません。

ラダーオプションって、レンジオプションやタッチオプションよりも、率直に分かりやすいですし、一番人気のあるバイナリーオプションの基本のタイプでもあるので、「バイナリーオプションを始めてみたい!」という方はラダーオプションがある業者であれば特に不満は感じないと思います。

判定時刻まで1分のオプトレ!はおすすめかも!

正直まだ私自身がバイナリーオプションでは勝てていません。

が、バイナリーオプションって1つの回号が2時間や3時間とあるのですが、判定時刻のギリギリで購入する事も可能なんです。
つまり、2時間も3時間も先の為替レートを取りに行くわけではありません!(もちろんそれもOKですが)

比較表をご覧頂くと、「取引時間、最短判定」の欄に各バイナリーオプション業者でギリギリに購入してから最短で判定時刻を迎えるまでの時間を書いています。
ほとんどの業者は「最短2分」です。

例えば、「21時が判定時刻」で取引時間が2時間であれば、「19時が取引スタート」になります。
そして、判定時刻の2分前、つまり、20時58分までいつでも購入する事が可能です。

でも、「だったら判定時刻まで短い方が狙いやすいのでは?」と思いませんか?

そういう視点で考えると、YJFX!のオプトレ!が最短1分なので、一番ギリギリのタイミングで購入する事が出来るバイナリーオプション業者になります。

参考⇒オプトレ!の評判と感想

最近はオプトレ!を攻略しようと奮闘中なので、もし何か必勝法が分かったらまた記事を書きますね!

ちなみに1番有名なのはGMOクリック証券の外為オプションです!

参考⇒外為オプションの評判ってどう?

という訳で、バイナリーオプション業者を気になる5項目で比較してみました!